ストロベリーナイト (第3話 1/24) 感想

1/10からフジで始まったドラマ『ストロベリーナイト』公式)の第3話『右では殴らない 2』の感想。なお、誉田哲也氏の原作小説はすべて未読。

2週に亘ったお話ってこんなだっけ?

先週は、姫川(竹内結子)が裏も取らずに容疑者を任意同行すると言う“主役の失敗”を描いて終了。
さて、今週はと思えば、自分の愚かさを棚に上げて開き直る主役からスタート。でもって、姫川ファンクラブみたいな部下の男たちが、一致団結して上司の名誉挽回。最後はさすが主役。感情的に被疑者をぶん殴っても、始末書書いて右手に包帯して終わり…

1話完結にしたくないのはわかるが…

そもそも先週でもっと真犯人を隠してくれればまだ楽しめたのに、(予告編や番宣で)チラ見のさせすぎで、視聴者が推理する楽しみは無くなってしまったのは残念。きっと全キャストを登場させたいと言う大人の事情で、1話完結には出来なかったのだろう。
ならば、せめて姫川にまともな捜査をさせて、カッコイイ刑事に見せて欲しい。私には、今のままでは感情的でガサツな女にしか見えない!


本作って、今期で視聴率は良い方なんですよね。やはり男勝りの働く(特に刑事や弁護士など肩書きがついてる職業の)女性のドラマは好きなんですね。まあ、私も面白いとは思いますけれど、ここまで高視聴率だとビックリします。

私にとっては、脚本は置いておいて、演出(特に演技指導)が全体的に過剰なのが鼻につきます。もう少し落ち着いたトーンで仕上げてくれれば、竹内さんも怒鳴り声も迫力が出るのに、あれでは大声を張り上げているだけにしか映りません。でも、武田鉄矢さんの演技を基準にしたら、あれくらいやらないとバランスが取れないかもしれませんけど(苦笑)


【修正 2012-01-26 02:59】
お2人の読者さまより、記事中の慣用句の四文字熟語の間違いの指摘を受けました。私の最終チェックの不備でした。ご指摘下さったお2人始め、皆さまにお詫びし、訂正させて頂きました。ありがとうございました。
(誤)汚名挽回 →(正)名誉挽回


【これまでの感想】
正月SP 第1話 第2話

     

殺人者はそこにいる―逃げ切れない狂気、非情の13事件 [文庫]
殺ったのはおまえだ―修羅となりし者たち、宿命の9事件 [文庫]
悪魔が殺せとささやいた―渦巻く憎悪、非業の14事件 [文庫]
BI心理分析官―異常殺人者たちの素顔に迫る衝撃の手記 [文庫]

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む
Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加Yahooブックマークに追加Googleブックマークに追加Buzzurlに追加Choixに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加
無料SEO対策入門


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3351/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/248367727.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドラマ「ストロベリーナイト」 第3話 あらすじ感想「右では殴らない2」

本物のシドはどこに--------!? 文字通り、間違ってましたではすまない事態を引き起こしてしまった姫川。 クレジットカードは不正登録なのか? ・・・いや、明細見てない下坂も悪いんじゃないのか? 下坂はシロ。 当然犯人と決めかかったような調査にクレーム...

ストロベリーナイト 第3話 感想「右では殴らない(2)」

ストロベリーナイトですが、姫川玲子(竹内結子)の勇み足により見当違いの医者を任意同行してしまいます。この医者は政府関係者なので、何と総理大臣から警視総監に直接クレームが入ってしまいます。管理官(渡辺いっけい)として怒らざるをえませんが、この人は普段から...

「ストロベリーナイト」第3話 なるほど右手で殴ってはいけない

「ストロベリーナイト」第3話、前後編は長かったけど全体を通して面白かった。 事件そのものは、大政絢さんが配役されたら犯人はすぐわかってしまうという欠陥を、 ちょっとした描写や設定の絶妙さでカ...

【ストロベリーナイト】第3話

「右では殴らない」後編 劇症肝炎、違法薬物、ゼブラ、牛乳、牛?、オンラインゲームサイト、コピーカード・・・ 「ストロベリーナイト」第3話           「シド」を政府のお抱え...

ストロベリーナイト #03

『右では殴らない?』

ストロベリーナイト 第3話

第3話 「右では殴らない?」 先週から引き続き、劇症肝炎を引き起こした薬物殺害事件について。

「ストロベリーナイト」第3話

Ⅲ「右では殴らない(2)」  

ストロベリーナイト 第3話 右では殴らない2

『右では殴らない2』 内容 連続薬物毒殺事件。 玲子(竹内結子)は、被害者がネットゲーム会員だったことから、 被害者に接触した可能性のある会員“シド”の情報から、 下坂勇一郎(北見敏之)に任意同行を求め聴取を行う。 しかし直後、下坂には完全なアリバイがある?...

ストロベリーナイト 第3話「右では殴らない」 感想

シドの正体は・・・? 違法薬物による連続死亡事件が発生。 薬物テロか、暴力団同士の抗争か。 使われた毒入り麻薬はゼブラ。 被害者はガチャゲーというネットゲームでシドという人物からゼブラを入手...

ストロベリーナイト三話&ハングリー!三話感想

■ストロベリーナイト三話 「馬鹿野郎だな。おまえ。」ガンテツ・武田鉄也の事件解決後の姫こと姫川・竹内結子に投げかけた捨て台詞が印象的だった。 一見繋がりがない3人の男の死だったが、薬物での死因と、ガチャゲー(モバゲーのパクリかよ・笑)というゲームサイト...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR