ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~ (第7話・2024/2/25) 感想

さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~

TBSテレビ系・日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』
公式リンク:WebsiteX(旧Twitter)Instagram

第7話『77歳の夢ライブ』の感想。



晴見フィル解散まで1カ月。市民ホールを追い出された一同が各自‘できる活動’を探る中、小村(西田敏行)が人生初のリーダーライブを開催すると宣言。一方、俊平(西島秀俊)は元マネジャーの鏑木(満島真之介)から、ドイツにある俊平憧れの交響楽団から常任指揮者への就任オファーがあったことを知らされる。さらに、四国にある俊平の母校からも依頼が届くが…。
---上記のあらすじは、公式サイト等より引用---


原作:なし
脚本:大島里美(過去作/花燃ゆ,凪のお暇,妻、小学生になる。)
演出:坪井敏雄(過去作/凪のお暇,カルテット,わたナギ,妻、小学生になる。) 第1~3,5,6
   富田和成(過去作/マイファミリー 第5話のみ)
   石井康晴(過去作/逃げ恥,ラストマン-全盲の捜査官-,フェルマーの料理) 7
   元井桃(過去作/※地上波ドラマ演出歴なし) 7
   トミー・チャン(過去作/隕石家族,バイプレーヤーズ~名脇役の森の100日間~) 第4
音楽:菅野祐悟(過去作/テセウスの船,危険なビーナス,罠の戦争,ゆりあ先生の赤い糸)
撮影監督:神田創(過去作/怪奇恋愛作戦,ガールガンレディ,罠の戦争,鎌倉殿の13人)
音楽監修:広上淳一(東京音楽大学教授)
全面協力:東京音楽大学
料理監修:vita(過去作/下剋上球児,いちばんすきな花,ゆりあ先生の赤い糸,マイ・セカンド・アオハル,フェルマーの料理,トクメイ!警視庁特別会計係,うちの弁護士は手がかかる)
主題歌:アイナ・ジ・エンド「宝者」
※敬称略



"命や病" や "病院" を軽視するドラマがトレンドなのか!?

77歳の設定で、普段は立っていることもできないくらいで、心臓病の持病があるのに、ほぼ治療しないって。

富士山に名前が似ているテレビ局の月曜日のドラマは、余命宣告されているのに、治療拒否だが。

で、家族や知り合いはどんちゃん騒ぎをやるために、身内の看護は病院に丸投げで?

最近、“命や病や障がい” や “病院や医療従事者” を軽視しているドラマがトレンドなのか!?

まあ、こっちは「高齢者の失神って結構あるらしくて」とフォローも入っているし、どんちゃん騒ぎも病院だから、あっちよりだいぶマシだが(苦笑)

今作史上最大の情報過多で、豪華6本立て

とにかく、今作は…
元マネージャー・鏑木晃一(満島真之介)がガッツリと絡んでくると、第4話のようにほぼ「これ○本立て?」状態に混迷する。

今回も、一体何本立てだったのか?

まず全体が…
練習場所を失った晴見フィルのその後
小村二朗(西田敏行)の誕生日
の二本立て。

そこへ一応は主人公だから…
夏目俊平(西島秀俊)の過去
俊平と鏑木の関係
の二本立てで、合計4本立て。

更に「それ以外」に…
女子高生・天音(當真あみ)のバイオリン練習と父天音と俊平の息子・海(大西利空)の恋バナ

目立ったエピソードだけでも、豪華6本立て!(失笑)

恐らく、今作で最大積載量なる情報過多では?

前述のとおり、最終章前の下準備で、あれこれと描いておくべきことがあるのは理解しているつもりだ。

ただ、最後に、強引に最初に挙げたうちの、「晴見フィルのその後」と「二朗の誕生日」とそ「俊平と鏑木の関係」の3本立てのラストの約7分で決着をつけちゃうのはやり過ぎでは?

それも、病院で即興コンサートって(爆)

残り1か月の晴見フィルが、単発ライブで喜んでいいのか?

ツッコミついでに書いておくが。

武士の情けで、さも主人公が3本立て部分に絡んでいるように書いたが。

冷静に見れば、主人公がいなくても成立するのでは?

おじいちゃん子設定の森大輝(宮沢氷魚)や、晴見フィル団長の古谷悟史(玉山鉄二)が、開催すれば良いわけでは?

そもそも、ここまで二朗で“ひと騒動”起こして、晴見フィルを絡めて描くつもりなら。

妙なカラオケシーンなんて排除して、「楽器演奏OKの昭和レトロな喫茶レストラン」の設定を明確に打ち出して。

晴見フィルの団員たちの発表の場などにも提供している、本当の意味での晴見フィルのレジェンドとして描いておくべきだったと思う。

それに、最も不可思議だったのは。

練習場所を失いコンサートの予定もない。残り1か月となった晴見フィルのその後を描くべきなのに…

単発ライブで喜んでいいのか? と。

もう、完全に、何を描いて視聴者に伝えようとしているのか、見えないし、聞こえない。

おっと、もしかして、こっちは回を追う毎に視聴者の五感を…(苦笑)

大事な回がベテランと地上波ドラマ演出初ダブル演出って?

最後に、こういう表現はプロに対してたいへん失礼だが。

連ドラの第7話といえば、全話に於いて最終章に向かうための大事な下準備の放送回だと思っているが。

55歳ベテラン演出家であることは認めるが、今作は初担当の石井康晴氏と。

地上波ドラマ演出初の元井桃氏のダブル演出って?

新人、後継者育成の必要性は理解するが、連ドラで二人とも今作初担当って?

仕上がりが良ければ話は別だが。

贔屓目で見ても、『不適切にもほどがある!』とクォリティーとサービス精神に差があり過ぎると思うが。

まあいいや。

あとがき

第1話の感想に書きました。

字幕の色には、ドラマにおける重要性が見た目で分かるように配慮されており。

主人公演じる西島さんが主人公用の「黄色」で。

芦田さんの「青色」が二番手、西田さんの「緑色」が三番手となります。

だから、これに準じて、当初から二朗を丁寧に描いて盛り込むべきだったわけです。

それをやってこなかったのですから、せめて今回だけでも、「晴見フィルのその後」と「二朗の誕生日」だけに絞り込むべきだったと思います。


すべての読者様に愛と感謝の “ありがっとう!!”


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画




★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18622/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

日曜劇場『さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~』第7話

内容ついに、あおぞらホールが閉館となった。追い出されることになった晴見フィルも活動終了まで1ヶ月であるが、練習する場所も無く。団員たちはバラバラになってしまう。出来ることをやろうと促す俊平(西島秀俊)だったが、フィルの荷物の置き場所も無く。小村(西田敏行)に相談したところ、店で人生初ライブを行う予定のため、それどころではないという。そんななか鏑木(満島真之介)が、俊平の元を訪れ、ドイツの名門...

さよならマエストロ~父と私のアパッシオナート~ 第7話

あおぞらホールが閉館になってしまいます。 練習場所を失い、コンサートの予定もなく、残り1ヵ月となった晴見フィルですが、やれることがなくなってしまい、団員もバラバラになってしまいます。 小村(西田敏行)に相談しますが、自分の喜寿を記念した人生初のライブを控えていて、それどころではない様子です。 小村はクラリネットの練習に励んでいましたが、予期せぬ事態が起きてしまって・・・ 一方、天音(...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: