金曜プレステージ「絶対零度~未解決事件特命捜査~Special」 (7/9) 感想

本家ブログのトラックバックURL
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/2831/
↑TBとコメントは上記へ願います!
クリックで本家記事へ飛べます!!



7/12からフジテレビで始まるドラマ『絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~Season2 (公式)』の前段的なスペシャル番組『悲劇の夫婦に悪魔の囁き~産婦人科医師の死の裏に14年前の女性殺人事件と臓器売買~時を越えた父の祈りと母の後悔~真実を知る時、最大の未解決と衝撃の殉職が!?』の感想。

ダラダラしたが、刑事ドラマらしい仕上がりだった…

『Season1』の振り返り、『2』への引継ぎのためのリセット。この二つを過去と現在の事件を上手く絡ませて、それも『1』の登場人物たちを全員揃えて描いた点は、正にスペシャルだった。
それに事件そのものは古典的&アリガチな設定だったが、「未解決の地獄」がよく描かれた刑事ドラマだったと思う。まあ、2時間半は長いと思うが、まあお祭り気分もあったと言うことで…

なぜ桜木泉は成長しないの?

『1』では毎回捜査資料を持ち出し単独捜査しまくった桜木泉(上戸彩)だが、このSPでも『2』でもどうやら「ノロマなカメ」のままらしい。『BOSS』も『ハガネの女』も主人公や設定を成長させて微妙な仕上がりになったから、保守路線なのかもしれない。
長嶋室長(北大路欣也)の思いもあるし、周辺人物は状況に変化があるだけに、少しは成長しても良いような…

わざわざ病院の地下で殉職させなくても…

本作のペースメーカーである塚本(宮迫博之)を病院の地下で殉職させる脚本もどうかと思うし、人命救助をせず走馬灯のように思い出にふけて叫ぶだけの主人公は、もはや刑事以前に人間的にどうかと思う。
この辺の人命への考え方は、のちのドラマに影響すると思うだけに残念…

ヒールのあるサンダルで捜査する?

今回で気になった詰めの甘さが、例の、捜査資料を持ち出し単独捜査で妄想する場面での泉の靴。これが正式捜査ならあのヒールのあるサンダルは言語道断だと思うし、プライベートでも自分は捜査のつもりなんだから、やはり犯人逮捕を考慮した靴が必要だと思う。
衣装ブランドとタイアップが見え見えなのは止むを得なくても、刑事ドラマとしての詰めはきちんとして欲しい。


予告編を見る限り面白そうではありますが、個人的には雨上がりの宮迫さんがいない時点でかなりテンションが下がってます。まあ、一応『2』の第1話は観ます。ただ過度な期待はしないつもり。だって最近の『2』で懲りてますから(笑)

中国雑貨店の店長役で赤星昇一郎さんが出演されてました。1980年代半ば、怪物ランドの深夜バラエティ番組『ウソップランド』で抜群のお笑いセンスで笑わせてもらいました。いやあ、懐かしいものを思い出しちゃった。


ブログランキング・にほんブログ村へ blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ あとで読む
Twitterに追加Facebookに追加はてなブックマークに追加Yahooブックマークに追加Googleブックマークに追加Buzzurlに追加Choixに追加izaブックマークに追加livedoorクリップに追加@niftyクリップに追加mixiチェックに追加newsingに追加
     

絶対零度~未解決事件特命捜査~ スペシャル 小説版 [文庫] 成河 広明 (著)
絶対零度~未解決事件特命捜査~ シーズン1 [文庫] 酒井 雅秋, 白石 まみ
フジテレビ系ドラマ 絶対零度 オリジナル・サウンドトラック [Soundtrack]
絶対零度~未解決事件特命捜査~DVD-BOX 上戸彩, 宮迫博之 (出演)
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

金曜プレステージ「絶対零度~未解決事件特命捜査~Special」 (7/9) 感想

7/12からフジテレビで始まるドラマ『絶対零度~特殊犯罪潜入捜査~Season2 (公式)』の前段的なスペシャル番組『悲劇の夫婦に悪魔の囁き~産婦人科医師の死の裏に14年前の女性殺人事件と臓器売買~時を越えた父の祈りと母の後悔~真実を知る時、最大の未解決と衝撃の殉職...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR