ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「ブギウギ」 (第9週/土曜日版・2023/12/2) 感想

連続テレビ小説「ブギウギ」

NHK総合・連続テレビ小説『ブギウギ』
公式リンク:WebsiteX(旧Twitter)InstagramYouTube

第9週『カカシみたいなワテ』の「土曜日版」の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


スズ子(趣里)と梅吉(柳葉敏郎)が一緒に東京で暮らし始めて1年。梅吉は酒びたりになっていた。スズ子はそんな梅吉とぶつかることも多く、親子仲はどんどん悪くなってしまう。舞台でも、スズ子の歌が時局に合わないと警察に強制中止させられるなど、歌う楽しさは無く、客は減ってしまい、どうしたらいいのか迷ってしまう。そして、これまで公演を続けていた梅丸楽劇団にもついにその時が訪れる。
---上記のあらすじは[公式サイト]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:足立紳(過去作/六畳間のピアノマン,拾われた男 Lost Man Found) 第1~8
   櫻井剛(過去作/表参道高校合唱部!,あなたのブツが、ここに) 9
演出:福井充広(過去作/てるてる,家族純情きらり,ミス・ジコチョー) 第1,3,8
   二見大輔(過去作/半分、青い。,なつぞら,カムカムエブリバディ)
   泉並敬眞(過去作/まんぷく,スカーレット,カムカムエブリバディ) 第2,7,9
   鈴木航(過去作/あさが来た,べっぴんさん,スカーレット) 第4,5
   盆子原誠(過去作/カーネーション,とと姉ちゃん,おちょやん) 第6
音楽:服部隆之(過去作/王様のレストラン,翔太の寿司,のだめカンタービレ,HERO)
歌劇音楽:甲斐正人(過去作/映画「蒲田行進曲」(松竹/1982)劇伴担当)
舞台演出:荻田浩一(過去作/元宝塚歌劇団所属の演出家)
ロゴ・OP映像:牧野惇(過去作/東京パラリンピックのオ-プニング映像)
主題歌:中納良恵・さかいゆう・趣里「ハッピー☆ブギ」
語り:高瀬耕造(NHK大阪アナウンサー)
「土曜日版」ナレーション:北郷三穂子(NHK大阪アナウンサー)
制作統括:福岡利武(なつぞら,青天を衝け)
     櫻井壮一(過去作/おちょやん,あなたのブツが、ここに)
※敬称略



"こんなご時世" 感が微妙に弱い

ウチのブログに来てくれて、ありがとさん。
(私のブログに来てくれて、ありがとうございます。)

「初めまして」の皆様も、ご常連の皆様も、ウチが管理人のみっきーやで!
(「初めまして」の皆様も、ご常連の皆様も、私が管理人のみっきーです!)

今回の感想は、気になったことを3つ書いて。
そのあとに予想外の評価を書いてみる(笑)

気になったことの一つめ。

「本編」の仕上がりが<先週までと比較して>今一つだったからやむを得ないが。

やはり、“こんなご時世” 感が微妙に弱いのだ。

「三尺四方の枠」と「軍人と警察」だけでは、如何せん弱い。

もちろん、「本編」があれだったから無い袖は振れないのだが。

だからこその “土曜日版用ナレーション” なのでは?

特に、福島出身の弟子入り志願者・小林小夜(富田望生)が登場してから、もっと補強したら良かったと思う。

「下手な切り抜き動画」になっていたのでは?

気になったことの二つめ。

敢えて辛口で例えるなら「下手な切り抜き動画」になっていたのでは? と、思う。

脚本家が交代したために、コミカル要素が後退し、メリハリが薄めになり、作風が変わったのは分かる。

それを再編集しているのだから、「土曜日版」だって先週までの仕上がりと同じにいくわけがない。

ただ、気になったのは編集、いや演出家の考えた構成にするための編集内容といえば良いだろうか?

簡単にいうと、15分間のほぼ全編が。

スズ子(趣里)のセリフだけ切り抜いて、順に並べただけに見えてしまったのだ。

その結果、特に顕著なのは、小夜が登場して以降のくだりが、初見で分かりにくい編集に見えたと思う。

そうなるのは、当然だ。

だって、スズ子のセリフは状況説明だけでなく、重要な主人公の心情の吐露も含んでいるからだ。

逆に、辛島部長(安井順平)、作曲家の羽鳥善一(草彅剛)と妻・麻里(市川実和子)、そして茨田りつ子(菊地凛子)のセリフの多くが “こんなご時世” の状況説明に大きく関与している。

だから、もっと、スズ子の仕事関係のサブキャラのセリフをうまく「切り抜き動画」にしたら良かったと思う。

印象が、「本編」と「土曜日版」では微妙に違ってしまった

気になったことの三つめは。

全体の印象が、「本編」と「土曜日版」では微妙に違ってしまったことだ。

「本編」は、「梅丸楽劇団存続問題」と「梅吉と小夜の飲んだくれ問題」の、いわば “二本立て” に私には見えた。

だが「土曜日版」は、「梅丸楽劇団存続問題」がメインで、「梅吉と小夜の飲んだくれ問題」はスピンオフ的というか。

本編の感想では言及したとおり、梅吉のくだりは “こんなご時世” に無関係に近いから、そもそも今週に馴染まないのだ。

だから、しょうがないのだが。

いいや、しょうがなないでは私は済ますことができない “違う印象” を受けた。

「本編」と「土曜日版」では、梅吉の立ち位置が違う印象…

それは、「本編」の梅吉は…

妻・ツヤ(水川あさみ)の死の影響で飲んだくれの日々になり…

脚本家を目指すも思うようにならず、<自分も娘も>馬鹿にされたと思いこんでキレた!

そんな感じに受け止めていた。

しかし「土曜日版」の梅吉は…

プロ歌手として苦悩するスズ子の心情を察して飲んだくれるしかなくて…

何もしてやれない父として悶々としているときにキレちゃった!!

こんな感じに見えてしまったのだ。

ラストのおでん屋シーンへの持って行き方なんて。

娘を励ますことで、自分の存在を肯定し、元気をもらって仲直り…

そんな風に見えるほうに編集していたのでは? と、思う。

も一つ加えるなら、小夜についても、スズ子に立ち直らせてもらったキャラに見えた。

櫻井剛氏の脚本にはまだまだ期待できる… と、思うワケ

断っておくが、上記の「本編と土曜日版の差異」を否定しているのでない。

むしろ、歓迎、評価しているのだ。

“このご時世” の影響を受けているのはスズ子と関係者という位置づけで。

梅吉と小夜は“このご時世” とは別の “何か” に翻弄されているキャラの位置づけ

ちゃんと、両者にメリハリをつけてあるのだから。

そして、“何か” に翻弄されているキャラだから…

ここからは私の勝手な妄想、予想で、こうなっていいよ! な展開として。

梅吉は、東京に区切りをつけて故郷の香川に帰り。

小夜は、救いの神的存在のスズ子の付き人となって「福来スズ子とその楽団」を支える。

もしも次週がこうなったら、櫻井剛氏の脚本にはまだまだ期待できる… と、思う。

あとがき

金曜日の感想で言及した「黄金比」と、その直後の “カカシ” にインスパイアしたような大の字に寝るスズ子が、両方ともカットされていましたよね。

それで、分かったんですよ。

脚本がいわんとした内容は「土曜日版」で、「本編」は演出がブレていた… って、ことが。

だから、「土曜日版」の演出担当は修正したと思います。

だって、こっちのほうが、戦争とホームドラマがちゃんと両立してますもん。

娯楽と戦争、父と娘、歌手とファンも、それぞれ強調されていますし。

きっと、演出家が交代した脚本家に正しく対応できなかった… そんなところではないでしょうか。

「土曜日版」で修正されたので、今後への心配も薄まって良かったです。

みっきー's ブギウギ(第6回)

今日は「植物図鑑」はお休みします。
月曜日用に素敵な写真を準備しますので、乞うご期待!

今朝は、スカッと5時過ぎに目が覚めまして。

そこで、日の出を待たずにウォーキングに出かけました。

すると、途中できれいな日の出が見えたので、パチリ。

初冬の朝日

そこで、いつもは『きのう何食べた?』の感想の後に投稿しますが。

今日は気分転換で逆にしてみました。

皆様も早起きすると得した気分になりません?

結びに

ほんなら、また来てな。
それでは、また来てね。

すべての読者様に愛と感謝の “ありがっとう!!”


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

【Amazon.co.jp限定特典】
  ★Amazon → メガジャケット

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

【限定特典】
  ★Amazon → 通常盤の2倍のメガジャケ

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/18394/


【これまでの感想】

第1週『ワテ、歌うで!』
1 2 3 4 5 
第2週『笑う門には福来る』
6 7 8 9 10 
第3週『桃色争議や!』
11 12 13 14 15 
第4週『ワテ、香川に行くで』
16 17 18 19 20 
第5週『ほんまの家族や』
21 22 23 24 25 
第6週『バドジズってなんや?』
26 27 28 29 30 
第7週『義理と恋とワテ』
31 32 33 34 35 
第8週『ワテのお母ちゃん』
36 37 38 39 40 

朝ドラ「ブギウギ」の"♪楽しい~お方もぉ~~~"もCD化! 劇中歌を集めた「福来スズ子 傑作集」発売決定  新窓で開きます
"史実"朝ドラ「ブギウギ」笠置シヅ子の東宝移籍騒動ミステリー 新窓で開きます
朝ドラ「ブギウギ」オリジナル・サウンドトラック Vol.1★2023/12/20発売!!  新窓で開きます
朝ドラ「ブギウギ」の“花田家”と“はな湯”の[史実]を知ると<ドラマ>の奥深さが更に見えてくる! 新窓で開きます

第9週『カカシみたいなワテ』
41 42 43 44 45

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『ブギウギ』土曜版第9週

奇妙な言い回しだが。まさに“ダイジェスト”という感じだね。脚本が交代したことで、“本編”の印象が変わり。で。それを編集しているんだから、ある程度は、仕方ないのかもしれません。先ずは、今回の“土曜版”。内容よりも気になったのは、構成というか編集。本編が本編だから、仕方ない部分はあるのだが。今回の“ダイジェスト”は、基本的にセリフの羅列になってしまっていることだ。セリフ、セリフ。画面が切り替わっ...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: