ティーンコート (第2話 1/17) 感想

1/10から日テレで始まったドラマ『ティーンコート』公式)の第2話『窃盗犯の狙いは毒物 奇想天外な論告求刑』の感想。

主人公の興味本位による再捜査と妄想にしか見えない!

この放送枠で、これまた「少年法廷」と言うフィクションを扱ったドラマに、目くじらを立てるつもりは毛頭無い。
しかし、幾ら何でもここまで剛力彩芽さんだけを目立たせるために、若王子美里が一人で興味本位に再捜査をし、周囲の人間も見て見ぬ振りをし、期待した裁判もただ美里の妄想を喋るだけで終わるとは、何とも残念と言うよりつまらなすぎる…

脚本と言うより「台詞集」で、説得力無し!

全篇に亘って脚本と言うより「台詞集」と言っても支障がない程に、映像的な脚本が見えなかった。映像的だったのは冒頭の「フィクション表示」だけ。あとは事件も裁判も何もかもぜーんぶ台詞。これなら朗読劇にでもした方がマシだ。
更に、先週と使い回しみたいな台詞ばかりで、この脚本家たち(今回は2人!)はドラマの脚本書いている意識があるのかを疑ってしまう。お陰で、美里のドヤ顔までムカついて見えてしまう。
窓から彼女が転落したビルが見えることなんて先生もわかってただろうし、ニーハイソックスの罪もよくわからないし、毒を手に入れてどうしたいのかも中途半端なまま。小中学生でも納得しないような裁判じゃ、最も肝心なフィクション故の説得力が全く無い!


あまりに内容が馬鹿馬鹿しくて、感想すら書くつもりは無かったのですが、備忘録として書きました。この程度のオチなら30分の1話完結で十分だと思いますし、その方が遥かに好印象なドラマになったはずなのに…


【これまでの感想】
第1話

     

若者を見殺しにする国 [文庫] 赤木 智弘 (著)
心にナイフをしのばせて [文庫] 奥野 修司 (著)
死刑でいいです --- 孤立が生んだ二つの殺人 [単行本] 真下周(著)
さまよう刃 [文庫] 東野 圭吾 (著)

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む
Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加Yahooブックマークに追加Googleブックマークに追加Buzzurlに追加Choixに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加
無料SEO対策入門


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3332/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/246897765.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ティーンコート 第2話

『窃盗犯の狙いは毒物奇想天外な論告求刑』 内容 読モの優衣(小島藤子)が、マッコリを盗んだ事件を調べる美里(剛力彩芽) 10本のハズだったが、美里はもう1本と、、、話をはじめる。 そう盗んだのは11本。。。。それも、毒入りを盗んだはずだと。 美里は、優衣...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR