ATARU (第3話・4/29) 感想

4/15からTBSで始まったドラマ『ATARU』公式)の第3話『身勝手な男心vs奇妙な女心』の感想。

チョコザイの捜査の描き方がより良くなった!

まさか第3話でここまでしっかりと、アタル / チョコザイ(中居正広)が自ら捜査している事を描き、チョコザイならではの捜査手法まで解り易く表現し始めたのはお見事な脚本だ。
特に、チョコザイが断片的に発する“キーワード”を事件解決へ結びつける役を、小ネタ満載の名脇役たちでなく、超?脇役である警視庁鑑識課機動鑑識係・石川唯(光宗薫)と舞子(栗山千明)の弟で医学生・昇(玉森裕太)を活用したのは興味深い。
何故なら、小ネタは好き嫌いがあるし、良い時は作品全体の色を決めてくれるが、悪い時は主役の存在感すら消してしまう魔物だからだ。どうやらその辺の取捨選択が上手くいっているのだろう。

FBIも事件はしょぼいし、まとめ方も安っぽいのが残念…

全何話か知らないが、かなり早い段階でチョコザイらしさを見せてきたのは良かったが、そちらを描くために刑事ドラマらしさが微妙に崩れてきたのも事実。
いや、全体は刑事ドラマの体を崩していないのだが、FBIとか壮大な世界観や事件そのものは正直しょぼいし、最後のまとめ方も『HERO』的な正義感を、ただ騒いでるだけの舞子が尤もらしく語っても安っぽすぎる。
これらの原因は登場人物の多さが大きな原因だと思われるから、今更削る訳にもいかないだろう。ならばもう少し交通整理をして、チョコザイ捜査官の活躍を描く刑事ドラマに早くなって欲しい。


希望通りに脚本と演出が大きく改善されて良かったです。これで本作が何を描きたいのかわかりやすくなりました。言葉少ない主役としての中居さんの存在感も悪くないし、この路線のまま進化を期待します。


【これまでの感想】
第1話 第2話

     

レインマン [DVD]
ぼくには数字が風景に見える [単行本] ダニエル・タメット (著), 古屋 美登里 (翻訳)
アスペルガーの偉人たち [単行本] イアン ジェイムズ (著), 草薙ゆり (翻訳)
ATARU I (角川文庫) [文庫]

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む
Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加Yahooブックマークに追加Googleブックマークに追加Buzzurlに追加Choixに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加
無料SEO対策入門


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3564/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/267750620.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ATARU(3)

身勝手な男心VS奇妙な女心

【ATARU】第3話

ただ、こっから僕の想像ですけど… サヴァン症候群の中には超人的な記憶力を持つ人がいるんです。 例えばそれを利用して事件の捜査に関するデータを誰かがチョコザイさんに 大量

「ATARU」第3話

CASE03「身勝手な男心vs奇妙な女心」   

ATARU CASE03

『身勝手な男心vs奇妙な女心』 内容 病院で検査してもらうことになったチョコザイ(中居正広) 舞子(栗山千明)と沢(北村一輝)が立ちあうことに。 そんななか、有明港で水死体...

『ATARU』 第3話

「捨て山」って言うな!  私は「捨て山」という言葉をこのドラマで初めて耳にしたが、「警察が事件・事故・自殺などとして処理し、捜査を諦めた事件」らしいが、「捨てる」という

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR