●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

陽はまた昇る (第1話 7/21) 感想

本家ブログのトラックバックURL
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/2862/
↑TBとコメントは上記へ願います!
クリックで本家記事へ飛べます!!



7/21からテレ朝で始まったドラマ『陽はまた昇る』公式)の第1話『鬼教官、誕生!』の感想。本年5/14放送の『最後の晩餐 ~刑事・遠野一行と七人の容疑者~』の続編。

選曲のベテラン石井氏の腕に期待!

最後まで劇伴(サウンドトラック)が邪魔して、内容に集中できなかった。制作済みの楽曲からの選曲は悪くないのに。オーソドックスなオーケストラアレンジの楽曲はベタだし、スパニッシュギターやピアノのミディアムからスローな楽曲が台詞の邪魔になって…
今回も前作同様、音楽:江口貴勅氏と選曲:石井和之氏のコンビ。既に楽曲は完成しているから、『デカワンコ』で手腕を見せた選曲のベテラン石井氏の腕に期待したい!それともう少し音楽を小さく出来ないだろうか?

生徒が人質の事件で実践教育?

いきなり毎日40キロの駆け足訓練もどうかと思うが、携帯電話を没収された英二(三浦春馬)が、公衆電話をかけに行った先のコンビニで都合良く強盗事件が発生。英二が人質になり篭城事件へ発展。
その解決になぜか着任早々の教官・遠野(佐藤浩市)が選ばれ、実践教育さながら生徒たちを連れて現場へ。遠野にあっさり説得され凶器を置く犯人。すっかり遠野に魅せられた生徒たちは感動のフィナーレ(入校式)へ。なんか都合良すぎない?

あとはエピソード次第…

今回は事件を絡めて警察官らしさを描けたが、毎回事件を作って実践教育と言うわけにはいかないだろうから、今後はどうやって規律の厳しい警察学校と不正を正す警察官を描くのだろう。
まさか、毎回生徒が寮を抜け出して課外授業するのもおかしいし。正に「役者は揃った」状態だから、あとはエピソード次第で名作になるかも。次週に期待したい…


橋爪功さんの校長役と真矢みきさんの警察の制服姿に「また?」と言った感じですし、遠野は過去のみ解決事件を引きずって教官一本にはならなそうだし、そもそも警察学校と寮だけでは面白みが無いだろうし、次週は様子見。第1話を観た限りでは、『劇場版』を作る気満々って雰囲気。止めとけば良いのに…


【これまでの感想】
ドラマスペシャル「最後の晩餐-刑事・遠野一行と7人の容疑者-」 感想


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング あとで読む
Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加Yahooブックマークに追加Googleブックマークに追加Buzzurlに追加Choixに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加
     

最後の忠臣蔵 Blu-ray & DVDセット豪華版【特典映像ディスク & 解説ブックレット付き】 (初回限定生産)
大切なことはすべて君が教えてくれた [DVD]
相棒 劇場版II -警視庁占拠!特命係の一番長い夜- 豪華版Blu-ray BOX (初回完全限定生産)
デカワンコ DVD-BOX(本編5 枚組+ 特典ディスク1 枚)
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

陽はまた昇る (第1話 7/21) 感想

7/21からテレ朝で始まったドラマ『陽はまた昇る』(公式)の第1話『鬼教官、誕生!』の感想。本年5/14放送の『最後の晩餐 ~刑事・遠野一行と七人の容疑者~』の続編。 選曲のベテラン石井氏の腕に期待! 最後まで劇伴(サウンドトラック)が邪魔して、内容に集中?...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR