カエルの王女さま (第5話・5/10) 感想

4/12からフジテレビで始まったドラマ『カエルの王女さ』公式)の第5話『超セクシーダンス戦争!』の感想。

濱田マリさん退場は残念だが、カラオケバーに存在意義が…

元モダチョキで歌える女優・濱田マリさん演じる桜が、いつシャンソンズに入団するのか期待していただけに、突然の退場は残念。何か理由でもあったのだろうか?
しかし、そのお蔭で澪(天海祐希)が住み着くことで、カラオケバーが事務局みたいな存在になるようで、これはこれで良かったと思う。こういう感じで、どんどん無駄を削ることが本作を面白くする早道だと思う…

もっとベタなコメディ路線を突き詰めて…

第3話から脚本協力に荻田美加氏が加わった吉田智子氏の脚本。その効果だろうか、無駄に引っ張っていただけの澪(天海祐希)の過去や玲奈(片瀬那奈)の裏の役割を表現してい、いよいよ折り返しの第5話と言う意識のようだ。
小ネタを削ったのも良かった。あとはもっとベタなコメディ路線を突き進んだ方が良いと思う。笑いをネタで入れるのでなく、基本的にコメディで最後にちょっとシリアス。
とは言え、どうも町おこしのゴタゴタが本作の面白さを削いでるような気がしてならない…

もう少し垢抜けた演出を…

田舎のお話だが、題材はミュージカル。それも元宝塚のトップ・天海祐希さんが主演の割に、どうも演出が垢抜けない。折角のダンスシーンも妙なCGを使ったり、芝居がかった台詞回しや野暮ったいキャメラワークやキレの無い編集とか、天海さんがお気の毒で…
こう言うショービジネスをテーマにした作品は、全体が垢抜けているのが大切。カッコよくないとつまらない。お金や時間が無いのかわからないが、この手の作品はやはりアメリカのテレビドラマなんかは上手く作るのに残念…


次週が第6話なのに、このドラマの着地点が見えません。シャンソンズ復活と合併問題がうまく絡んでいないのが原因だと思います。それに当初あった澪と忠子(石田ゆり子)の対立構造はどこかへ行ってしまったことで、シャンソンズ内のゴタゴタの意味が無いような。次週はどうなるのやら…


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話

     

BOSS Blu-ray BOX
GOLD [DVD] 天海祐希 (出演), 長澤まさみ (出演)
<東映オールスターキャンペーン>千年の恋 ひかる源氏物語 [DVD]
『薔薇とサムライ』DVD-スペシャルエディション 古田新太 (出演), 天海祐希 (出演)

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む
Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加Yahooブックマークに追加Googleブックマークに追加Buzzurlに追加Choixに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加
無料SEO対策入門


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3590/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/269507935.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【カエルの王女さま】第5話

たとえ誰もいなくても、自分がスターだと信じればどこだってステージになる。 自分にとっては自分が1番手。誰の代役でもない。 まずは自分を信じなきゃ、誰一人魅了することなん...

カエルの王女さま 第5話:超セクシーダンス戦争

正体バレちゃった・・・( ̄⊥ ̄lll あせあせ でもその秘密を知ってしまったのが玲奈なだけに、もしかしたらここだけの話として 胸にしまってくれるのかと思いきや・・・予告で思いき

カエルの王女さま 第5話

『超セクシーダンス戦争』 内容 テレビ出演で有名に!。。。。のはずが、 市長の清忠(岸部一徳)の策略で、シャンソンズ終焉の番組になっていた。 怒る澪(天海祐希)と忠子(石田

カエルの王女さま 第5話

第5話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

「カエルの王女さま」第5話

 自分を信じなきゃ、   誰一人魅了することなんて出来ないのよ!!  学園祭の依頼をうけ初めは乗り気じゃなかった澪ですが、  もしかしたら全国ネットのニュースで流れるか

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR