映画「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密(3D・日本語吹替え版)」 感想と採点 ※ネタバレあります

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密(3D・日本語吹替え版)

映画『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密(3D・日本語吹替え版)』公式)を本日ファーストデイにて劇場鑑賞。キャパ189名に15名ほど。

採点は、★★★★☆(5点満点で4点)。100点満点なら70点にします。★3つと迷いましたが、久し振りの監督スピルバーグの復活を祝して★4つにしました。

ざっくりストーリー

ある日、タンタン(ジェイミー・ベル)は、ガラスケースに入った帆船の模型に魅了され手に入れる。ところがその直後から謎の男に追われるようになる。
タンタンが帆船を調べると、17世紀に海賊に襲われ消息を絶ったユニコーン号で、船の模型は3つあり、マストに暗号が記された巻物が隠されており、3つが揃うと暗号が解けるらしい。
タンタンから帆船を奪おうとする者たちは何者なのか?タンタンの危険に立ち向かいながらの謎解きの冒険が始まる…

久し振りの「監督」スピルバーグの手腕に納得の一本!

もう30年近く前に「スピルバーグ映画監督論」なる卒論を書いたほど、スピルバーグ監督のファンで敬意を表している私。最近はプロデューサー業に精を出し、監督業はイマイチだったが、スピルバーグ初の3Dアニメで、改めて彼の映画への情熱や演出手腕に納得させられた。
さらに、一本の冒険ファンタジー映画として、アニメや実写の枠を超えて、新たな映像美と共に、大人から子供まで誰でもドキドキハラハラできて、笑いも散りばめられ、最高のエンターテインメントに仕上がってる。是非劇場で3Dで観て欲しい。


「意見には個人差があるから」と寛大なお心の方のみ、採点理由も含めて、詳細はネタバレが含まれますので、ご理解の上、“続きを読む”よりお進み下さいませ。

ここからネタバレあります!














アニメとも実写とも違う、独特の世界観が素晴らしい!

世界的ベストセラーである原作(私は未読)の映画化に当たって、フルデジタル3Dと、映画『アバター』で有名になった実際の俳優にセンサーを取り付けてCGアニメーション化する技術“パフォーマンス・キャプチャー”を組み合わせた本作。
今や実写と寸分違わない動きを再現できるのに、本作では敢えてディズニー映画のキャラクターたちのように意図的に動作や表情に微妙なメリハリをつけていると思われる。お陰で実写並みの高精密な背景画像の中で、登場人物たちがより生き生きと動き回る。
正に、アニメーションとも実写とも違う独特の世界観だ。もちろん、冒頭のスタイリッシュなスタッフクレジットの映像を見れば、スピルバーグ監督の気合の入れようは一目瞭然だが、それを上回る本編だと思う。

ツボを心得た緩急のつけ方に脱帽…

冒頭のシルエットのアニメーションから、本編に入るといきなり登場人物たちの足元のキャメラワーク。そう、タンタンの愛犬スノーウィ目線。続いて絵描きの似顔絵でタンタンを紹介。そのまま謎の人物たちがトントン拍子に現れ、気が付くとあっと言う間に観客は帆船の謎に引き込まれているって寸法。
起承転結の「起」のスピード感の割りに、「承」は若干もたついたのが残念。まあ、謎がどう言うものかの状況説明だから止むを得ないが…
その後の展開は、冒険活劇を創らせたら右に出るものはいない(と私は思っている)スピルバーグの演出が冴え渡る。
特に観客がタンタンと共に手に汗握って肩が凝って来そうな時に、ちゃ~んとキャラクターたちが笑わせてくれる。ツボを心得た緩急のつけ方は、さすが『レイダース 失われたアーク≪聖櫃≫』の監督だ。

実写の俳優の存在意義…

本編の感想から少し脱線するが、本作の映像を観て感じたことを、私が言うのもおこがましいのは重々承知の上で書いてみる。
実は、私がディズニー映画以外でアニメを観るようになったのは最近で、映画『ウォーリー WALL-E(2008)』からだ。それまでは実写第一主義だった。「絵で書くなら何でも出来て当然じゃないの?」と高を括っていたのだ。
それが『ウォーリー』で一変した。実写でもアニメでもない世界観の存在に圧倒された。それから実写主義は無くなった。そして、本作でスピルバーグ監督が、実写と見間違えるような立体CGアニメーションを完成させた。
本作によって一番考えさせられたのが、「実写の俳優の存在意義」。本作でも実際の俳優の演技が元になっているわけだが、これまでの俳優とは明らかに違う存在意義が成立しているわけで、スピルバーグ監督が今後実写とCGにどう向き合っていくのか、とても興味を持った…


大きな感動で後味スッキリってわけにはいきませんが、海賊や宝の謎、世代を超えた宿命の敵討ち的な物語は、大人も子供も楽しめる物語に仕上がっています。
そして、何よりスピルバーグ監督の映画愛が思い切り詰まったタンタンの冒険活劇です。是非映画館で3D吹替え版を何も考えずに家族や恋人や友だちと笑いながら観るのをお勧めします。

     

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 オリジナル・サウンドトラック
ユリイカ2011年12月号 特集=タンタンの冒険 [ムック]
アドベンチャーズ・オブ・インディ・ジョーンズ コンプリートDVD
ユリイカ2008年7月号 特集=スピルバーグ 映画の冒険はつづく [ムック]

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む
Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加Yahooブックマークに追加Googleブックマークに追加Buzzurlに追加Choixに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加
無料SEO対策入門


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3214/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/238075324.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

劇場鑑賞「タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密」

冒険の、始まりだ… そういえば、劇場で来年12月公開予定の「47RONIN」の特報が流れた。 忠臣蔵じゃなかった…(苦笑) とんでも日本の歴史アクション? 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201112010001/

映画レビュー「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 オリジナル・サウンドトラック◆プチレビュー◆不思議な手触りの映像が魅力の「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」。冒険活劇を描かせたら ...

「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」スッゴク楽しい!

[タンタンの冒険] ブログ村キーワード  ベルギーの漫画家・エルジェ原作の世界的ベストセラー・コミックを、完全映画化!「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」(東宝東和)。作ったのは何と!製作:ピーター・ジャクソン&監督:スティーヴン・スピルバ-グの“スピ&ピ...

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密(2D)

世界中で愛される漫画「タンタンの冒険」を3Dアニメーションにより映画化。巨匠スティーヴン・スピルバーグが惚れ込んで自ら監督・製作をした。共同製作には『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのピーター・ジャクソンが加わっている。原作の世界から飛び出したソック...

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密

タンタンの冒険  ユニコーン号の秘密 今、勇気ある冒険が始まる!! 2011.11.20 SUN 原宿クエストホール ☆2011年12月1日公開 【監督・製作】スティーヴン・スピルバーグ 【原案】エルジェ 【CAST】 ジェイミー・ベル アンデ?...

映画『タンタンの冒険』@試写会。

友だちが、映画鑑賞のついでに応募したのが当選したと 3D・字幕版・眼鏡のプレゼント付の太っ腹な試写会に誘ってくれて 『タ

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密 (試写会)

壁をぶっこわせ公式サイト http://tintin-movie.jp12月1日公開ベルギーのエルジェ作の、ヨーロッパで人気のコミックの映画化監督・製作: スティーブン・スピルバーグ レポーターで数々

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密

全身スピルバーグ 公式サイト。原題:THE ADVENTURES OF TINTIN:THE SECRET OF THE UNICORN。ベルギーの漫画家、エルジェ原作、スティーヴン・スピルバーグ製作・監督、ピーター・ジャクソン製作の ...

『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』 ('11初鑑賞169・劇場)

☆☆☆☆- (10段階評価で 8) 12月3日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター8にて 12:25の回を鑑賞。

『タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密』

スティーブン・スピルバーグの映画監督としての凄さと人間としての器の小ささが詰まっている。 あの世界的人気コミック「タンタンの冒険旅行」をスティーブン・スピルバーグとピ ...

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密

ユニコーン号の模型を手に入れた少年レポーターのタンタン(ジェイミー・ベル)は、直後から、見知らぬ男たちに追いかけ回されるハメになる。 その帆船の模型には、ある暗号が記された巻物が隠されていた…...

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密

「タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密」監督:スティーヴン・スピルバーグ(『カウボーイ&エイリアン』)出演:ジェイミー・ベル(『ジャンパー』)アンディ・サーキス(『プレス ...

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密

名犬スノーウィ。酔いどれ船長。ビックリ、藤壺、阿古屋貝。3D日本語吹替版

タンタンの冒険/ユニコーン号の秘密3D

ベルギーの人気コミック『タンタンの冒険』をベースに「インディ・ジョーンズ」シリーズのスティーヴン・スピルバーグ監督がフルデジタル3Dで映画化。400年前に消えた帆船“ユニコ ...

コメント

「役者の存在」
一緒に観た友だちとも、それについて話しながら帰ってきました。
「新しい楽しみがまた増えたね」で、いいよね!!って事になりましたが。
映画の日に初日で、その入りは、ちょっと寂しいですね。
  • 2011-12-02│17:55 |
  • ほし★ママ。 URL
  • [edit]
Re: 「役者の存在」
☆ほし★ママ。 さん
コメントありがとうございます。

確かに、観客はもちろんですが、
作り手にとっても“パフォーマンス・キャプチャー”による新たな演者の登場は
さまざまな可能性と楽しみを生み出してくれると期待します。
  • 2011-12-02│18:08 |
  • みっきー URL│
  • [edit]
TBありがとうございました。
2Dの試写会で見ましたが、3Dだと、アクションシーンがさらにすごくワクワクするんでしょうね。
Re: タイトルなし
☆風子さん
コメントありがとうございます。
私は2Dと比較していませんが、3Dなかなか自然な仕上がりでよかったですよ。
  • 2011-12-06│09:28 |
  • みっきー URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中。
ご迷惑とは存じますが、SeesaaブログからもTB送信させて頂きます。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR