ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

チャンネルα 古畑任三郎 「しゃべりすぎた男(第2シーズン 第14話)」 (10/12)

10/12でフジで始まったチャンネルα・映画ステキな金縛り公開記念!秋の三谷祭古畑任三郎シリーズを一挙放送!『しゃべりすぎた男』の感想。いつもは絶対に観ない韓流ドラマ枠なのに、偶然チャンネルを合わせたら始まったので鑑賞。

久々にドラマを観て満腹になった!

今更、私が書く必要も無いが、折角観たので。
本シリーズは過去に幾度も観ているが面白い。何せ脚本、演出、俳優、音楽などが他に代替が利かない個性の塊だから。特にこの第2シーズンの初回に当たる第14話は、今泉刑事(西村雅彦)が唯一容疑者になり、芳賀刑事(白井晃)の初登場で、その後の今泉がピエロ的キャラになる始まりでもある。
しかし、何より“古畑任三郎=田村正和”と言う強烈なパワーが作品に漲ってる。久し振りにドラマを観て満腹になった気がする。

さすがの三谷脚本でも、「さんまのまんま」…

もちろん、抜群のトーク力を持つ明石家さんまを「しゃべる敏腕法廷弁護士・小清水潔」として当て書き(俳優を決めてから脚本を書くこと)しているから、小清水が陥る“先入観によるミス”と言うくだりが、忙しなくておっちょこちょいな本人とダブって見えるのが、正に脚本の妙。
逆に、残念なのは、さんまさんがイマイチ敏腕弁護士に見えない点。この辺は演出や演技指導がどうだったのか疑問。まっ、何処に居ても「さんまのまんま」なのだが(笑)

鮮やかなクライマックスも良い!

「友人の人生が賭かってるんです。必ず尻尾を掴んでみせます」と、小清水に宣戦布告する古畑が、本気モードになってニセの関西弁で関西人である小清水をイライラさせ続け、法廷でジリジリと追い詰め、鮮やかに解決。
そして、最後にシリーズ初の古畑が今泉を友として認める粋なシーンが用意されているのも良い。


突っ込み所が無い訳でもない。上記の「さんまが敏腕弁護士に見えない」ともう一つ、“先入観によるミス”の証明が実は殆どが古畑の推測なのに、敏腕弁護士があっさり認めてしまう点。その辺は、企画段階でさんまさん側から三谷氏にプロットの変更などあったようで、無理な部分が生じたようです。

しかし、古畑と小清水が繰り広げる“法廷モノの面白さ”は抜群だと思う。再放送が楽しみ。それにしても何度観ても面白い!

     

警部補 古畑任三郎 1st DVD-BOX 田村正和, 西村雅彦 (出演)
警部補 古畑任三郎 2nd DVD-BOX 田村正和, 西村雅彦 (出演)
古畑任三郎 3rd season DVD-BOX 田村正和, 石井正則 (出演)
古畑任三郎FINAL DVD-BOX 田村正和, 松嶋菜々子 (出演)

ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む
Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加Yahooブックマークに追加Googleブックマークに追加Buzzurlに追加Choixに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3056/

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: