ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは出来れば本家blogへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

「自粛ムード」を考える…

本家ブログのトラックバックURL
http://director.blog.shinobi.jp/Entry/2585/
↑TBとコメントは上記へ願います!
クリックで本家記事へ飛べます!!



自粛に賛成の理由1位は「節電・節約」 反対の理由1位は「被災地と日本経済の復興を遅らせるから」

自粛に賛成する理由と反対する理由

アスク・スマートリー ニュース(公式)が“東北関東大震災の影響を受けて多方面で「自粛」が行われていることについて、自粛に賛成する理由と反対する理由をそれぞれ聞いた”に興味深い調査結果があったので紹介する。
賛成反対のそれぞれの理由を見ると、日本人の真面目な気質が見て取れる。地震、津波、原発で多くの東日本の住民が被害を受けたために、被災地以外でも、少しでも贅沢に見える活動が非難されるのではないか?と、半ば強迫観念的に受け止め、日本全体が生活面での「自粛」と言う形で表していると思う。

過剰な自粛は日本をダメにする!

私は基本的に「自粛反対」だ。もちろん、一定の節電や節水、無駄は省くべきだ。しかし、それは震災以前も同じ。今は、日本の国家危機とも言える非常事態。日本人が総力を以って日本再建を進めるべきだと思う。
私は、ホテルの現場が多いが、一般企業の宴席が震災以降ガクッと減っている。結婚披露宴はやむを得ないとも思うがキャンセルや延期も多い。これにより配膳の派遣社員等の仕事も減るし、そもそもホテルは宴会の有無や、宿泊客の増減で大きな売り上げを失っているのだ。

自粛反対!

被災地域のことを考えると気がひけるのはよくわかる。しかし、被災地が復興した時に、日本経済が倒れていては元も子もない。西日本はもちろん、被災地域でない地域では積極的に経済活動をするべきだと思う。
お金を回し経済を動かし続けないと、日本経済が不景気になり、二次被害的に被災地以外でも給料が減ったり職を失ったりする可能性もある。無駄な電気やエネルギーを使わないような工夫をしながら、からだを動かしお金を回そうではないか。


今、日本国民全体が下向きですよね。震災、津波、原発といずれも心に暗い影を落としたままです。しかし、ちょっとした気の持ちよう、気合の入れようで目の前の景色は変わると思います。

各自で節電はやりましょう。計画停電が無い日も。そして、その電気で工場を元気にしましょう。工場が元気にならないと物資が増えず経済が回りません。折角レストランやバーも映画館も電気を点けて営業しているんだから、行きましょう。一箇所に集まれば、それも節電だし、何より気分が明るくなります。

そう、無理矢理にでも思って動かないと、日本経済がダメになると思います。私も東京ディズニーリゾートの再会を心待ちにします。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl  あとで読む
   

心を整える。 勝利をたぐり寄せるための56の習慣 [単行本]
自分の小さな「箱」から脱出する方法 [単行本]
日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか [新書]
9割がバイトでも最高のスタッフに育つ ディズニーの教え方 [単行本]
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: