●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

ブルドクター (第4話 7/27) 感想

本家ブログのトラックバックURL
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/2877/
↑TBとコメントは上記へ願います!
クリックで本家記事へ飛べます!!



7/6から日テレで始まったドラマ『ブルドクター (公式)』第4話『解剖VS心臓移植!究極の選択』の感想。

やっと、「死因究明ヒューマンドラマ」になった!

第4話にして、やっと「死因究明ヒューマンドラマ」になったようだ。「死因究明」と言う共通項を持つ法医学者と刑事の、仕事と生活(家庭)の間で葛藤する女たちの物語。
二人の距離感も程好いし、ちゃんと主役の珠実(江角マキコ)が物語をリードしているし。散々迷走していたが、この路線が正解だと思う。

なぜ急に良くなったのか?

なぜ急に良くなったか予想すると、脚本・橋部敦子氏の方向性と知佳役の石原さとみさんの演技プランの迷いがなくなったことだと思う。脚本が無理に脇役を絡めるのを止め、珠実と知佳に集中させたこと。石原さんが「小田霧響子」で行くことを決めたこと。更に演出が『ヤスコとケンジ』の長沼誠氏に交代して、シリアス部分がより際立った印象。


エレベーターのシーンは印象的でしたが、屋上に出口があるエレベーターは不自然でしたね。普通は屋上にはエレベーターの機械室が必要だから出口はないでしょ。映像でも機械室が無いのがバレないように軒下で切ってますし、鉄の扉の奥にエレベーターって意味不明ですね(笑)。散々ロケハンした結果の美術さんの苦肉の策だと思います。

しかし、そこまでしても知佳の心の中の葛藤を描いたからこそ、臓器移植後の司法解剖が成立したわけで、そう言う「拘り」が今回のような良作を作り出すのだと思います。来週に期待します。


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む
Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加Yahooブックマークに追加Googleブックマークに追加Buzzurlに追加Choixに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加
     

デカワンコ DVD-BOX(本編5 枚組+ 特典ディスク1 枚)
救命病棟24時(第2シリーズ)DVD-BOX
きらきらひかる DVD BOX
法医学者、死者と語る~解剖室で聴く 異状死体、最期の声~ [単行本] 岩瀬博太郎 (著)
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブルドクター (第4話 7/27) 感想

7/6から日テレで始まったドラマ『ブルドクター (公式)』の第4話『解剖VS心臓移植!究極の選択』の感想。 やっと、「死因究明ヒューマンドラマ」になった! 第4話にして、やっと「死因究明ヒューマンドラマ」になったようだ。「死因究明」と言う共通項を持つ法医?...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR