ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

[史実]朝ドラ「ブギウギ」関連・『♪ アイレ可愛や』と笠置シヅ子の生涯で唯一の恋愛相手のコト

[史実]朝ドラ「ブギウギ」関連・『♪ アイレ可愛や』と笠置シヅ子の生涯で唯一の恋愛相手のコト
©NHK

第11週『ワテより十も下や』を見る前に予習するも良し…

通常の感想の中に[史実]を含めると、書くのも難しいし。

反転文字にすると読者様も面倒かなと思ったので、以前のように今回も[史実]を一つの記事にまとめてみた。

第11週『ワテより十も下や』を見る前に予習するも良し。

第11週『ワテより十も下や』を見てから事実と比較するも良し。

とにかく、朝ドラ『ブギウギ』を、より楽しんでいただけたら嬉しい限りだ。

また、下記の[史実]は自伝や伝記などをもとに、それなりに事実確認はしている。

だが、なにぶん戦時中のことであり、芸能界のことだから、どこまで真実なのか各自で判断していただきたい。

※以下、敬称略。

第11週『ワテより十も下や』イントロ部分を深読みしてみる

さて、最初の話題は『♪ アイレ可愛や』だ。

劇中では、私生活では母・ツヤ(水川あさみ)の病死、弟・六郎(黒崎煌代)の戦死、父・梅吉(柳葉敏郎)との別れを乗り越えた福来スズ子(趣里)。

公私の公では、アメリカとの戦争に終わりが見えない昭和18年(1943)。

「福来スズ子とその楽団」は、羽鳥善一(草彅剛)に作曲してもらった『♪ アイレ可愛や』を歌って、地方巡業を重ねる。

そんな展開が第11週『ワテより十も下や』のイントロ部分だと思う。

では、早速、うんちく好きのみっきーがごちゃごちゃと語ってみる(笑)

『♪アイレ可愛や』は慰問中のシヅ子のレパートリーの一つ

『♪アイレ可愛や』は、作詩:藤浦 洸、作曲・編曲:服部良一で、昭和21年(1946)11月発売に発売された。

この曲が作られたのは、発売の3年前、昭和18年(1943)年5月。

松竹楽劇団を去り、「笠置シヅ子とその楽団」を結成して全国を慰問していた笠置シヅ子のレパートリーの1つだ。

戦時中のためジャズはもちろんのこと、米英を感じさせる曲も、不許可になった、このころ。

作詞家の藤浦 洸が、「大東亜共栄圏の曲ならいいだろう」という着想から「Ire」というタイトルで作詞をした。

「大東亜共栄圏」とは、第二次世界大戦中に日本が提唱した概念。

アジア・太平洋地域の国々が協力し、共栄することを目指すというイデオロギーで、当時の日本の軍国主義的な政策(プロパガンダなど)の一環として展開された。

「Ire」は英語の単語で、「怒り」や「憤り」を表す言葉

また、「Ire」は英語の単語で、「怒り」や「憤り」を表す言葉で、形式的な(フォーマルな)表現として使われること(文学的な文脈や硬い文章など)がある。

「Ire」を一般的にし、くだけた表現とされるのが。「anger」となる。

要するに、作詞の藤浦は、戦争への「怒り」「憤り」を『Ire(アイレ)』というタイトルに込めて。

その意図を国家に欺くために、「アイレ=若い女性の名前」に仕立てたのだ。

その意図を汲み取った作曲の服部は、架空の<アジア・太平洋地域の国>に住む“アイレ” という名の娘の歌として、南方の異国情緒漂うシンプルな曲調に仕上げた。

「南方の曲調」の特徴は、特に東南アジアや南アジアの影響を指すことが多い。

伝統的な楽器、独特なリズム、独自の旋律やスケール、エキゾチックな場所、情熱的な愛情などの感情描写で表現される。

『アイレ可愛や』を聞けば気づくと思うが。

オリエンタル(東洋風)で、どこかエキゾチック(異国情緒な味わい)でもあり。

メロディや節回しは日本の民謡調でもある。

日本古来からの日本人の精神や生活を描写しつつ根付いてきた「ザ・民謡」とは違う、日本人らしい精神や魂がベースに貫かれながらも、アジアン(asian=アジア風)が漂う「シン・民謡」とでも例えようか。

のちの文献でも、シヅ子が慰問の際に好んで歌っていたと残されている。

この投稿時点で、どのように趣里さんが唄うのか分からないが、アメリカの匂いが漂う和製ジャズ調の楽曲たちとは異なるパフォーマンスに期待したい。


笠置シヅ子の生涯で唯一の恋愛相手のコト

続いては、第11週のサブタイトル『ワテより十も下や』に関連する<笠置シヅ子の生涯で唯一の恋愛相手のコト>について。

『♪ アイレ可愛や』が製作されたのが発売の3年前、昭和18年(1943)年5月で。

<コト>は、1943年(昭和18年)4月から始まる。

シヅ子は、慰問興行中に名古屋で、“9歳下” の早稲田大学生の<吉本穎右(よしもと えいすけ)>と出会う。

穎右は吉本興業の創業者である吉本せいの次男で、吉本興業の後継者として期待されていた。

因みに、吉本せいは、朝ドラ『わろてんか』(NHK/2017年度下期)のヒロイン・てん(葵わかな) のモデルだ。

また、シヅ子と吉本興業の関係は、ここでは省略させていただく。

シヅ子と穎右は2回にわたり顔を合わせており、その1回目は穎右はシヅ子の大ファンだと紹介されていただけ。

初対面の際、穎右は緊張からか「ボウっととしてまんねん」と答えて、シヅ子を和ませたと記録がある。

シヅ子と穎右が、恋に落ちるまで

続いて2回目は、シヅ子はその翌日に神戸公演があり、穎右は私用で和歌山に行く予定があった。

穎右はシヅ子と一緒に汽車に乗る約束をし、事前に自分とシヅ子の席を予約した。

汽車に乗り込む際には重い荷物も手伝い、差し向かいの席で会話が弾だそうだ。

シヅ子は当初、年齢や身分の差を気にせず、穎右を弟として扱っていたが、お互いの家を行き来するうちに次第に惹かれ合うようになる。

初対面から約1年半後の昭和19年(1944)の11月末、サイパンの戦いの敗北により米軍の東京へのB-29の襲来が始まった。

シヅ子と穎右は死を覚悟するような恐怖の中で、二人は恋に落ちた。

同棲生活と終戦

その後、戦況が悪化するも、シヅ子と穎右は関係を深めたが。

半年後の昭和20年(1945)5月25日の東京大空襲で、東京の空襲で邸宅が焼失。

穎右は新たな借家を見つけ、シヅ子と同棲を始める。

しかし、避難所となった邸宅では他の被災者も同居し、シヅ子は慌ただしい生活を送る。

そんなときでもシヅ子は穎右の身の回りの世話を楽しそうにこなし、周囲の人から焼きもちを焼かれるよう日々だった。

同棲開始から2か月半後、8月15日に日本が降伏し、戦争が終結した。

補足としては、このころ師匠でもある服部良一は作曲家としてよりもピアニストとして中国に慰問に行くことが多く、シヅ子は芸能活動を吉本興業のマネージメントに頼っていたという現実があった。

シヅ子生涯唯一の恋愛相手・穎右との同棲わずか半年で終了

終戦後、シヅ子は早くも昭和20年(1945)11月に再開場した日本劇場の最初のショーに出演。

そのころ、中国・上海にいた服部良一も復員し、昭和21年(1946)の日本劇場の新春公演「踊る竜宮城」で舞台音楽を担当して音楽活動を再開、シヅ子とも再会する。

このころのシヅ子は、同棲中の恋人・穎右は早稲田大学を中退し、叔父・林弘高が吉本興業から分離独立させた吉本株式会社(東京吉本)に入社し、同棲は解消されていた。

実は、穎右が早稲田大学を中退してまで、東京吉本に入社した理由は。

シヅ子と結婚するための準備と、シヅ子には早く舞台を辞め、結婚して家庭に入ってほしいと願ったとの説もある。

舞台を辞めることを悩んだシヅ子は、穎右との関係にけじめをつけるために、結婚するまでは一旦同棲を解消した。

これが、シヅ子が生涯唯一の恋愛相手となった穎右との同棲であり、5月に始まり11月までのわずか半年で終了したというわけだ。

今回で書くのは、ここまで。

その後、シヅ子と穎右がどうなるのかは、“ドラマ” の展開次第で書こうと思う。

あとがき

以前の投稿でも書いたとおり、今作は[史実]をうまくアレンジ、特に年表上の順序を入れ替えることで、今作が伝えたいことを強調しようとしています。

それを私は「歌うこと、歌を聴くことで、誰もがハッピーになれる物語」だと思っています。

そのことが当たるかハズレるか?

その辺も個人的には気にしつつ、大いに楽しみたいと思います。

来週も一緒に今作を応援していきましょう!

結びに

ほんなら、また来てな。
それでは、また来てね。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

【Amazon.co.jp限定特典】
  ★Amazon → メガジャケット

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

【限定特典】
  ★Amazon → 通常盤の2倍のメガジャケ

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18412/


【これまでの感想】

第1週『ワテ、歌うで!』
1 2 3 4 5 
第2週『笑う門には福来る』
6 7 8 9 10 
第3週『桃色争議や!』
11 12 13 14 15 
第4週『ワテ、香川に行くで』
16 17 18 19 20 
第5週『ほんまの家族や』
21 22 23 24 25 
第6週『バドジズってなんや?』
26 27 28 29 30 
第7週『義理と恋とワテ』
31 32 33 34 35 
第8週『ワテのお母ちゃん』
36 37 38 39 40 

朝ドラ「ブギウギ」の"♪楽しい~お方もぉ~~~"もCD化! 劇中歌を集めた「福来スズ子 傑作集」発売決定  新窓で開きます

"史実"朝ドラ「ブギウギ」笠置シヅ子の東宝移籍騒動ミステリー 新窓で開きます

朝ドラ「ブギウギ」オリジナル・サウンドトラック Vol.1★2023/12/20発売!!  新窓で開きます

朝ドラ「ブギウギ」の“花田家”と“はな湯”の[史実]を知ると<ドラマ>の奥深さが更に見えてくる! 新窓で開きます

第9週『カカシみたいなワテ』
41 42 43 44 45 
第10週『大空の弟』
46 47 48 49 50 
第11週『ワテより十も下や』

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: