絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~Season2 (第10話 9/13) 感想

本家ブログのトラックバックURL
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/2995/
↑TBとコメントは上記へ願います!
クリックで本家記事へ飛べます!!



7/12からフジテレビで始まったドラマ『絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~Season2』公式)の第10話『特殊犯罪潜入捜査~対決の罠』の感想。

潜入捜査した?

いくら木幡(ユースケ・サンタマリア)のモンスター度を描くためとは言え、警察の動きが筒抜け状態と言う設定にしてしまったら、簡単に潜入捜査は描けない
案の定、劇中でも所謂コスプレで忍び込み道具を駆使する潜入捜査は見られなかったと思う。好みの問題だと思うが、やはり潜入捜査を見たい…

泉の突然の成長で、すべてがフツーに…

ある回から突然に泉(上戸彩)の成長を描き出した途端に、フツーの刑事ドラマになってしまった本作。成長させたんだから活躍させねばと、毎回目を見張る活躍をするが、そうなると泉の先生役の瀧河(桐谷健太)の存在感が急落するのも当然。なのに、今更「俺の目になれ」的なエピソードを出してきて。
ならば、これまでもっと瀧河の潜入捜査員としての卓越した能力を、泉の先生と言うレベルでなく、きっちり描いてこないと結局二人とも中途半端な引継ぎに終わるような…

折角異動させたのに…

「何が何でも毎回潜入捜査を見せろ」と言いたい訳ではない。必然性があれば、一歩も対策室から出なくたって良いと思う。
ただ、それには、例えば折角SPで異動させた深沢(丸山智己)率いる捜査一課殺人犯捜査第8係を現場で先導させるとかすれば、特殊犯罪捜査対策室の精鋭ぶりはどんな捜査でも描けると思うのだが…


最後の、カフェで上戸彩さんと堀内敬子さんが対面するシーンでは「これって何のドラマだっけ?」って感じました。ただ、この時点で無理するより、今の延長線上でふんわりと着陸してもらえれば、また『3』も作れると思います(苦笑)


【これまでの感想】
SP番組 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 第9話


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む
Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加Yahooブックマークに追加Googleブックマークに追加Buzzurlに追加Choixに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加
     

絶対零度~未解決事件特命捜査~ スペシャル 小説版 [文庫] 成河 広明 (著)
絶対零度~未解決事件特命捜査~ シーズン1 [文庫] 酒井 雅秋, 白石 まみ
フジテレビ系ドラマ「絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~」オリジナル・サウンドトラック
絶対零度~未解決事件特命捜査~DVD-BOX 上戸彩, 宮迫博之 (出演)
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~Season2 (第10話 9/13) 感想

7/12からフジテレビで始まったドラマ『絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~Season2』(公式)の第10話『特殊犯罪潜入捜査~対決の罠』の感想。 潜入捜査した? いくら木幡(ユースケ・サンタマリア)のモンスター度を描くためとは言え、警察の動きが筒抜け状態と言う設?...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR