ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

いちばんすきな花 (第8話 ・2023/11/30) 感想

いちばんすきな花

フジテレビ系・木曜劇場『いちばんすきな花』
公式リンク:WebsiteX(旧Twitter)Instagram

第8話『4人の美鳥ちゃん?思い出の答え合わせ』の感想。



ゆくえ(多部未華子)がよく電話をする相手・美鳥(田中麗奈)を巡る疑問が生じる中、椿(松下洸平)の家で帰り支度をするゆくえと夜々(今田美桜)と紅葉(神尾楓珠)は「嫌いなポジティブワード」の話題に。話に加わった椿は、考えるうちにつらくなり、他の3人に背中をさすられる。その後、ゆくえは美鳥と対面。ゆくえ以外の3人が集う椿の家では、夜々と紅葉が帰宅した後、ある人物が訪ねてくる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:鈴木吉弘(過去作/踊り場にて,silent)
演出:髙野舞(過去作/アライブがん専門医のカルテ,silent) 第1,2,5
   谷村政樹(過去作/カインとアベル,女神の教室) 第3,6
   ジョンウンヒ(過去作/ドラマ不明or無し?) 第4,7
音楽:得田真裕(過去作/家売るオンナシリーズ、アンナチュラル、インハンド、MIU404、石子と羽男、星降る夜に)
主題歌:藤井風「花」
制作協力: AOI Pro.(過去作/架空OL日記,コタキ兄弟と四苦八苦,きょうの猫村さん,俺の可愛いはもうすぐ消費期限!)
※敬称略


原作:なし
脚本:鈴木吉弘(過去作/踊り場にて,silent)
演出:髙野舞(過去作/アライブがん専門医のカルテ,silent) 第1,2,5,8
   谷村政樹(過去作/カインとアベル,女神の教室) 第3,6
   ジョンウンヒ(過去作/ドラマ不明or無し?) 第4,7
音楽:得田真裕(過去作/家売るオンナシリーズ、アンナチュラル、インハンド、MIU404、石子と羽男、星降る夜に)
主題歌:藤井風「花」
制作協力: AOI Pro.(過去作/架空OL日記,コタキ兄弟と四苦八苦,きょうの猫村さん,俺の可愛いはもうすぐ消費期限!)
※敬称略

まえがき

万が一、ネット検索でこの感想に漂着してしまった読者様に断っておく。

そもそも、放送前から感想を書く以前に、一切見るつもりはなかった。

しかし、同日の夜9時から放送のドラマが面白くなくなったので、時々今作の感想を書いただけ。

そして今回は、「辛口でも感想を書いてほしい」との要望があったので書くだけ

一応、その程度のテンションで今作に向き合ったことだけご承知おきいただきたい。

そもそも、"ドラマ" の体をなしていない

早速、「本編」の感想だ。

私が今作を評価しない一番の理由は、“ドラマ” の体をなしていないことが挙げられる。

私にとっての “ドラマ” とは “人間の本質” を描くことで。

やたらとセリフの応酬を聞かせ見せるのは、作り手の自己満足でしかない。

そもそも、ここまでセリフを淀みなく連発、隙間なく連結するのは「会話」「会話劇」というだろうか?

一方的に登場人物たちが発するセリフだけが流れるだけで、こちらがキャラクターの心中を察する間も、推測する間もいただけない。

間違って、全く他人の学生時代の同窓会に入り込んでしまったような疎外感とでもいおうか。

さすがに、もう少し視聴者を受け手として配慮すべきと思うが。

その延長線上でいえば、たいして高視聴率でもないのに、今回を初めて見る人への配慮も皆無。

プロの作り手なら、最終回まで一人でも多くの視聴者に見てほしい、楽しんでほしい… で、ないのか!

4人以外のサブキャラクターの過去を延々と

さて。美鳥(田中麗奈)(中学生時:上坂樹里)への興味関心がほぼないのに、回想シーンを延々と見せられた。

以前にも第4話のプチ感想で書いた。

主人公が4人もいるのだから、4人を丁寧に描き込むつもりなら、過去に執着して描くより、今と未来を描くべきでは? と。

しかし今回は、4人以外のサブキャラクターの過去を延々と。

まあ、ぎりぎりメイン4名がかかわってはいるが。

ここまで盛り込むなら、最初からクワトロ主演ではなく、クインティプル主演にしたらよかったのに(苦笑)

やり方次第では “隠れキャラ” 的に立ち回れたと思うが。

とにかく、「今さら?」「後出し?」感が強くて、田中麗奈さんと上坂樹里さんがいい俳優さんだけにもったいなかった…

あとがき

今作の感想は最後だと思うので。

この手の “ドラマ” は登場人物たちの日常を丁寧に描くことで、そこに生じる違和感に注目させて、物語を紡いでいくものだと思います。

その観点では、徹底的に登場人物たちの日常や背景は作り込まなければいけません。

特に異業種のキャラが行き交う時は、仕事、職場を矛盾なくしっかりと描き込む必要があります。

そうでないと、キャラクターの生活基盤が崩壊した状態になり、日常描写なんかやっている場合ではなくなるからです。

今作は、ここが完全に欠落していると、私は思います。

脚本だけでなく、演出も補強する気配すらありません。

さすがに、どうかなと思います。

蛇足

『ゆりあ先生の赤い糸』のほうは、原作どおりに進んでいるので感想は書きません。

それにても。

こちらは、4度目の不倫騒ぎの斉藤由貴さんで、あちらは不倫癖が噂の田中哲司さん。

お盛んですなぁ(笑)

すべての読者様に愛と感謝の “ありがっとう!!”

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18391/


【これまでの感想】

第1話 第3話 第4話 第5話 第7話 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: