ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

「口と足で描く芸術家協会」って大丈夫?

本家ブログのトラックバックURL
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/2722/
↑TBとコメントは上記へ願います!
クリックで本家記事へ飛べます!!



口と足で描く芸術家協会

それは、突然送り付けられてきた!

少し分厚い封筒が、突然送られてきた。宛名は、私の名前と住所。差出人を見ると『口と足で描く芸術家協会』と身に覚えのない団体名。「また、ユニセフの類の“送り付け詐欺”か?」と封を開けてみた。

見本を直接送らせて頂きます…

中には、B5サイズの2011年のカレンダーと、振込人に私の名前と住所が記入済みの振込用紙、そして、こんな文面の手書き風印刷の手紙が入っていた。
あなた様に、
初めまして、突然のお便りで驚かれたことと思います。少し読みにくいかもしれませんがこの手紙は、私、南 栄一が口にペンをくわえて書いています。高校生の時に柔道の試合で首を折り、肩から下全身がマヒしているからです。
(中略)絵の水準を見て頂けるようカレンダーは見本を直接送らせて頂きますが、あなた様には購入や返品、保管の義務はありません。(以上抜粋)

「口と足で描く芸術家出版」と言う有限会社…

私はこの手のものは、最初から信用しない訳だが、一応『口と足で描く芸術家協会』なる組織をググってみた。どうやらここが公式サイトらしい。活動内容は特に疑う要素は無いように思う。
ただ、TOPページを見ると、『MFPA 口と足で描く芸術家出版 有限会社』と同一組織らしい。出版するために出版会社を経営していると言うことか?

善意と取るか、悪意と取るか?

あくまで私の考えとして、“例え善意団体としても、方法には違和感を覚える”と言わざるを得ない。
なぜなら、一方的に送り付ける印刷物の紙の無駄だけでなく、郵便代金等を考えれば、もっと善良で良質で低コストな方法があると思うから、それをしない組織に賛同するのは私は難しい。

もしも、私の友人から相談されたら…

世界では、この手のモノを送付して寄付を仰ぐと言う方法が多いのは事実。だが、日本では訪問販売され馴染まず、事故が絶えない風土だから、この一方的な方法はどうかと思う。
もちろん、作品を気にいって活動に賛同して購入する人を責めようとは思わない。ただ、私の友人から相談されたら、「放置したら?」と答えると思う…。


今回は、実際に昨年末と先月知人から相談があったのを受けて、記事にしようか悩みましたが、同じようにお悩みの方に役立てばと思い、記事にしました。

ですから、私は『口と足で描く芸術家協会』を否定しているわけではありません
作品も素晴らしいものがあります。ならば、わざわざ「口と足で描く」と謳う必要はないと思います。ただ、それだけです。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl  あとで読む
   

詐欺・悪徳商法から身を守る方法 (かしこく生きるためのシリーズ) [単行本]
あなたもこうしてダマされる―だましの手口とだまされる心理 [単行本]
悪質商法のすごい手口―ここまで巧妙ならみんなだまされる!知っておきたい被害の実態と対処法 [単行本]
だましの手口 (PHP新書) [新書]
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: