ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

春になったら (第7話・2024/2/26) 感想

春になったら

関西テレビ制作・フジテレビ系・新 月10ドラマ『春になったら』
公式リンク:WebsiteX(旧Twitter)Instagram

第7話『ふたりで最後の家族旅行!芸人の一大決心』の感想。



雅彦(木梨憲武)は瞳(奈緒)に、もう一馬(濱田岳)との結婚を反対しないと告げる。一方で、体の限界を感じ始めた雅彦は、「お父さんと旅行に行く。もう一度」という瞳の‘やりたいこと’をかなえるべく、キャンプに行こうと提案。瞳は雅彦の体調が心配でためらうが、伯母のまき(筒井真理子)から雅彦が楽しみにしていたと聞き、一緒にキャンプに行くことを決める。
---上記のあらすじは、公式サイト等より引用---


原作:なし
脚本:福田靖(過去作/DOCTORS~最強の名医、ガリレオ、龍馬伝、まんぷく)
演出:松本佳奈(過去作/東京センチメンタルシリーズ,きょうの猫村さん,コタローは1人暮らしS1,きのう何食べた?S2) 第1~3,6,7
   穐山茉由(過去作/映画「月極オトコトモダチ」,映画「シノノメ色の週末」) 第4,5
音楽P:福島節(過去作/「今夜すきやきだよ」音楽プロデューサー,きのう何食べた?S2)
P:岡光寛子(過去作/姉ちゃんの恋人,魔法のリノベ,ウソ婚)
 :白石裕菜(過去作/姉ちゃんの恋人,かしましめし,ウ杉咲花の撮休)
※敬称略



はじめに


松本佳奈氏の演出の持ち味はいかされていた… とは思うが

まず、今作が始まる前から、今作のメイン監督である松本佳奈氏の演出に期待をしていたのは書いてきたとおりだ。

過去の『東京センチメンタルシリーズ』『きょうの猫村さん』『コタローは1人暮らしシーズン1』「きのう何食べた?シーズン2』など、当ブログではこれ以上はないくらいに称賛してきた。

従って、最初に書いておきたいのは。

<キャンプ>の場面なんて、松本氏の持ち味がいきていなぁと。

例えば今回でいうなら、釣りを夕景シーンにすることで映像的な温もりを与えた。

焚き火シーンでは、長回し風のカットや、2ショットを多用して、父と娘の距離感をふたりの演技で表現しつつ…

ワンショットのカットで孤独感を創出し、メリハリを作った。

要するに、雰囲気はいい、ムードは抜群なのだ。

過去7話で<3度>も、父娘での<特別な遠出>を描いてきた

ただ、演出的に “瞬間的” にいい感じであるのは認めるが。

脚本と演出の面から考えると、“連ドラ” の終盤の1話の位置づけとしてはて正解なのか?

そこが引っ掛かるのだ。

というわけで、「キャンプのシーンで泣いた!」という人は、この先を読んでも時間の無駄、と、断っておく。

第1話から見続けている人なら分かると思うが。

今作はこれまで、一馬のライブを除くと下記の外出を描いてきた…

 ●第2話 → 父娘で伊豆旅行
 ●第3話話 → 父娘で遊園地
 ●今回(第7話)話 → 父娘でキャンプ

過去7話で <3度> も、「思い出づくりに」「最後だから」と理由付けしては、父娘での <特別な遠出> を描いてきたのだ。

断っておくが、<3度> がダメで、<2度> なら許容範囲というわけではない。

"連ドラ" では、<最初>しか "特別感" はない!

“連ドラ” なのだから、<最初> しか “特別感” はないってコト。

余命3か月と宣言された父と娘にとっての「思い出づくりに」「最後だから」による “特別感” とは…

第4話での、父が親友と48年ぶりに再会し、学生時代の償いをする手助けを娘がやる… そういうことではないのか?

それこそ、「思い出づくりに」「最後だから」による “特別感” なら、親子3人の思い出の地に、関係者全員で行って、父娘が観光案内しつつ、最後は生前葬と結婚式を合同でやっちゃうとか。

あとがき

ラストの「一馬のライブ」だけで良かったのでは?

今の私にとっては、せっかくの余命宣言、余生を “もてあそんでる” とか、不快だとか言いませんが、“持て余している”ようには見えてしまって、あまりいい気持ちはしません。

今作の感想の投稿は、これが最後になるかも?

すべての読者様に愛と感謝の “ありがっとう!!”


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画




★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18624/


【これまでの感想】
第1話 第3話 第4話 第5話 第6話 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

春になったら 第7話

雅彦(木梨憲武)は、瞳(奈緒)と一馬(濱田岳)の結婚に、もう反対しないと決めます。 一方、病気が進行し、食が細くなり、手にもしびれが出始めた雅彦は、できないことが増えて行くことへの悔しさと不安を募らせます。 それでも、そんな思いを払拭するかのように、瞳が「結婚までにやりたいことリスト」に書き足した「お父さんと旅行に行く、もう一度」を叶えようと、キャンプに行こうと提案します。 雅彦の薬の...

春になったら 第7話

内容瞳(奈緒)に、一馬(濱田岳)とのことを応援するつもりだと、雅彦(木梨憲武)は伝える。リストからも結婚を反対することは消したという。瞳のやりたいリストに、もう一度旅行に行くと書かれていると知った雅彦は、旅行に行こうと告げる。だが父の食が細くなり、薬の量が増えていることに気づいた瞳は心配する。敬称略脚本、福田靖さん監督、松本佳奈さんそれにしても、なぜ、もう一度、旅行に行かせたかなぁ。そもそも...

春になったら #07

『ふたりで最後の家族旅行!芸人の一大決心』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: