●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

映画「ザ・トーナメント」 感想と採点 ※ネタバレあります

ザ・トーナメント

映画『ザ・トーナメント』公式)を先月下旬に劇場鑑賞。今更だが備忘録的に書いておくことにする。

採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら50点にします。

ざっくりストーリー

ロンドンでは「ザ・トーナメント」と呼ばれる、世界中の殺し屋たちが集結し殺し合う競技大会が、7年に一度開催されている。金が有り余った大金持ちたちが、警察すら手の届かないアンダーグラウンドの秘密組織と行う大賭博大会でもある。
と殺し屋たちは体内に埋め込まれた発信機と、街中に設置された監視カメラの下で、最後の一人になるまで24時間戦い続け、その最後の一人が膨大な金を手にすることだ出来るのだ。
前回優勝者ジョシア(ヴィング・レイムス)は妻を殺した犯人への復讐を誓い、アジアの殺し屋ライライ(ケリー・フー)など30名が参戦。そんな中、アル中で気弱な神父マカボイ(ロバート・カーライル)が発信機を誤飲してしまい、殺し合いに巻き込まれて…

掘り出し物のB級アクションだが、何か物足りない…

2月末に劇場鑑賞したのに、忙しくて記事を書くのを忘れた本作。と言うか単館上映だし「書くまでもないかな」って感じで…
中心人物の設定が上手くできてるし、オチも悪くない。アクションもテンポも割と良いし、さほど飽きる要素もない。ただ、何か物足りない…


「意見には個人差があるから」と寛大なお心の方のみ、採点理由も含めて、詳細はネタバレが含まれますので、ご理解の上、“続きを読む”よりお進み下さいませ。

ここからネタバレあります!














競技大会の舞台設定さえ…

妻を殺した犯人捜しを兼ねて参戦する男、なぜか巻き込まれるアル中で気弱な神父、意外と物語の肝になるアジア代表の女殺し屋、そもそも発信機を取り出したのが最強の黒人フランス人と、中心人物4人の設定が上手くできているのが良い。
それらを活かしたオチも悪くない。アクションもテンポも割と良いし、さほど飽きる要素もない。ただ、やはり肝心の「ザ・トーナメント」と言う競技大会の舞台設定部分が貧弱なのだ。ご都合主義だし安っぽいし。その辺をスルーすれば95分はあっと言う間だ。

「七人の侍」のリメイク版監督…

本作を観た理由が、監督スコット・マンの映像を観たかったから。昨年発表された巨匠黒澤明監督の『七人の侍』のリメイク版の監督に抜擢されたからだ。
本作を観る限り、グロさ加減は心配するところだが、登場人物の活かし方や、全体のテンポの良さやトーンの統一感、観客を飽きさせない工夫など、脚本と予算次第で期待しても良さそうだ。


期待しなかったせいもありますが、意外と面白かったです。B級アクション映画が好きなら、SFテイストも手伝って、ゲームの中の世界観と現実の融合みたいな面白さを楽しめます。ただ私は平気ですが、グロいのがダメな人は要注意。結構、肉片が飛び散ります。

     

七人の侍 [Blu-ray]
バトル・ロワイアル 特別篇 [DVD]
ストリートファイター [Blu-ray]
TEKKEN -鉄拳- Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む
Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加Yahooブックマークに追加Googleブックマークに追加Buzzurlに追加Choixに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加
無料SEO対策入門


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3502/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/261254451.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR