11人もいる! (第7話 12/02) 感想

10/21からテレ朝で始まったドラマ『11人もいる!』公式)の第7話『涙の大家族!! 亡母の真実』の感想。

クドカン節が炸裂!

やっとクドカン節炸裂って感じの第7話。敢えて言えば、今回までを2時間ドラマにしてくれれば、テンポ良くシュールな群像劇っぷりが際立って良かったのに残念(笑)。
手法としては、これまで混在させていた幽霊メグミ(広末涼子)とソアラ(野村麻純)のくだりを前後編でキッチリ区切り、メグミにデートのアドバイスを受ける一男(神木隆之介)が接着剤って寸法。
私が思うに、視聴率の伸び悩みの原因は、群像劇のごちゃごちゃ感であり、幽霊メグミの中途半端な扱いだと思っていたから、今回で兎(きたろう)も退場させたのは正解だと思うし…

この位やって丁度良い、それがクドカン脚本です…

更に、前半戦のメグミパートは完全の布陣。才悟(加藤清史郎)だけでなく恵(光浦靖子)も幽霊が見える体質で、メグミを殺した外山(高橋一生)も幽霊だったと言う二段、三段構えのオチに加え、最強の広末さんの泣きの演技を突っ込んで、
一方のソアラパートは、“これでもか”って感じでサム(RED RICE)の“いい男っぷり”全開。最後にRED RICEさんの歌まで持ってきてファンサービスも怠らず。
私はどうしても宮藤官九郎氏の脚本には完成度を求めちゃう。その点では、この位やってもらって丁度良い。残り2話?はこの調子で進んで欲しい。


やっぱりまとめてきましたね、流石クドカン。浅草デートあたりの少々汎用的な引用で、少々フツーのホームドラマ風にはなりましたが、最終章前にきっちり締めてきたのは、最近のグダグダ脚本が多いドラマ界では光ってる(と言うか今回光った訳ですが)と思います。

やはり、本作の肝は幽霊メグミの使い方なのは、第1回から言っている事。メグミの存在が公然?となったから、これからやり放題なはず。最終回まで大丈夫そうで良かった、良かった。ホッ!


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

     

うぬぼれ刑事 DVD-BOX 長瀬智也 , 生田斗真 (出演), 宮藤官九郎(脚本)
ヤスコとケンジ DVD-BOX 松岡昌宏 , 広末涼子 (出演)
秘密 デジタルリマスター版 2枚組(本編ブルーレイ+特典DVD) 広末涼子 , 小林薫 (出演)
テレビ朝日 ドラマ「11人もいる!」オリジナルサウンドトラック 井筒昭雄

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む
Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加Yahooブックマークに追加Googleブックマークに追加Buzzurlに追加Choixに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加
無料SEO対策入門


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3223/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/238744315.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

11人もいる! #07

『涙の大家族!!亡母の真実』

11人もいる!第7話

第7話 JUGEMテーマ:エンターテイメント

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR