ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

MBS開局60周年記念スペシャルドラマ「花嫁の父」 (1/8) 感想

1/8にTBSで放送されたMBS開局60周年記念スペシャルドラマ『花嫁の父』公式)の感想。なお、井沢満氏の原作小説『ゆきの、おと ~花嫁の父~』は未読

柳葉さんとTBSなら「テキ屋の信ちゃん」の再来を期待…

1/2放送のTBS向田邦子新春ドラマスペシャル『花嫁』公式)も、冒頭10分もせずに脱落した私だから、もう「ドラマのTBS」は過去のものだと思っていた。
しかし、柳葉敏郎さんとTBSとくれば、名作ドラマ『テキ屋の信ちゃん』を期待してしまう。ただその一点で予約録画した本作だった…

残したい日本が、情緒的でエスプリに富んで描かれた秀作!

久し振りに“ザ・日本のテレビドラマ”を観た気分だ。
最近は奇を衒ってか、脚本家の才能が無いのか、登場人物たちがいずれもステレオタイプの解り易い性格ばかりだったり、変人だったり、感情の起伏が激しい人物ばかりの、これまた有り得ないお話ばかりで満腹気味だった。
ところが本作は全く違う。私が残したいと思う日本人の心情や日本の原風景みたいなものが、しっとりと情緒的に、ユーモアたっぷりに、随所にニヤッとしてしまうエスプリの利いた台詞も散りばめられて、どこにでも居そうな普通の日本人たちの心温まる日常が描かれた秀作だった。

最後の“美音と里志の距離感”の表現に違和感…

唯一残念だったのは、最後の船頭の丸(向井理)と聴覚障害のある美音(貫地谷しほり)が結婚式の二次会の屋形船の船上と、急いで駆けつけた隅田川の川べりに立つ美音の兄・里志(柳葉敏郎)との手話での会話のシーン。
脚本も3人の演技も見事だったが、どうしても気になったのが、屋形船と川べりの距離感の表現。キャメラワーク、カット割りに違和感を覚えた。簡単に書くと、数カットを除いて、美音と里志の距離が妙に近過ぎて見えなかったろうか。声の届かない距離にいてこそ、父と娘にとっての手話の重要性が描けると思う。
まあ、小さなことなのだが、ここをきちんと描かないと、美音の聴覚障害と言う設定の意味が薄くなってしまう重要な部分のはずだ…


本作って、毎日放送(MBS)開局60周年なんですね。TBSだったら作れなかったと思います。観る人の立場で感情移入する登場人物も違うでしょうから、感じ方もそれぞれだと思いますが、多くの視聴者にとって“後味の良い作品”だったのではないでしょうか。

私は、結婚披露宴の仕事もしているので、妙に新郎新婦としての二人が清々しいかったし、親子や家族の縁って素敵だなと思いました…

     

ゆきの、おと ~花嫁の父~ [単行本] 井沢満 (著)
ゆきの、おと~花嫁の父 1 [コミック] 井沢 満 (著), 今村 リリィ (著)
花嫁の父 ‐完全版‐ [DVD] 柳葉敏郎 (出演), 貫地谷しほり (出演)
結婚式で本当にあった心温まる物語 [単行本] 山坂 大輔 (著)

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む
Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加Yahooブックマークに追加Googleブックマークに追加Buzzurlに追加Choixに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加
無料SEO対策入門


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3307/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/245060657.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: