●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

ドラマスペシャル「最後の晩餐-刑事・遠野一行と7人の容疑者-」 感想

本家ブログのトラックバックURL
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/2699/
↑TBとコメントは上記へ願います!
クリックで本家記事へ飛べます!!



5/14にテレ朝で放送されたドラマスペシャル『最後の晩餐-刑事・遠野一行と7人の容疑者-(公式)』の感想。土曜は仕事だったので、録画にて鑑賞。

前半は既観感ありありで…

例によって番宣パレードに釣られて鑑賞。豪華キャストは認めるものの、『最後の晩餐』ってタイトルは内容より大き過ぎ。刑事たちの台詞回しも事件の伏線も、前半は既観感ありありでがっかり。唯一の新鮮味は、ちょっとヒール役の六角精児さんだけ。

後半は舞台中継、最後は妙な間で終了…

90分過ぎ辺りの倉庫内に場面が映ると、豪華キャストたちの舞台中継が始まった。皆さん上手いし、横に並んで演技を始めるから、舞台中継の安定感事件現場の緊張感を阻害してた。
でもって、エンディングは思わせ振りに3人が目を合わせて、妙な間を残したまま終了。明らかに番宣は誇大広告と言えよう。

表面的な人物設定で…

あれだけ番宣で「容疑者は7人」と言っておいて、遠野一行(佐藤浩市)は冒頭から「6人の容疑者」と連呼すれば、犯人はおのずと判明。
でも、犯人探しばかりが刑事ドラマの醍醐味でないから、あとは登場人物の人間性や人間関係を深く絡めて描いてくれれば良いのだが。
俳優さんからイメージしたような表面的な人物設定のみ。これで、2時間オーバーはきつい…

これも「壮大な予告編」だったのか?

タイトルからして、連続ドラマ化が前提のニオイがプンプンするが、あのエンディングを見れば、ほぼ確実なのだろう。でも、主人公が刑事でなくなるから『警校教官・遠野一行』とか言って、教え子と課外授業で事件解決するとか?どちらにせよ、予告編なら事前に言って欲しいものだ。

日常の恐怖を描きたかったのだろうか?

・恋人から携帯電話を取り上げたパワハラの上司
・狂言自殺で電車を遅らせた女性
・ERで医療ミスした看護師
・不倫で密会中のため119番通報をしなかった女性

この4人は恋人の死に影響を与えているから、復讐対象にするのはわかるのだが、
・娘を捨てて自分は好き勝手に生きる母親
・献金疑惑逃れのために妙な理屈を叩いた政治家
・殺された女も悪いとネットで書いた大学生
・視聴率のために事実を捻じ曲げたテレビ・プロデューサー
・リストラを理由に妻を殺したと嘘をついた元工員

こちらの5人には腹は立つが、これらが理由で復讐されるとなると、犯人の気に障ったら誰でも対象になってしまう。そう言う日常の恐怖を描きたかったのだろうか?それに上の4人を犯人がどうやって調べたのか不明???


佐藤浩市さんと六角精児さんのコンビは新鮮でした。設定は別にして、この二人でドラマがあったら観たいですね。その際は、くれぐれも登場人物の人生観まで描けるような脚本家の先生にお願いしたいです。


blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl  あとで読む
   

雪に願うこと プレミアム・エディション [DVD], 佐藤浩市 (出演)
ザ・マジックアワー [Blu-ray] 佐藤浩市 (出演)
相棒 シナリオ傑作選 [単行本] 輿水泰弘,砂本量,櫻井武晴,戸田山雅司,古沢良太
熱血鑑識官 米沢守のドッキリ事件簿ZERO [単行本]
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ドラマスペシャル「最後の晩餐-刑事・遠野一行と7人の容疑者-」 感想

5/15にテレ朝で放送されたドラマスペシャル『最後の晩餐-刑事・遠野一行と7人の容疑者-(公式)』の感想。土曜は仕事だったので、録画にて鑑賞。 前半は既観感ありありで… 例によって番宣パレードに釣られて鑑賞。豪華キャストは認めるものの、『最後の晩餐』?...

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR