ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


-

【Number_i】NHK『Venue101』の「GOAT」の演出意図を勝手に推測してみた ※岸優太さんの約1.23秒間の激アツ演出に注目!

【Number_i】NHK『Venue101』の「GOAT」の演出意図を勝手に推測してみた ※岸優太さんの約1.23秒間の激アツ演出に注目!

テレビの歌番組の歌謡シーンなら、解説できそうなので…

私のブログに来てくれて、ありがとうございます。
「初めまして」の皆様も、ご常連の皆様も、私が管理人のみっきーです!

岸優太さん主演ドラマ『すきすきワンワン!』の感想 新窓で開きます

および…

【King & Prince】MステとVenue101、岸優太さんのイヤモニなし歌唱の理由を考えてみた 新窓で開きます

の投稿以来です。

殆どの方がお久しぶりか、初めましてだと思います。

今回は、number.iが、先日(2024年3月2日)に NHK総合『Venue101』にてテレビ初出演したので…
遅ればせながら、いつものディレクター目線で感想を書いてみます。

その前に。

3人のコアなファンに熱量では足元にも及ばないですし。

ダンスや歌の専門家でもないので、単純に「スゴい」と称賛するくらいしかできません。

でも、テレビの歌番組の歌謡シーンなら、何とか解説できそうなので、やってみます。

歌番組らしい即興風のライブ感と,MV風の作り込み感が合体

やはり、今回の『GOAT』の歌唱シーンには様々な作り手の工夫や、卓越したパフォーマンスが見事に合致したから成立したカットのてんこ盛りです。

言葉と文字だけで解説するのは難しいですが。

やはり、最初に言及しておく必要があるのは、限られた時間、設備などの環境下で、近未来風の世界観を踏襲しつつ…

テレビの歌番組らしい即興風のライブ感と、MVっぽい作り込み感を同時に盛り込んだ映像作りになっていたという点です。

さ迷いつつ、強い意志をもって突き進む3人を創出した照明

そのために、うまく考えられていたのが。

三人の衣装の色を“映え”させるための、ピンク色とブルーの二色のサイバー空間風の世界観です。

恐らく、ピンクは情熱、活力、色気を。

ブルーは、静寂、知性、クールさの象徴と思います。

そこへ、白色を基本にしたレーザースポット光線を差し入れることで、デジタル的、幾何学的、人工的な味わいを加えつつ。

背景色は、ピンク×ブルーブルー×グリーン、暗転、ホワイトを使い分けて、Aメロ、Bメロ、サビ、イントロ&アウトロを染めます。

乱れ飛ぶ光線の中を、さ迷いながらも、強い意志をもって突き進む3人を創出したと推測しました。

複数台のカメラの切り替えを、単純に見せない工夫

そこで、巧みだったのが。

複数台のカメラの切り替えを、ただのカメラアングル(角度)やサイズ(画角)の違いに終わらせない工夫です。

細かく書けないから、あとで映像で確かめていただきたいのですが。

例えば。

3人のフォーメーションをダイナミック且つ美しく魅せるために、余計なカット割りをせずに、手持ちの1台のカメラを自由に動かして、できるだけ「3ショット」に収めつつ。

それでは飽きるので、すぐさま別のハンディカメラに切り替えて、ソロをインサート(挿入)。

また、曲にリズムやテンポに合わせてカメラが切り替わる瞬間にピタリとシンクロさせて、背景の照明の色を切り替えつつ。

カメラの直前(レンズのすぐ前)をレーザー光線などの強めの光を被せることで、幻想的な雰囲気も醸し出していました。

岸優太さんのソロ歌詞のパートのワンショットに注目!

でも、最も私が「あれっ? いいね」と思って、録画を何度も見返したワンカットがありまして。

それが、曲が始まって「55秒後」の、次の岸優太さんのソロ歌詞のパート。

♪Now this is my masterpiece
 (これが私の傑作だ)


タイトルの『GOAT』は、恐らく英語のスラングで。

「史上最高の」「超最高の」という意味の「greatest of all time」の略。

従って、直後の歌詞「♪I'm the new GOAT」に直結する意味深い歌詞ですね。

で。

そこを強調する映像演出が、岸優太さんのワンショット(一人だけ映っているカット)にしたくなるのは当然)のこと。

絶大な効果の僅か約1.23秒間の岸さんのインサートカット!!

でも、実際は激しい動きの中で、一瞬だけ止まっているだけ。

そして、今回ではその一瞬だけ止まって歌う岸さんを正面2台のカメラと別の1台のカメラが撮っています。

放送尺は、僅か “37F(フレーム)” です。

テレビは、「1秒間=30F」ですから、約1.23秒間ということになります。

この約1.23秒間のどこが「あれっ? いいね」なのか? ですよね。

下のキャプチャー画像を見れば分かるとおり、岸さんの寄り気味のBS(バストショット=胸から上)になっています。
要するに、全身が映り込むような引きの画角ではないという意味です。

NHK『Venue101』の「GOAT」のワンカット
©NHK

当然、カメラが “その立ち位置” に来ることを前提にスタンバイしているわけですが。

あの超高速ダンスの中で、岸さんが “その立ち位置” にちゃんと来ているから撮れるのです。

しかし、足元に貼ってある「バミリ=立ち位置の目印」らしきものはセンター(中央)だけ。

要するに、上手奥と下手奥にはバミリは見えません。

「プロなら、あの3人なら当然でしょう、簡単にできるはず」は、当然のことですが。

それでも、僅か “37F(フレーム)” に懸ける岸さんもスタッフも、心意気がスゴイなと思います。

もちろん、number.iの3人のチームワークやコンビネーションが確実性が高いから、ああいう演出をやりたい、やってみようとも考えると思います。

あとがき

今回も、勝手気ままに、スタッフ等の意図を推測してみましたよ。

ほかの出演者の方々の映像もカッコ良かったです。

ただ、ほかの3組よりも断然に人数が少ないことも影響して、映像制作の自由度が上がった点も良いほうに影響したと思います。

また、私で解説できそうなことがあったら書いてみます…

これからの number.iの活躍から目が離せない、もうすぐ還暦のオッサンでした(笑)

補足

<岸優太さんの約1.23秒間の激アツ演出>は、YouTubeの「NHK MUSIC」チャンネル内のダイジェスト版では見ることはできません。

見たい方、見逃した方は、NHKプラスの下記の「31分30秒」あたりから見ると確認できます。

Venue101 Number_i・ATEEZ・RAMPAGE・TWS|NHK+ 新窓で開きます
配信期限 :3/9(土) 午後11:30 まで


すべての読者様に愛と感謝の “ありがっとう!!”


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画



ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18649/

関連記事
スポンサーサイト



My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: