ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


-

春になったら (第6話・2024/2/19) 感想

春になったら

関西テレビ制作・フジテレビ系・新 月10ドラマ『春になったら』
公式リンク:WebsiteX(旧Twitter)Instagram

第6話『娘へのサプライズ!父が下した決断』の感想。



瞳(奈緒)が一馬(濱田岳)と結婚しないと宣言したことにショックを受ける一馬だが、瞳の胸中を察して了承する。雅彦(木梨憲武)は一度は受け入れた死を前に、やはり瞳と別れるのは寂しいと阿波野(光石研)にこぼす。症状の悪化に伴い、職場に病を明かした雅彦は、瞳の破談を手放しで喜べずにいた。そんなある日、瞳の婚約解消を聞いた岸(深澤辰哉)が椎名家を訪ねてくる。
---上記のあらすじは、公式サイト等より引用---


原作:なし
脚本:福田靖(過去作/DOCTORS~最強の名医、ガリレオ、龍馬伝、まんぷく)
演出:松本佳奈(過去作/東京センチメンタルシリーズ,きょうの猫村さん,コタローは1人暮らしS1,きのう何食べた?S2) 第1~3,6
   穐山茉由(過去作/映画「月極オトコトモダチ」,映画「シノノメ色の週末」) 第4,5
音楽P:福島節(過去作/「今夜すきやきだよ」音楽プロデューサー,きのう何食べた?S2)
P:岡光寛子(過去作/姉ちゃんの恋人,魔法のリノベ,ウソ婚)
 :白石裕菜(過去作/姉ちゃんの恋人,かしましめし,ウ杉咲花の撮休)
※敬称略



はじめに


異論反論は、この感想については一切受け付けない!(笑)

この投稿を読むのが当ブログで初めての人がいると思うのでプチ説明。

●私は、勤続20年目のフリーのホテル専門のイベント・ディレクター
●且つ、35年以上 1000組以上の結婚披露宴の演出を担当
●妻は大学病院勤務30年以上の原液の助産師&看護師
●私の妹が、2024年1月20日に急逝し、来月が納骨式

ここまで書けば分かると思うが。

今作について、言いたいことが山ほどある。

従って “超個人的” で “超偏見の塊” の感想であることを承知で読んでいただくしかない。

異論反論は、この感想については一切受け付けない!(笑)

<生前葬と結婚披露パーティーの合同開催>したら良いのに

まず結論というか、絶対に伝えたいこと。それは…

私が父娘の関係者だったら…
<生前葬と結婚披露パーティーの合同開催>を提案する!

以上

助産師が勤務中に倒れるのは「ありえない! プロ失格!!」

じゃあ、いつもどおりに(汗)ネチネチと書いてみよう(笑)

まず、助産師が勤務中、それも指導中に妊婦さんたちの前で倒れるのは…

妻に言わせたら「ありえない!」「プロ失格!!」だそうだ。

だって、助産師は妊婦さんや家族の健康と安全を考えることも当然だが。

産まれてくる赤ちゃんの健康と安全も考えなきゃいけない立場の人。

それが、自己の健康管理ができないのもダメだし、患者さんの前でって?

ここまで、「使えない、信用できない助産院」を盛り込んで、誰得なの???

 

では、ドラマの感想として書いてみると。

確かに、いろんな心労が重なって… は、分からなくもない。

だったら、父がついに仕事も辞めて、自宅療養中で看病に明け暮れて… が “ドラマ” じゃないの!

医療従事者が簡単に倒れすぎ!
仕事、なめんな! で、ある。

葬儀屋の提案で「亡き母の二十三回忌法要」で集まれば…

もう一つ、ドラマの感想としてネチネチしてみる。

演出担当が交代し、必死に「父が痛そう」に描き始めてはいるが(失笑)

痛みに波があるのも理解してるつもりだ。

それでも、これまでの回に比べたら、今回はかなり「父が痛そう」を強調したのに、「退院祝いの会」だけ無痛って(失笑×2)

折角、30分近くかけて強調したのに、そこを捨ててまで描くことか!? と。

まあ、今回を見ていて想像できるのは、“大人の事情” で葬儀社社員を盛り込まざるを得ないとのことだ。だとするなら…

主人公が 28歳で、母が亡くなったのが 6歳なのだから、亡くなって “22年” の設定だ。

だったら、葬儀屋の提案で「亡き母の二十三回忌法要」でみんなが集まる設定のほうが、どれだけ自然だったか?

だって、父にとっては亡き妻の最後の法事でしょ?

「さすがに、二十三回忌はやらないでしょ?」なら、母代わりで面倒をみてくれた祖父母の法要にしたら良かっただけでは?

あとがき

次回の予告編に触れちゃいますが。

確か、第2話で父娘で伊豆旅行に行ったくだりがあったと思いますが。

次回も、父娘で旅行? そのうえ、父が元気になってるし。

いくらなんでも、連ドラで同じネタって?

ベテラン脚本家でも、素晴らしい原作漫画と原作者がいないと、こうなっちゃうご時世なんですね(笑)

すべての読者様に愛と感謝の “ありがっとう!!”


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画




★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18602/


【これまでの感想】
第1話 第3話 第4話 第5話 

関連記事
スポンサーサイト



トラックバック

春になったら 第6話

自分たち父娘のせいで一馬(濱田岳)が芸人を辞め、それに反発した龍之介(石塚陸翔)が家出する事態に責任を感じた瞳(奈緒)は、一馬との結婚を辞める決意をします。 一馬はショックを受けますが、瞳の胸中を察して了承します。 同じ頃、人生ノートを書き終えた雅彦(木梨憲武)は、一度は受け入れたはずの死を前に、やはり瞳と別れるのは寂しいと阿波野(光石研)にこぼします。 一方で、日に日に具合が悪化して...

春になったら #06

『娘へのサプライズ!父が下した決断』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: