●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。
●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。

【動画】勝沼ワイナリー見学ツアー「シャトー・メルシャンを識(し)る」 【FHD】

先週末に毎年恒例の勝沼旅行に行って来ました。今回は、シャトー・メルシャンの動画を作ってみました。スライドショーですが、フルハイビジョンでお楽しみください。


  ※FOMAの方はこちらからご覧になれます。

"メルシャン勝沼ワイナリー"が9/1にリニューアルオープン!

本年9月1日、長年親しまれてきた"メルシャン勝沼ワイナリー"が、新名称"シャトー・メルシャン"となって、施設共々リニューアルオープンした(公式リリース)。そこで、毎年恒例の勝沼旅行の日程を合わせて行って来た。

"ミュージアム・エリア"と"ワイナリー・エリア"に…

以前をご存じの方は、ちょっとビックリするかもしれない。以前のような、無料の見学ツアーと、試飲&物販コーナーが無くなった。建物は大きく3つ。"ビジターセンター"は以前の物販スペースで、有料見学ツアーの受付と、地下にセラー、上層階にワイン教室などがある。"ワイン資料館"は入口等が新しくなった。そして、最も斬新なのが"ワインギャラリー"。"ワイン資料館"の横に併設されている。

"ワインギャラリー"

ここには、テイスティングカウンターがある。常時20種類程度の有料試飲ができる(分量により、100円と300円がある。無料も1種類ある)。カフェカウンターには、テーブル席もあるが、土日の昼間はほぼ満席、テラスもある。また、チーズ盛り合わせなどのおつまみやデザートもあった。私は、ランチプレート(1,300円)を頂いた。軽食と言った雰囲気だが、ワインの試飲をしながら食べるには丁度良い分量。ツアーの前に軽く食べながら、店員さんにワインの予習もできるし、一石二鳥。但し、飲み過ぎないように(笑)

"祝村ヴィンヤード(見本ブドウ園)"がきれいに整備された!

資料館裏手のブドウ園がきれいに整備された。ツアー客のみ中に入ることができる。醸造用ブドウ17種類が垣根仕立てで栽培され、樹齢や季節による実の成熟の違いなど学べる。この日は天気も良く、清々しい気持ちになった。

有料見学ツアーは2種類ある

今回は、"シャトー・メルシャンを識(し)る"と言う、一応上級者向けのコースを選択。試飲は5種類。パワーポイントを使いながら、予定の40分を20分以上オーバーした講義。ワイン全般の事は既知な事が多かったが、メルシャン・ブランドのワインの細かいブドウ品種のブレンド法など、興味深い内容も多かった。なにせ、今回は第1回目と言うことで、受講者も兵揃いって雰囲気の中、講師・お○たさんも気合十分で話してくれた。また行ってみたい。


仕事柄、接客や映像資料に必要以上に目が行ってしまいます。また、お節介とわかってても、担当者さんに言わないと気が済まない(苦笑)。ギャラリーの支払いレジが1台で、ちょっと忙しなかったり、タクシーの運転手さんが以前の正門(今は使ってない)に車を横付けしたりなどなど、キリがない。
ただ、今回はオープン4日目ですからね。とは言え、スタッフさんたちが「お客様のために!」と言うサービス精神旺盛なのは、よ~くわかりました。これからが勝沼のワインの季節。みなさんのご参考になれば良いのですが。

blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ Yahoo!ブックマーク Googleブックマーク はてなブックマーク livedoorClip del.icio.us newsing FC2 Technorati ニフティクリップ iza Choix Flog Buzzurl  あとで読む

   



CH メルシャン 甲州 きいろ香 750ML
まっぷる山梨 勝沼・富士五湖・清里’11 [ムック]
世界のワイン生産者ディクショナリー307―生産者と主要アイテムを知る!ワインがわかる![単行本]
風と土のソムリエ [単行本] 高野 豊 (著)
関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret

※なお、送られたコメントはブログ管理人が承認するまで公開されません。
※また、当blogの「コメント,トラックバック&リンク・ポリシー」に基づき、管理人が不適切、不適当、不愉快と感じたコメントは非公開、または予告無く削除します。

楽天市場PR

TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

最新記事

PR


カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR