明日をあきらめない…がれきの中の新聞社~河北新報のいちばん長い日~ (3/4) 感想

2012/3/4にテレ東で放送されたドラマ『明日をあきらめない…がれきの中の新聞社~河北新報のいちばん長い日~』公式)の『原作・河北新報のいちばん長い日~被災地に届けた命の新聞・販売店家族の感動実話』の感想。

最初は、時期尚早と思ったが…

まず、この度の「東日本大震災」により被災された皆様には、心よりお見舞い申し上げます。
私は千葉県北西部、映画館で鑑賞中に震度5強を体験したことは記事『映画館で被災しました』で書いた通り。あれから約1年経つが、未だにあの劇場のスクリーン1に入るのは少々躊躇うし、鑑賞中に小さな地震があっても逃げ出したくなる。これがPTSDなのかわからないが…
そんな数百キロ離れた私がそうなのだから、東北で被災された皆さんやその関係者の方々には、このドラマ化が少し時期尚早では無いかと思いつつ観た。結果的には、素直なドラマづくりの姿勢も相まって、心配するほどのことは無かったと思う。

観終わった後の何とも言えぬ消失感…

先に書いた通り、脚本、演出、演技の何れも奇を衒う事無く、素直でストレートな描き方で、テレビ東京の素直なドラマづくりの姿勢はなかなか良かった。
まあ、唯一気になったと言えば、劇中に登場する河北新社の「取材部門」と「販売部門」が終始並行に描かれ、シンクロする部分が無かった事。その辺をどう脚色するか難しい所だが、無理にドラマチックな展開にする必要性も感じないから、気にはなったが悪くないと思う。
それよりも、観終わった後の何とも言えない消失感がたまらなかった。改めて自然の力の大きさに圧倒され、愛する人を失った悲しみ、家族の絆、新聞に関わる人たちの熱意や葛藤など、いろいろ考えさせられた見応えのあるドラマだった…


冒頭は陳腐な再現ドラマか?って感じでハテナマークでしたが、徐々に引き込まれて観てしまいました。
BSジャパンで3月11日(日)午後9時から再放送されます。見損ねた方はご覧になっては如何でしょうか。


【当ブログ内の関連記事】
「阪神・淡路大震災から15年 神戸新聞の7日間」感想

     

河北新報のいちばん長い日 震災下の地元紙 [単行本]
6枚の壁新聞 石巻日日新聞・東日本大震災後7日間の記録 角川SSC新書 (角川SSC新書 130) [新書]
河北新報特別縮刷版 3.11東日本大震災1ヵ月の記録 [単行本]
東日本大震災 被災ケーブルテレビ局が捉えた魂の記録映像 (秘蔵映像DVDムック) [ムック]

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む
Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加Yahooブックマークに追加Googleブックマークに追加Buzzurlに追加Choixに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加
無料SEO対策入門


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3452/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/255765921.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR