●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

ブルドクター (第5話 8/3) 感想

本家ブログのトラックバックURL
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/2894/
↑TBとコメントは上記へ願います!
クリックで本家記事へ飛べます!!



7/6から日テレで始まったドラマ『ブルドクター』公式)の第5話『致死率30%!解剖室緊急閉鎖』の感想。

こんな出がらしの脚本で…

喉に穴を開けて気道確保するとか、主人公が感染症で院内隔離されるとか、針刺し事故とか、散々騒いで実はアナフィラキシーショックだったとか。
この類のドラマでは既視感と言うより出がらしのようなネタの詰め合わせの脚本で、どれだけの視聴者が喜ぶと思ってるのだろう。折角先週面白かったのに残念。

ただ視聴者をウルウルさせたいだけの演出…

今回は演出も良くなかった。とにかく致死率30%の感染症で数日間監禁されている緊迫感が全く感じられなかった。
また、珠実(江角マキコ)と息子、知佳(石原さとみ)と名倉(稲垣吾郎)、成海(ブラザートム)と母親の3つのエピソードの演出が、ただ台詞を言わせて編集しているだけの表面的なもので、ただ視聴者をウルウルさせたいだけにしか見えなかった。
 勿論、脚本が良くないのだが(汗)

詰め込めば良いってモノではない…

冒頭の合コンネタと「男にして下さい」ネタも、お涙頂戴ネタも諦めよう。ただ、武田(小日向文世)のアル中と針刺し事故は無理矢理過ぎる。医師や看護師にとって針刺し事故は日常的に起こる最も身近な医療事故であり、これだけでも十分に1話作れるわけで、そこを軽視するのもどうかと思う。
それに、そもそも武田自身が安易に縫合針と持針器を手にする意識や、名倉が応急処置として気道確保もしようとしない意識や、珠実がアナフィラキシを疑わない知識を描き、国立上都大学法医学教室のレベルの低さを臭わせるような脚本が必要なのだろうか?


先週は面白かったのに、今週はホントつまらなかったです。先日、うお座さんに「私が本作に肯定的なのが以外です」と言ったコメントを頂きました(詳しくはここに書いてあります)が、良い時はベタ褒めしますし、逆ならダメ出しします。今週は感染症と言う私好み?のネタで期待しただけに、落胆度が増大しているって事です。

唯一の救いは、ブラザートムさんの存在感と、演じる成海耕平と言う50歳未婚男性の検査技師のキャラクターの良さ。少年のようなピュアな感覚が物語の印象を良くしたと思います。

逆に残念だったのが知佳のお守り役刑事・神岡。警察官なら、地団駄踏まずに腹を括れと言いたいです(笑)。さて次週に期待してよいのでしょうか???


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む
Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加Yahooブックマークに追加Googleブックマークに追加Buzzurlに追加Choixに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加
     

デカワンコ DVD-BOX(本編5 枚組+ 特典ディスク1 枚)
救命病棟24時(第2シリーズ)DVD-BOX
きらきらひかる DVD BOX
法医学者、死者と語る~解剖室で聴く 異状死体、最期の声~ [単行本] 岩瀬博太郎 (著)
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブルドクター (第5話 8/3) 感想

7/6から日テレで始まったドラマ『ブルドクター』(公式)の第5話『致死率30%!解剖室緊急閉鎖』の感想。 こんな出がらしの脚本で… 喉に穴を開けて気道確保するとか、主人公が感染症で院内隔離されるとか、針刺し事故とか、散々騒いで実はアナフィラキシーショック...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR