ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

コタツがない家 (第8話・2023/12/6) 感想

コタツがない家

日本テレビ系・水曜ドラマ『コタツがない家』
公式リンクWebsiteX(旧Twitter)InstagramTikTok

第8話『シン・嫉妬怪獣』、ラテ欄『ダメ夫家出で新展開 離婚危機! 元凶のガンコ親父に怒りの鉄槌』の感想。


悠作(吉岡秀隆)が「しばらく1人になって考える」と手紙を残して家出した。達男(小林薫)が悠作にした仕打ちに万里江(小池栄子)が憤る中、順基(作間龍斗)が清美(高橋惠子)の家に恋人らしき男性がいたという情報を持ち込む。絵画教室の先生でただの友人だと清美は言うが、納得がいかない達男は不満を爆発させる。一方、同級生の家に身を寄せる悠作は、ある結論を出して家に帰る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:金子茂樹(過去作/世界一難しい恋(セカムズ),もみ消して冬,俺の話は長い,コントが始まる)
演出:中島悟(過去作/デカワンコ,セカムズ,これは経費で落ちません!,俺の話は長い) 第1,2,5,7
   丸谷俊平(過去作/#リモラブ,ハコヅメ,すきすきワンワン!) 第3,4,6
   苗代祐史(過去作:演出補/ムチャブリ!わたしが社長になるなんて,初恋の悪魔) 8
CP:田中宏史(過去作/家庭教師のトラコ,Dr.チョコレート,最高の教師1年後、私は生徒に■された)
P:櫨山裕子(過去作/セカムズ,俺の話は長い,#リモラブ)
音楽:金子隆博(過去作/朝ドラ「カムカムエブリバディ」)
   岡出莉菜(過去作/田家の朝)
主題歌:石川さゆり「ダメ男数え唄」作詞:金子茂樹,作編曲:阿久津健太郎)
ナレーション:高橋惠子(貝田清美 役)
制作協力:オフィスクレッシェンド(過去作/世界一難しい恋,もみ消して冬,俺の話は長い,すきすきワンワン!)
※敬称略



演出担当が "今作初担当" の苗代祐史氏に

殆どの読者様が興味関心のない事案だと思うが(苦笑)

演出担当が、今週は今作初担当の苗代祐史氏になった。

先週まで公式サイトに名前が掲載されていなかったので少々驚いたが。

まあ、先日のTBS『下剋上球児』もそうだったが。

当初からそれなりの高視聴率が見込める連ドラの終盤では比較的若手演出家を起用して、プライムタイムで通用するか腕試し的なことをやるのはお約束ではある。

更にこの苗代氏は、2017年から8作品のドラマの演出を担当しているが、すべて「演出捕/助監督」。

従って、練習…(以降、自粛)

今回は更に二つの世界を盛り込んで広げてきた

今回の見どころは、「脚本」と「俳優・演技」だったと思う(苦笑)

まずは、脚本の良かった点。

ほかの “ドラマ” の感想でも常に描き続けていることだが。

私は
 ●主人公が生きている世界
 ●主人公が生かされている世界
 ●主人公が生きているから成立する世界
を巧みに交錯し影響しあう脚本が面白いドラマの基本だと思っている。

今作は、これまでもいくつかの世界を交錯させてきたが、今回は更に二つの世界を盛り込んで広げてきた。

一つは、‘ジンさん’こと・倉谷(小堺一機)が加わった主人公の母・貝田清美(高橋惠子)の世界。

もう一つは、親友・飾磨哲央(安田顕)が加わった悠作(吉岡秀隆)の世界だ。

前者の世界では、“老後の男女の幸せのカタチ” を象徴し。

後者の世界では、“子育て中の夫婦の幸せのカタチ” を象徴していた。

この主人公・万里江(小池栄子)は前者の世界、夫・悠作は後者の世界を目の当たりにすることで、それぞれのパートナーにとっての本当の幸せを考えて、次の一歩を踏み出したのだが…

これが、今回だったと思う。

各登場人物の本音を "考察" して楽しむのが正しい見方?

なぜ、上記の三つの世界が巧みに交錯し影響しあう脚本が面白いドラマの基本なのか?

それは、今回を見ても分かるように、それぞれが直接感受う表現しなくても、それぞれの世界での受け止め方を描くことで、客観的に気持ちが見えてくるからだ。

今作の登場人物たちの面白さは、口から出る言葉が本音なのかウソなのか、照れなのかごまかしなのか、曖昧なところだ。

だから、昨今の流行りの言葉で例えるなら、各登場人物の本音を “考察” して楽しむのが正しい見方だと思う。

そして、行きつくところは「結婚とは?」「夫婦とは?」「親子とは?」「仕事とは?」「人生とは?」とつながって、最後は「人間とは?」に着地する… と思うし、そうなるのを期待したい。

"コタツのある家"で、哲央と悠作が焼酎のお湯割りを…

今作の「俳優・演技」で、なるほどなぁと感心したのが。

“コタツのある家” で、哲央と悠作が焼酎のお湯割りをちびちび飲んで語り合う場面だ。

感心したのは、安田顕さんと吉岡秀隆さんが焼酎のお湯割りを作り、飲み、食べながら、寄っている演技をしつつ、見事に会話劇を成立させたことだ。

相手をしっかり見ながらセリフをしゃべる芝居と、お酒をつくったりつまみを食べたりの芝居を同時進行しつつ、二人で掛け合いまでやっていた。

複数台のカメラを同時に使うマルチ撮影の効果もあって、悠作が一大決心をするシーンとして、とても見ごたえがあった。

因みに、万里江の実家も “コタツのある家” だ。

会話劇ドラマで、特に大事なのは…

ちょっと気になったのは、演出だ。

何というか… 引きの画の画角が中途半端に引きすぎて、俳優さんたちの表情がやや見づらかった。

また、特にメインの深堀家のリビングのシーンでは、前述の6台のカメラによるマルチ撮影はいかされてはいたが。

如何せん、カットの切り替えが多くて目まぐるしいうえに。

カットチェンジに一定のリズムがないから、単純に見ていて疲れてしまった。

やはり、俳優さんの表情を見せること、テンポが良いことは、会話劇では特に大事だと思う。

今後に期待したい。

あとがき

人によっては、「悠作の横柄な態度が許せない」ってこともあるでしょうね。

でも、それを含めて<深堀家の日常>であり、そんな日常を赤裸々に描くのが今作の面白味だと思います。

よその家庭から見たら「?」なことでも、その家庭では普通ってこと、いくらでもあると思います。

“ちょっと風変わりなお隣さん” を覗き見るようなホームドラマ、最近は少ないので基調だと思って、見続けるつもりです。

この会話劇が、円盤として発売決定ですね(たのしみ…)

すべての読者様に愛と感謝の “ありがっとう!!”


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18403/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: