●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

映画「フェア・ゲーム」 感想と採点 ※ネタバレあります

フェア・ゲーム

映画『フェア・ゲーム』公式)を本日映画の日午前の回で劇場鑑賞。キャパ101名に30代以降の男性中心に10名ほど。

採点は、★★★★☆(5点満点で4点)100点満点なら70点にします。
ただ、映画の娯楽性としては、★★★☆☆(5点満点で3点)です。

ざっくりストーリー

CIA諜報員ヴァレリー・プレイム(ナオミ・ワッツ)は、潜入捜査によりイラクには核開発計画が無いことを政府に報告する。また、ヴァレリーの夫で、元ニジェール大使のジョー・ウィルソン(ショーン・ペン)もCIAの依頼を受け、同様の調査結果を報告した。
しかし、2003年、ブッシュ政権はこれらの報告を無視し、イラクへ宣戦布告する。ジョーは真実を世間に公表するが、何者かによってヴァレリーがCIA諜報員であることがリークされてしまう。そして、ヴァレリーの“愛”と“正義”と“自己尊厳”を賭けた戦いが始まる…

地味だが、良作!

108分の内の前半40分は実にかったるい。それもそのはずで、本作は実話ベース。知らない人は「プレイム事件」で検索してから観に行くと良い。
正直、全編に亘って地味だし、エンターテインメント性は低いが、1時間を過ぎた辺りから、主人公夫婦の“愛”と“正義”と“自己尊厳”を賭けた戦いが、じっくり描かれ始めた途端に作品が輝き出す。
政府批判が商業映画として成立するのは、如何にもアメリカらしいが、映画が単なる娯楽メディアでなく、真実を広く伝えると言うマスメディアであることを再認識できる点でも、一人でも多くの人におススメしたい。


今回も相当辛口の感想なので、出演者や監督はじめスタッフのファンの方や、最初から4点の採点に異論のある方は、読まないで下さい。また、誹謗中傷の類のコメントは掲載及び返事を控えさせて頂く場合があります。
それでも、「意見には個人差があるから」と寛大なお心の方のみ、採点理由も含めて、詳細はネタバレが含まれますので、ご理解の上、“続きを読む”よりお進み下さいませ。

ここからネタバレあります!














エンドクレジットに本人が登場するリアリティがすごい!

とにかく実話なのだ。CIA諜報員ヴァレリー・プレイム(ナオミ・ワッツ)は、夫と両親にか自分の身分を明かせない孤独な女性。ただ、国家への忠誠心と自尊心、そして、愛する夫・ジョー・ウィルソン(ショーン・ペン)と双子の子供がいる家庭が彼女の支えであり生きる意味でもある。
そんなヴァレリーが、「イラクに核兵器は無い」と真実を訴えたジョーと共に、仕事、顔、家、家族が政府の陰謀によって、容赦無く暴露され世間に晒され、化夫婦、そして家族が崩壊していく中で、見えない巨大な陰謀と戦う夫婦、家族のお話。
エンドクレジットで、ヴァレリー本人の映像がインサートされた途端に、本作の強烈なリアリティが押し寄せるし、得体の知れない恐怖を感じることが出来る。久し振りにジーンとくる作品だった。

女の底力の強さと、愛の深さに勇気をもらえる!

CIAの訓練では「絶対に折れない心」を、自他共に認められた強靭な精神力の持ち主のヴァレリー。しかし、人生の18年間を捧げたCIA、そして政府に裏切られ、キャリアも名誉も奪われた上に汚され、流石にボロボロになる。
しかし、彼女の心は折れなかった。結婚する時に心に誓った「この結婚だけは守る」と言う女の底力の強さと愛の深さに勇気をもらえる、そんな作品だ。


「プレイム事件」は以前から知っていたので、それ以上の事前情報は入れずに鑑賞しました。前半は登場人物や設定の説明が些かダラダラ続いて眠たくなりますが、1時間を過ぎると一気に引き込まれます。とにかく実話ゆえの訴求力と説得力をスクリーンで体験して欲しいです。もちろん、こう言う事実があったことも知って欲しいです。

     

大統領の陰謀 [Blu-ray] ロバート・レッドフォード, ダスティン・ホフマン (出演)
大統領の陰謀 [DVD] ロバート・レッドフォード, ダスティン・ホフマン (出演)
ハンティング・パーティ -CIAの陰謀- [DVD] リチャード・ギア (出演), リチャード・シェパード (監督)
フェイク シティ ある男のルール (特別編) [DVD] キアヌ・リーブス (出演)

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む
Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加Yahooブックマークに追加Googleブックマークに追加Buzzurlに追加Choixに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加
無料SEO対策入門


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3119/
★FC2ブログへトラックバックが送信できない方へ → 記事のコメント欄に、貴方のブログ名、ブログ記事のタイトル名とそのURLをご記入下さい。こちらで確認して公開させて頂きます。お手数をお掛けします。

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

フェア・ゲーム (試写会)

政府に身分を暴露されたスパイ 公式サイト http://fairgame.jp10月29日公開原作は元CIAエージェント、ヴァレリー・プレイムの回顧録“Fair Game:How a Top of C

フェア・ゲーム /FAIR GAME

ランキングクリックしてね ←please click 昔、ウィリアム・ボールドウィンとシンディ・クロフォードで同タイトルの作品あったなー。 《フェア・ゲーム》という言葉の語源はサイエントロジーの教会にあり、宗教上の基本ドグマに背いた個人やグループのこ...

フェア・ゲーム / Fair Game

事実に基づく映画。9.11以降の、イラクの大量破壊兵器“疑惑”に纏わり、政府に依る情報操作が行われ、CIAのエージェントであったヴァレリー・プレイムの秘密が暴露・漏えいした事件を描いている。 『エネミー・オブ・アメリカ』と言う、政府に依る情報操作を描いた?...

フェア・ゲーム

評価:★★★★【4点】(16) 国家公務員がこんなに似合う女優はナオミ・ワッツしかいない(笑)

フェア・ゲーム(2010)

公式サイト。原題:FAIR GAME。ダグ・リーマン監督、ナオミ・ワッツ、ショーン・ペン、デヴィッド・アンドリュース、アダム・ルフェーヴル、ノア・エメリッヒ、サム・シェパード、タイ ...

フェア・ゲーム

Fair Gameイラク戦争の舞台裏とCIA諜報員の実情を分かりやすく描くポリティカル・スリラー。政治ドラマであり、夫婦愛の物語でもある。CIA秘密諜報員のヴァレリー・プレイムは ...

フェア・ゲーム

夫の元大使がイラク戦争開戦の理由となった大量破壊兵器が存在しない事実を公表したために、その身元をリークされるという政府からの報復を受けた女性CIA工作員の実話「プレイム事件」の映画化。主演を『愛する人』のナオミ・ワッツと『ミルク』のショーン・ペンが演じ...

フェア・ゲーム

CIAのヴァレリー・プレイム(ナオミ・ワッツ)と元米外交官で夫のジョセフ・ウィルソン(ショーン・ペン)は、イラクに核開発計画がないことを政府に報告する。 しかし2003年、ブッシュ政権がイラクに宣戦...

フェア・ゲーム

イラク戦争の裏で 【Story】 CIAのヴァレリー・プレイム(ナオミ・ワッツ)と元ニジェール大使で夫のジョー・ウィルソン(ショーン・ペン)は、イラクに核開発計画がないことを政府に報告するが、2003...

フェア・ゲーム

★ネタバレ注意★  自国のスパイに関する情報が、「恥をかかせられた腹いせに」、その国の政府によって意図的に漏洩されるという、前代未聞のスキャンダル、プレイム事件を描いた映画。監督は『ボーン・アイデンティティー』のダグ・リーマンですが、ボーンシリーズ...

No.272 フェア・ゲーム

【ストーリー】 03年3月に開始されたイラク戦争のきっかけとなった大量破壊兵器の存在。米外交官ジョセフ・ウィルソンはその存在そのものを否定するレポートを発表したが、米政府 ...

フェア・ゲーム

「プライム事件」を扱った作品です。「ザ・クリミナル 合衆国の陰謀」では、記者側からの視点でしたが、今作ではリークされた夫婦側を描いています。 イラクに核開発計画がないこと...

映画:フェア・ゲーム Fair Game イラク撤退もままならぬ中、ホワイトハウスの情報操作をテーマに(実話)

前に未公開映画として紹介したが、いよいよ今週末から日本公開なので、再び。 ブッシュ大統領政権下、イラク侵攻を決定づけた情報に、大幅に誤りがあったことが戦争後に確認されて...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR