映画「コンテイジョン(デジタル上映)」 感想と採点 ※ネタバレあります

コンテイジョン(デジタル上映)

映画『コンテイジョン(デジタル上映)』公式)を昨日TOHOシネマズデーにて劇場鑑賞。キャパ112名に20名弱とは意外に?多いかも。

採点は、★★☆☆☆(5点満点で2点)。100点満点なら50点にします。期待しなければ、それなりに楽しめると思います。

ざっくりストーリー

咳と熱発の症状で東京を始め世界各地で死者が続出し始めていた。
出張帰りのミッチ(マット・デイモン)の妻・ベス(グウィネス・パルトロー)は、夫の待つミネソタの自宅に帰らず、シカゴで元恋人と密会をする。そのベスは二日後自宅で息を引き取り、息子クラークも亡くなってしまう。失意に堕ちるミッチと娘…
一方、フリージャーナリストのアラン(ジュード・ロウ)は、政府が世界規模に拡大しつつある伝染病を隠しているのでは無いかと、ブログで世界発信し、世界中の閲覧者の支持を得る。しかし、政府に目を付けられ…
一方、カリフォルニア大学の医師が、病原の新種ウィルスを解明し、WHOは世界大流行を宣言。ワクチン開発が急がれるが、ウィルスの突然変異に追いつかず、感染はどんどん進んでいく…

全体的に中途半端。その理由は「目に見えない巨大な力」か?

冒頭から数十分間の感染が拡大していく様は、既視感はあるものの、その先に期待が持てたが、それが落ち着く途端にトーンダウン。結局、「これで終わり?」と言いたくなるような、これまたあっさりとしたエンドクレジットのデザイン。
ドキュメンタリー風映画としても、豪華キャストのパンデミック映画としても、どこを切り取っても脚本も演出も中途半端。唯一印象的なのは、最後のエンドクレジット前の数十秒だけ。
まあ、日本での公開時期も悪いと思う。3・11の原発事故を経験し、未だ不安の中にいる我々日本人には、今一つリアリティ不足だ。


今回も相当辛口の感想なので、出演者や監督はじめスタッフのファンの方や、最初から2点の採点に異論のある方は、読まないで下さい。また、誹謗中傷の類のコメントは掲載及び返事を控えさせて頂く場合があります。
それでも、「意見には個人差があるから」と寛大なお心の方のみ、採点理由も含めて、詳細はネタバレが含まれますので、ご理解の上、“続きを読む”よりお進み下さいませ。

ここからネタバレあります!














豪華キャストのドキュメンタリー風映画として見ると…

豪華キャストで描く「世界同時感染の恐怖」的なドキュメンタリー風映画として捉えるには、肩透かしを喰らう。
感染源を見つけワクチンを作る側の人や、感染を恐れて買い溜めや強奪する人、このドタバタで一儲けを企む人、ネットで騒ぐフリー記者など、いろんな立場の人間を豪華キャストと世界ロケで描かれる。
しかし、肝心な彼らの感情の起伏が殆ど描かれないから、観客の想定内で感染拡大していくだけって感じで今一つ…

パンデミック映画として見ると…

では、パンデミック映画としてのエンターテインメント性を考えると、脚本に捻りも無いし、豪華キャストの見せ場もこれと言って用意されていない。
特に感染経路をあれこれ捜査するあたりや、感染源に辿り着くくだりに緊迫感やミステリアスな雰囲気もなく、最後に「はい、これです」って提示されちゃうからつまらない…

中途半端にならざるをえなかったのかも?

本作では、WHO(世界保健機関)とCDC(米国疾病予防管理センター)が世界を救い、ネットはNOでマスコミはYESと言う立場だったようだ。この視点で本作を捉えると、全体の中途半端加減に少々納得できる。
地球温暖化によるエネルギー転換も、リーマンショックによる世界恐慌も、一般庶民には見えない“巨大な陰の力”の力による陰謀だと言う説があるのは、聞いたことがある人も多いだろう。時には「イルミナティ」とか「秘密結社」と呼ばれる類の。
ネット上でウィルスをばら撒く側とウィルスソフト会社が結託して両者が金儲けをする(と私は思っているだけ)ように、病気が完治し副作用の無い薬が開発されないから病院と製薬会社が儲けられる(と私は思っているだけ)ように、本作で描かれるウィルス感染とワクチン製造の関係も、何か裏で繋がっていやしないかと疑ってしまう。
そう言う視点で観ると、エンドクレジット直前の“感染ルートの解明シーン”も、素直に受け入れられない。そう、3・11の時の政府や東京電力の記者会見のように。そんな風に本作を捉えると、中途半端にならざるをえなかったのかとも理解できるのだが…


私は、豪華キャストによるパンデミック映画だと思ったので辛口な採点になりましたが、大きな期待をしなければ、物静かに進む地味なパニック映画として楽しめると思います。それにインフルエンザの季節です。うがいと手洗いとマスクはしましょう。

     

ERAMask99(ERAマスク99)60枚入
豚インフルエンザの真実―人間とパンデミックの果てなき戦い (幻冬舎新書) [新書]
ンフルエンザ パンデミック (ブルーバックス) [新書]
フェーズ6!新型インフルエンザで死なないために [単行本]

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む
Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加Yahooブックマークに追加Googleブックマークに追加Buzzurlに追加Choixに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加
無料SEO対策入門


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3164/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。
また、http://dmesen.seesaa.net/article/235269920.html でも、受け付けております。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『コンテイジョン』| オールスターそろい踏みなれど、宝の持ち腐れか。

マット・デイモン、 ジュード・ロウ、 グウィネス・パルトロウ、 ケイト・ウィンスレット。 こうしてみると、すごい顔ぶれですね。 しかし、内容が俳優の豪華さに見合ってい ...

コンテイジョン

コンテイジョン@よみうりホール。 またまたyousan330さんから試写状を頂戴してしまった。 いつもありがとうございます。 最近は全然自力で行けてないなあ。(笑)

コンテイジョン

『インフォーマント!』のスティーヴン・ソダーバーグ監督が未知のウィルスの発生からパンデミックそしてワクチンの生産までを描いたパニックムービー。注目すべきはその豪華な出演陣だ。マリオン・コティヤールやマット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュー...

コンテイジョン

コンテイジョン(マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン出演) [DVD]新種のウィルスの恐怖を豪華キャストで描く群像ドラマ「コンテイジョン」。素 ...

コンテイジョン

思ったより緊迫感が無かったなぁ。  

劇場鑑賞「コンテイジョン」

ウイルスよりも先に“感染”したのは、恐怖・・・ 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201111120002/ Contagion: Original Motion Picture Soundtrack posted with amazlet at 11.11.08 Watertower Musi...

敵意の宿らぬ右手

2011年10月31日、よみうりホールで試写会が催され、「コンテイジョン」を観た。 よみうりホールはビックカメラ有楽町の七階。開場まで階段で並んで待っていると、クライマックスシリーズのさなかとあって読売ジャイアンツの応援歌がエンドレスで繰り返される。応援セール?...

コンテイジョン

「インフォーマント!」のスティーブン・ソダーバーグ監督によるパニックサスペンス。謎のウィルス感染によって世界中の人々が命を落としてゆく中、それに立ち向かう人々の姿を描 ...

コンテイジョン

原題CONTAGION監督スティーヴン・ソダーバーグ出演マリオン・コティヤール マット・デイモン ローレンス・フィッシュバーン ジュード・ロウ グウィネス・パルトロー公開2011年 11月

コンテイジョン

試写会で見ました。 新しい感染病が発生し、ワクチンを開発する対応する側の人たちと

『コンテイジョン』・・・接触感染の恐怖

ウィルス感染のパンデミック映画に何を期待するかで評価や感想が二分しそうな作品であった。

映画『コンテイジョン』

コウモリ・・・豚・・・コウモリ・・・豚・・・ ひょえーっ 人類滅亡とかってリアリティあるぅ~~ ってことは、『猿の惑星』につながりそうな・・・・ 新種のウィルスがまたたく間に世界中に広まって...

コンテイジョン

公式サイト。原題:CONTAGION(接触感染)。スティーヴン・ソダーバーグ監督、マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ローレンス・フィッシュバーン、ジュード・ロウ、グウィネス ...

『コンテイジョン』

ウィルスの感染よりも速い恐怖の感染。そのリアルさに人間の愚かさを感じずにはいられない。 『アウトブレイク』のようなパンデミックの恐怖を描いた作品というよりは、パンデミ ...

【コンテイジョン】生き残るためにはレンギョウ

コンテイジョン~ CONTAGION ~ 監督: スティーヴン・ソダーバーグ    出演: マット・デイモン、ジュード・ロウ、マリオン・コティヤール、ローレンス・フィッシュバーン、グウィネス・パルトロ...

No.276 コンテイジョン

【ストーリー】 「トラフィック」「オーシャンズ11」のスティーブン・ソダーバーグ監督が、マリオン・コティヤール、マット・デイモン、ジュード・ロウ、ケイト・ウィンスレットら ...

コンテイジョン/CONTAGION

最近、よくあるパンデミックパニックムービー。 マット・デイモンなど豪華キャストが魅力的。 【ストーリー】 香港出張からミネソタの自宅に帰って来たベス・エムホフが、謎の疾病で急死した。やがて彼女の幼い息子・クラークも同じ...

【映画】コンテイジョン…こんな事態の時、医療関係者の嫁とか居ると実に困るだろうなぁ

まずは週末の近況報告。 2012年9月22日(土曜日)は、午前中は買い物に小倉まで、その後、自家用車の半年点検を受けて、午後から私の実家で母親の誕生会をした一日。…もう母親も70歳

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR