ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

朝ドラ「ブギウギ」の“花田家”と“はな湯”の[史実]を知ると<ドラマ>の奥深さが更に見えてくる!

朝ドラ「ブギウギ」の“花田家”と“はな湯”の[史実]を知ると<ドラマ>の奥深さが更に見えてくる!

まえがき

ウチのブログに来てくれて、ありがとさん。
(私のブログに来てくれて、ありがとうございます。)

「初めまして」の皆様も、ご常連の皆様も、ウチが管理人のみっきーやで!
(「初めまして」の皆様も、ご常連の皆様も、私が管理人のみっきーです!)

私が読んだ、笠置シヅ子さん関連の書籍から頭に残っている情報で書きます。

もちろん、可能な限り[史実]を検証しております。

ただ、本当の[真実]をお知りになりたい場合は、ご自身でお確かめください。

あくまでも、朝ドラ『ブギウギ』を楽しむ、味わうための、補足情報として受け取っていただけると幸いです。

連続テレビ小説『ブギウギ』とは?

朝ドラ『ブギウギ』とは、2023年11月24日現在 NHKで放送中の連続テレビ小説『ブギウギ』のこと。

前作『らんまん』と同様、実話ベースのフィクション。

主人公「福来スズ子(幼少期:花田鈴子)」のモデルは、大正生まれで、戦後に「東京ブギウギ」などの大ヒットで知られ、‘ブギの女王’と呼ばれた歌手・笠置シヅ子さん(1914-1985)。

『ブギウギ』は、大阪の下町で暮らす歌と踊りが大好きな少女が、多くの困難を乗り越えながら人々に勇気と希望を与えていく姿を描く物語だ。

今作は[史実]がうまい具合にアレンジされている

とにかく、笠置シヅ子さんの人生は波乱万丈だ。

そして、基本的に、朝ドラ『ブギウギ』は度々感想にも書いているように、フィクションでありながら[史実]に忠実な点も、『らんまん』と似ている。

しかし、今作は更に、[史実]がうまい具合にアレンジされている。

この記事は[史実]を簡略化したもので、いろいろと考えてみようと思う。

投稿時点までの放送分の[史実]の簡易年表

●父・亀井音吉と母・亀井ウメは、もともと大阪で米屋を経営

●時代が景気良くなり、大阪に労働者が増えたため米屋から銭湯に転業
 ※大正10年(1921)ごろ?
 ※米屋で稼いだお金で保健所から銭湯の権利を買う

●大阪の町に銭湯が乱立して儲からなくなり、銭湯の権利の売却金で銭湯から散髪屋に転業
 ※昭和10年(1935)ごろ?  ※労働者の衛生管理目的で銭湯が増加し、散髪屋も人気になった

●このころ、シヅ子は「松竹楽劇部生徒養成所」に入所弟・八郎は散髪屋の手伝い
 ※既に、母ウメは体調が優れなかった

●昭和13年(1938)1月8日散髪屋を手伝っていた弟・八郎(19歳)が出征したため、散髪屋は廃業

●この少しあと、母・ウメは胃がんと心臓が弱って歩行困難なほどに衰弱

●弟・八郎の出征から3か月後、シヅ子は東京の松竹楽劇団の創設メンバーに選ばれ、母を父に託して上京
 ※散髪屋を開業したばかりで、シヅ子は一家の稼ぎ頭、大黒柱として働くために上京を決意

●シヅ子は母の危篤の知らせを受けるも、舞台の代役が見つからず帰阪できず、母・ウメが死去
 ※昭和14年(1939)9月11日

●昭和16年(1941)、弟・八郎25歳の戦死を知り、父・音吉と東京で暮らす

●昭和20年(1945)5月25日、東京大空襲で自宅が焼失し、音吉は故郷の香川に帰る

※敬称略(謝)

本当に、よく考えられている初期設定であり、流れ

ざっくりと[史実]を見てみると分かることがある。

それは、[史実]どおりに描くと、「花田家の物語」になってしまう可能性が高くなるが。

銭湯の設定の長く引っ張ることで、「スズ子の物語」に見えるのだ。

梅吉「はな湯が のうなったら…
 ツヤちゃんが ホンマに おらんようになってまう」


要するに、波乱万丈なのが「花田家」ではなく、「スズ子」にするための初期設定と展開になっているってことなのだ。

更に、銭湯を廃業して、理髪店に転業するくだりをやらずに。

ゴンベエが後継者になることで、物語が続く。

いや、何よりも良いのは、「主人公が生きている世界」と「主人公が生かされている世界」と「主人公が生きているから成立する世界」がさらに広がりつつ、強い結びつきが生まれることだ。

本当に、よく考えられている初期設定であり、流れだと思う。

あとがき

上記の事から、ゴンベエには特定の “モデル” はおらず。

作家が、義理と人情の世界を描く、いや、その世界が続いていくことを表す大切な気オリジナル・キャラクターとして創出したのだと推測します。

それにしても、義理と人情に奇跡を加えることで、なお一層フィクションとファンタジー、[史実]とのバランスが良くなったと思います。

ホント、傑作になるかもしれませんね。

結びに

ほんなら、また来てな。
それでは、また来てね。

すべての読者様に愛と感謝の “ありがっとう!!”


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

【Amazon.co.jp限定特典】
  ★Amazon → メガジャケット

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

【限定特典】
  ★Amazon → 通常盤の2倍のメガジャケ

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18375/


【これまでの感想】

第1週『ワテ、歌うで!』
1 2 3 4 5 
第2週『笑う門には福来る』
6 7 8 9 10 
第3週『桃色争議や!』
11 12 13 14 15 
第4週『ワテ、香川に行くで』
16 17 18 19 20 
第5週『ほんまの家族や』
21 22 23 24 25 
第6週『バドジズってなんや?』
26 27 28 29 30 
第7週『義理と恋とワテ』
31 32 33 34 35 
第8週『ワテのお母ちゃん』
36 37 38 39 40

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: