妄想捜査~桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活 (第3話 2/5) 感想

1/22からテレ朝で始まったドラマ『妄想捜査~桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活』公式)の第3話『大出現!!(秘)ミステリーサークルと殺人バンジージャンプに謎の接点』の感想。なお、奥泉光氏の原作小説は未読。

残念。TRICK劣化版に逆戻り…

折角、先週お寒いギャグが減り、お色気シーンを加えて、面白くなる予感がしたのに、今週は第1話に逆戻りして残念。まっ、逆戻りと言うより桑潟幸一(佐藤隆太)が「スタイリッシュ」と無駄に連呼するだけでスタイリッシュでない『TRICK』劣化版って感じだ。
原作の評価も高そうなのに、なぜこの場に及んで二番煎じみたいな演出と脚本(ホンは原作に影響を受けるかもしれないが)をやるのか?オリジナリティーこそ深夜枠や低予算枠ドラマの見所なのに。脚本・演出担当の及川拓郎氏の真意は何なのだろ???

台詞と独白の区別がつかない妄想シーンの描写…

今週は特にクワコーの台詞と独白の区別がつかなかった。まるでオンリー(撮影現場で音声素材だけ別録音すること)したかのようで、同じように聞こえた。それでなくても佐藤さんがオーバーアクションで台詞を叫んでるような演技だから、せめて独白部分は雰囲気を変えて喋ってもらわないと。
今回は全体的に妄想捜査をしたというより、独り言捜査をしていただけ(捜査した?)に感じられた。妄想シーンの描写って、小説なら読者自身で、漫画なら吹き出しで表現できるが、映像の場合は描写を工夫してもらわないと、何が何だかわからない…


好き嫌いの問題だと思いますが、日曜夜のドラマで最後に期待したのに残念です。桜庭ななみ演じる仁美の空回り感と言うか疎外感が半端無いです。いっそクワコーを悪ノリで振り回す都与(倉科カナ)を中心にした方が面白そうなくらい。

きっと今回は脚本と演出の及川氏の作風によるのでしょうが、もう少し桜庭さんに演技指導した方が良くないですかね。演技には口を挟みたくないですが、毎度の台詞ごとに演技が違って、レギュラーとしての全体の統一感がイマイチ。これが上記の感想にもつながるわけで、その辺も含めて次週の巻き返しに期待します。


【これまでの感想】
第1話 第2話

     

桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活 [単行本] 奥泉 光 (著)
モーダルな事象―桑潟幸一助教授のスタイリッシュな生活 [文庫] 奥泉 光 (著)
満月に吠えろ [Single, Maxi] チャットモンチー
ロック ~わんこの島~ ブルーレイ スタンダード・エディション [Blu-ray] 佐藤隆太 (出演)

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む
Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加Yahooブックマークに追加Googleブックマークに追加Buzzurlに追加Choixに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加
無料SEO対策入門


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3383/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/250695908.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

妄想捜査~桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活 第三妄想

『謎のミステリーサークル!!』 “大出現!!(秘)ミステリーサークルと殺人バンジージャンプに謎の接点” 内容 たらちね遺跡で、ミステリーサークルが発見された。 一帯の名前の由来となった地元の名士の垂乳根権蔵(麿赤兒)から、 桑潟(佐藤隆太)は、謎の解明を依...

妄想捜査~桑潟幸一准教授のスタイリッシュな生活 #03

『大出現!!(秘)ミステリーサークルと殺人バンジージャンプに謎の接点』

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR