●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」 感想と採点 ※ネタバレあります

世界侵略:ロサンゼルス決戦

映画『世界侵略:ロサンゼルス決戦』公式)を、一昨日に鑑賞。平日の夜とあって100席余りに数名ほど。既に人気のピークは過ぎたのか?

かなり期待した割りにって事で、5点満点で1点を付けたい所ですが、一日経って冷静になったので、採点は、★★☆☆☆(5点満点で2点)100点満点なら45点、にします。

ざっくりストーリー

1942年にロサンゼルス上空で、多数の未確認飛行物体を空軍のレーダーが感知した。その後、ブエノスアイレス(1965年)、ソウル(1983年)、ロンドン(1991年)と謎の飛行物体は目撃されるが、正体は不明のままだった。
そして2011年。突然に大量の流星群が世界中に降り注ぎ始めたのが確認される。しかし、それらは流星群ではなく、正体不明の侵略者たちだった。軍の海兵隊らは、民間人を救出すべく市街地に向かうが、驚異的な攻撃力に阻まれてしまう…

敵がエイリアンってだけの戦争映画です…

3か月前に『スカイライン-征服-』で肩透かしを喰らったから、今度こそと「本物の侵略映画を」と期待して挑んだのが失敗だった。開けてみれば、敵がエイリアンってだけのフツーの戦争映画
むしろ、最初からそうPRしてくれれば、全く逆の感想になったと思う。だって、敵が最強のエイリアンで、海兵隊のそれも一個戦隊と市街戦をやるなんて、何と斬新な映画なの?と思えるんだから(笑)

「SF」の「S」って「サバイバル」だっけ?

お話は、エイリアンが地球を侵略するんだからバリバリのフィクションでOK。でも、『SF』の「S」が無い。科学(サイエンス)的な部分は皆無。むしろ、「サバイバル」とか「ソルジャーズ」って感じ。
この頭の切り替えを、冒頭40分以内に出来れば、本作は間違いなく楽しめるはず。そうで無いと、「S」を探し続ける旅になる…


今回も相当辛口の感想なので、出演者や監督はじめスタッフのファンの方や、最初から2点の採点に異論のある方は、読まないで下さい。また、誹謗中傷の類のコメントは掲載及び返事を控えさせて頂く場合があります。
それでも、「意見には個人差があるから」と寛大なお心の方のみ、採点理由も含めて、詳細はネタバレが含まれますので、ご理解の上、“続きを読む”よりお進み下さいませ。

ここからネタバレあります!














これこそ、好き嫌いが分かれそうな仕上がり…

まず、本作を『SF映画』として捉えてみる。そうすると、敵がエイリアンである必然性も、舞台もロサンゼルスである説明など殆ど無し
なぜかエイリアンで、なぜかロサンゼルスで、「世界侵略です!」とインサートのテレビニュースで見せられるだけ。

せめて、エイリアンがもう少しマシだったら…

『SF』なら、やはりエイリアンの設定や創り込みは大切な部分。造形デザインは個人の好みがあるから別にしても、肝心のエイリアンの姿が最後まで煙まみれで良く見えないし、動きも安っぽいし、意外と弱い。
やっぱり、エイリアンなら「これでどうだ!」って登場してもらわないと、私は盛り上がらない。

マクロとミクロの目線が無いと「戦争映画」はつまらない…

では、今度は『戦争映画』として捉えてみる。そうすると、余りにロサンゼルスだけだし、余りに海兵隊の一個戦隊目線だけ。いくら一個戦隊内の悲喜交々を描きたいと言っても、他の都市も見せず、作戦指令本部も見せず、敵からの目線も無くては、まず大前提の世界戦略の恐ろしさも、エイリアンの強さも伝わらない
ただ、次々と敵のいない場所をすり抜けて、たまに一方的に敵を倒すだけでは射撃訓練と同じ…。他にも挙げたらキリが無い。

上司と部下や親子のネタで…

登場人物たちについては、海兵隊の強固な絆と主人公のトラウマと、何が何でも民間人を救出したいと言う軍人魂…が、残念ながら掘り下げられていない。従って感情移入が難しかった。
ただ、掘り下げ云々を別にすれば、上司と部下や親子のネタで(私は違うが)それなりに感動できる人はいると思う。この辺は正に個人差。


数名の一個戦隊と煙越しにチラッと見え隠れするエイリアンの姿で、世界や民間人を守ろうと不屈の精神でエイリアンたちに立ち向かう海兵隊の姿を、頭の中で想像(創造)出来そうな人には、是非お勧めの一本
映画「スカイライン-征服-」 感想と採点 ※ネタバレあります


★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/3032/


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む
Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加Yahooブックマークに追加Googleブックマークに追加Buzzurlに追加Choixに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加
     

第9地区 Blu-ray&DVDセット(初回限定生産)
トランスフォーマー/リベンジ [Blu-ray]
インデペンデンス・デイ [Blu-ray]
【Amazon.co.jp限定特典付き】スカイライン -征服- Blu-ray
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

世界侵略:ロサンゼルス決戦

UFOの正体見たり日本軍 公式サイト。原題:BATTLE:LOS ANGELES。ジョナサン・リーベスマン監督、アーロン・エッカート、ブリジット・モイナハン、ミシェル・ロドリゲス、マイケル・ペー ...

『世界侵略:ロサンゼルス決戦』

友の死を嘆くヒマがあれば、亡き友のために使命を果たす。それが海兵隊の誇り。 突然のエイリアン襲来により壊滅状態となったロサンゼルスで、民間人救助に当たる海兵隊の姿をモ ...

『世界侵略:ロサンゼルス決戦』 ('11初鑑賞124・劇場)

☆☆☆-- (10段階評価で 6) 9月17日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 12:45の回を鑑賞。

「世界侵略:ロサンゼルス決戦」泥臭いSF映画。

[世界侵略:ロサンゼルス決戦] ブログ村キーワード  震災の影響で公開延期になっていた話題作が、遂に公開!「世界侵略:ロサンゼルス決戦」(ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント)。エイリアンVS人類のバトルを描いた話題作。さあ、その出来映えや如何に? ...

映画「世界侵略:ロサンゼルス決戦」地球絶対絶命の危機

「世界侵略:ロサンゼルス決戦」★★★★☆ アーロン・エッカート、ブリジット・モイナハン、 ミシェル・ロドリゲス、マイケル・ペーニャ、Ne-Yo主演 ジョナサン・リーベスマン 監督 116分、2011年9月17日公開 2011,アメリカ,ソニーピクチャーズ エンタテインメント (?...

コメント

こんばんは。

いつもTB有難うございます。
当方からfc2へのTBは成立していない現状です。

これからはTBの返送が出来ませんが記事は引き続き大切に反映させて頂きます。

どうか宜しくお願いいたします。
  • 2011-09-30│02:41 |
  • 象のロケット URL
  • [edit]
Re: タイトルなし
☆象のロケットさま
いつもTBでお世話になっております。

お手数でなければ、コメントにてリンクしてくださると助かります。
なお、こちらのリンクに貴殿のサイトを掲載させて頂きました。

今後もよろしくお願いします。
  • 2011-09-30│08:04 |
  • みっきー(管理人) URL
  • [edit]
みっきーさん、これからはこのFC2が“本家”になるんですか。
Re: タイトルなし
☆佐藤秀さん
コメントありがとうございます。

まだ、悩んでいます。
なにせ、TB廃止も広告の強制挿入も、二週間前に突然発表され、
選択の余地が無かったわけで、
このFC2はミラーブログとして夏からコツコツ作ってきたものを、
急遽、ミラーから格上げしたような次第です。

できれば、既に借りているレンタルサーバがあるので、
そこにWordPressをインストールして運用したいのですが、
一からの構築だと、2週間ではどうにもなりませんでした。

特に2,000以上ある記事が、簡単に移設出来ないんです。
動画や写真が山ほどありますので。

さらに、うちのブログの場合は、読者さまの半分が携帯電話からのアクセスで、
携帯電話からは広告が付きませんし、携帯からトラックバックする人もいませんから、
その辺も悩みどころではあります。

方向性が定まったら、お知らせします。
ご心配、ご迷惑をお掛けします。
  • 2011-09-30│21:31 |
  • みっきー(管理人) URL│
  • [edit]

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR