ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「ブギウギ」 (第38回・2023/11/22) 感想

連続テレビ小説「ブギウギ」

NHK総合・連続テレビ小説『ブギウギ』
公式リンク:WebsiteX(旧Twitter)InstagramYouTube

第38回第8週『ワテのお母ちゃん』の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


六郎(黒崎煌代)は、入隊する前にお世話になった人の元を訪ねていた。そして、東京のスズ子(趣里)のもとにもやってくる。久しぶりに再開した二人は、姉弟水入らずで話をする。スズ子はツヤ(水川あさみ)の病状があまり良くないようだと六郎から聞かされる。そして、六郎自身も戦争に行くのが実は怖いのだと打ち明けられる。そんな六郎を見送ってからしばらくした頃、公演真っ最中のスズ子に、大阪から電報が届く。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:足立紳(過去作/六畳間のピアノマン,拾われた男 Lost Man Found) 第1~8
   櫻井剛(過去作/表参道高校合唱部!,あなたのブツが、ここに)
演出:福井充広(過去作/てるてる,家族純情きらり,ミス・ジコチョー) 第1,3,8
   二見大輔(過去作/半分、青い。,なつぞら,カムカムエブリバディ)
   泉並敬眞(過去作/まんぷく,スカーレット,カムカムエブリバディ) 第2,7
   鈴木航(過去作/あさが来た,べっぴんさん,スカーレット) 第4,5
   盆子原誠(過去作/カーネーション,とと姉ちゃん,おちょやん) 第6
音楽:服部隆之(過去作/王様のレストラン,翔太の寿司,のだめカンタービレ,HERO)
歌劇音楽:甲斐正人(過去作/映画「蒲田行進曲」(松竹/1982)劇伴担当)
舞台演出:荻田浩一(過去作/元宝塚歌劇団所属の演出家)
ロゴ・OP映像:牧野惇(過去作/東京パラリンピックのオ-プニング映像)
主題歌:中納良恵・さかいゆう・趣里「ハッピー☆ブギ」
語り:高瀬耕造(NHK大阪アナウンサー)
「土曜日版」ナレーション:北郷三穂子(NHK大阪アナウンサー)
制作統括:福岡利武(なつぞら,青天を衝け)
     櫻井壮一(過去作/おちょやん,あなたのブツが、ここに)
※敬称略



まえがき

ウチのブログに来てくれて、ありがとさん。
(私のブログに来てくれて、ありがとうございます。)

「初めまして」の皆様も、ご常連の皆様も、ウチが管理人のみっきーやで!
(「初めまして」の皆様も、ご常連の皆様も、私が管理人のみっきーです!)

読むのに少々お時間をいただきますが、今回の感想も長文です。申し訳ございません。

この構成だから、次の3つを約45秒間のアバンで描ける

なかなか、いいアイデアが詰まっているアバンタイトルだ。

前回で、大阪で一度両親らとの別れの出征を描いたあと、今度はきょうだいの別れを描く。

私が見てきたドラマの多くが、出征シーンは一度が普通だ。

しかし、“もう一度” となると、いろんな意味を付け加えることができる。

●単純に、過去の作品、類似作品との差別化。

●出征する六郎(黒崎煌代)の世話になった人への思いの深さ。

●東京で暮らす姉・スズ子(趣里)への特別な思い。

これら3つを約45秒間のアバンで描けるのだ。

序盤で、改めてキヌとの話と切り分けておくことによって…

その見せ方魅せ方もうまい。

お約束のCMT(チズ・マシンガントーク)の出迎えのやり取りをカットして、夜食でのおもてなしからスタート。

このことで、ホームドラマらしさを強調しつつ。

チズ(ふせえり)と夫・吾郎(隈本晃俊)の “東京の両親” らしさを描き。

チズ「きょうだいだっていうのに 全然 似てないね」
六郎「当たり前や。ワイと姉やん 血ぃつながってな…」


第5週『ほんまの家族や』で徹底的にシリアスに描いたスズ子と実の母親・キヌ(中越典子)との再会劇を、スズ子が六郎の頭をピシャリと叩くくだりで、見事に喜劇に変換した。

このことで、スズ子と六郎の間のわだかまりも、スズ子の中のざわざわも山を越えた… と、伝わってくる。

今週は、育ての母であるツヤ(水川あさみ)で第8週『ワテのお母ちゃん』を描く週だから…

改めてキヌとの話と切り分けておくのは、見る側が没入しやすくなる点でも有効だと思う。

「三日月のインサートカット」を深読みしてみた

敢えてキャプチャー画像は掲載しないが。

スズ子と六郎が川の字で寝ているカットの直前、短い「三日月のインサートカット」が入った。

もちろん、「夜も更けて…」の時間経過を表すカットであることは間違いないが。

私はここで “三日月の向き” に注目してみた。

いわゆる、「月を顔に見立てると、向かって左向きの三日月」だ。

これは、2020年まで日本を代表する日用品メーカーである花王株式会社のロゴマークに使われていた “三日月” と同じ向きだ。

花王は、1943年に創業当時からの「右向き三日月」を、「これから満ちていく左向きの月の方が縁起がよい」という考えから変更した(現在のロゴには月は無い)。

要するに、『ブギウギ』で使われたのが「左向きの三日月」ということは、きょうだいで再会できたことを縁起がよいという印象付けをしたかったからだと思う。

因みに、トルコの国旗、イスラムス教のシンボルマークの三日月は、右向き。

しかし、月にいろいろなものを重ねる日本人が好むのは、「左向きの三日月=上弦の月」だ。

理由はやはり、上弦の月は、満月に向かって、どんどん大きくなる、成長するから、月の光のパワーをもらえるという意味合いが強いと思う。

おっと、宣伝しておくと、このあとに、『11月の満月』の記事を投稿しようと思う。

※投稿いたしました…
2023年11月の満月"ビーバームーン"を見るなら27日(月)の夜! ※船橋プラネタリウムのGN-AT型投映機「コスモくん」間もなく卒業… 新窓で開きます

とにかく、三日月のあとの六郎からの吐露があるまでは、必要以上に暗く、辛く、悲しく見せないという演出意図はあると思う。

六郎は花田家の"家族の情態"をストレートに投影するキャラ

『ブギウギ』の中の六郎の立ち位置、存在理由は、花田家の “家族の情態” をストレートに投影するキャラクターだ。

※情態=心のありさま。また、心理的な状態と外面的な状態との総称。

香川に帰った際、出自の秘密を知って泣き崩れたスズ子を、とぼけながら強く抱きしめたのが六郎だ。

前回では、病床のツヤの横に寄り添ったこんなくだりがあった。

六郎「鈍くさいん 卒業するんや」
ツヤ「あんたは 鈍くさいことなんかないで。
 ホンマは み~んな あんたみたいに
 素直で 正直になりたい 思てんねんで。ワテもや」


ツヤから褒められた六郎が、今回ではスズ子に背を向けていう。

六郎「ワイ 死ぬ時に一人は嫌や」


そして、スズ子の胸に飛び込んで赤ん坊のように泣きながら…

六郎「ワイ 死にとうないわ」


誰もが自分が死ぬことをわかっていながら、「死にたくない」と思う… 人間の、生きている人間としての、最も本質的、根源的な願望、欲望を言葉として吐く。

このことが、六郎の心の叫びであると同時に。

子どものようにピュアな青年に人を殺させるという、戦争の悲惨さや恐ろしさをストレートに投影する。

そして、六郎に何も言うことができず、ただ優しく強く抱きしめるスズ子に、命の大切さや平和の尊さが投影される。

表面的には、きょうだいの別れではあるが、そこにエンターテインメント業界を描く今作のもう一つの一面である、「歌えること」「歌を聴けること」の命の大切さや平和の尊さという、今作の本質があると思う。

映像に映りこんでいるものにたまたまそこにあるなんてない

もちろん、きょうだいの別れの朝の場面で…

第33回(2023/11/15放送)の感想で書いた、下宿の前の「理髪店」の「赤・白・青」の3色のサインポールが、「動脈の赤、静脈の青、包帯の白」にしたとの説があって。

それも、今作の本質的な部分である “命の大切さや平和の尊さ” を描写するのに一役買っているのは言うまでもない。

そう、映像に映りこんでいるものすべてに、表現するべきコトがあり、たまたまそこにあるなんてないのだ。

それは、現実社会における私たち人間も、動植物も同じ… である。

終盤は、怒涛の展開!

六郎の背中をギュッと握りしめたコブシで見送ったスズ子のあとは、怒涛の展開だ。

ツヤ「これから生きていく ワテの知らんスズ子を…
 キヌが知るんは 耐えられへん。
 性格悪いやろ。ふふ… 醜いやろ」


育ての母としての、ある意味の無念さややるせなさ。

立派に育て上げた母としての、誇りや自信や自負。

これらが “死” を前にして複雑に絡み合っている心情が、夫婦の会話として淡々と描かれる。

さり気なく、エンターテインメントの世界の裏を見せる

そして、東京のスズ子のもとへ「ハハキトク」の電報。

スズ子はステージ衣装を着て、メイクも終わっているのだから、大阪に帰るつもりはない。

「福来スズ子」としては帰るつもりはないが、「花田鈴子」は今すぐにでも帰りたい。

そこに、選択肢を与えて、プロとしての矜持を伝えたのが、演出家の竹田(野田晋市)、辛島部長(安井順平)、そして羽鳥善一(草彅剛)だ。

文字どおり、三者三様の立場、考え、主張で、スズ子に本物のプロ歌手になってほしいと訴える。

この辺のキャラクターの違いで、エンターテインメントの世界の裏を見せるのも良いと思う。

型にはまらない構成は、新鮮さがあってよい

ラストは、正に渾身のステージ、「センチメンタル・ダイナ」だ。

これまでは、月曜日から木曜日で「起承転結」をやって、金曜日でステージで幕を引くパターンが多かったが。

今週は水曜日にステージシーンを持ってきた。

このことで、今週はステージシーンが、一種の「転=スズ子の転換期」と重ねて、残りの2日間で本当の意味での「結」と、次週への「つなぎ」をやるのだろう。

型にはまらない構成、こういうのも新鮮さがあってよいと思う。

あとがき

出征を二段階で描くのは、今作らしさという意味でも良いアイデアだと思います。

母としての思い、弟としての思いを丁寧に盛り込み、 “ドラマ” としての本質部分をえぐったのも本作らしくて良かったです。

もちろん、これから大物歌手になるスズ子のプロ意識も、しっかり盛り込んだのも評価できます。

「映像に映りこんでいるものすべてに、表現するべきコトがあり、たまたまそこにあるなんてない」を、キャラクターにまで落とし込んで描いたことは秀逸以外の何物でもありません。

スゴイ15分間でした!

それと、今日は「11月22日」で「いい夫婦の日」です。

パートナーへの感謝を忘れませんように(自戒…)

みっきーの植物図鑑(第169回)

昨日、東京・日本橋の歩道脇で見つけたブルーベリーに似た実ですが、何でしょう?

ヒントに、春に咲く花の写真(©写真AC)も添えました。

ベニバナシャリンバイの果実

答えは、バラ科シャリンバイ属の常緑低木「ベニバナシャリンバイ(紅花車輪梅)」の果実です。

名前の由来は、小枝が車輪の主軸ように放射状に成長し、梅の花に似た花が咲くから。

「ベニバナ(紅花)」のわりに、4~5月に梅に似た白とピンク色の花を咲かせます。
※梅や桜も、バラ科です。

生命力が強く、特に大気汚染や猛暑に強いので、都会のオフィス街でも良く育ちます。

秋に、ブルーベリーのような身をたわわにつけますが、食べられますが、可食部は少ないです。

「シャリンバイ」の花言葉は、「そよ風の心地よさ」「純真」「愛の告白」です。

春から初夏の過ごしやすい時期に咲くので「そよ風の心地よさ」、白い花から「純真」、花がブーケのようにまとまって咲く様子から「愛の告白」でそうです。

なんとなく、今回の六郎に重なると思ったので、散る花ではなく、実りの果実を選んでみました。

結びに

ほんなら、また来てな。
それでは、また来てね。

すべての読者様に愛と感謝の “ありがっとう!!”


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

【Amazon.co.jp限定特典】
  ★Amazon → メガジャケット

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

【限定特典】
  ★Amazon → 通常盤の2倍のメガジャケ

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18367/


【これまでの感想】

第1週『ワテ、歌うで!』
1 2 3 4 5 
第2週『笑う門には福来る』
6 7 8 9 10 
第3週『桃色争議や!』
11 12 13 14 15 
第4週『ワテ、香川に行くで』
16 17 18 19 20 
第5週『ほんまの家族や』
21 22 23 24 25 
第6週『バドジズってなんや?』
26 27 28 29 30 
第7週『義理と恋とワテ』
31 32 33 34 35 
第8週『ワテのお母ちゃん』
36 37

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『ブギウギ』第38回

内容スズ子(趣里)のもとに、突然、六郎(黒崎煌代)がやって来る。「行く前に、姉やんに会おうとおもたんや」母ツヤ(水川あさみ)の病状があまり良くないと知るスズ子。そして六郎から戦争に行くのが本当は怖いと打ち明けられ。。。。敬称略作、足立紳さんなるほどなぁ。“普通”に、よくあるドラマのように一度、出征を描き。もう一度、描くかぁ。。。なるほど。やはり、“違い”を表現するのは、いろいろな意味で大切で...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: