ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「ブギウギ」 (第36回・2023/11/20) 感想

連続テレビ小説「ブギウギ」

NHK総合・連続テレビ小説『ブギウギ』
公式リンク:WebsiteX(旧Twitter)InstagramYouTube

第36回第8週『ワテのお母ちゃん』の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


昭和14年、戦争が始まろうとしており、劇団でも時局に合わせた演出をしていくとの方針が示されていた。スズ子(趣里)は、あまり派手にならなないようにと言われ戸惑う。羽鳥善一(草彅剛)もジャズができなくなるのではと心配する。一方、はな湯ではツヤ(水川あさみ)が体調を崩しており、大きな病院で見てもらったほうが良いと言われていた。そんな時、六郎(黒崎煌代)を役場の職員が訪ねてくる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:足立紳(過去作/六畳間のピアノマン,拾われた男 Lost Man Found) 第1~8
   櫻井剛(過去作/表参道高校合唱部!,あなたのブツが、ここに)
演出:福井充広(過去作/てるてる,家族純情きらり,ミス・ジコチョー) 第1,3,8
   二見大輔(過去作/半分、青い。,なつぞら,カムカムエブリバディ)
   泉並敬眞(過去作/まんぷく,スカーレット,カムカムエブリバディ) 第2,7
   鈴木航(過去作/あさが来た,べっぴんさん,スカーレット) 第4,5
   盆子原誠(過去作/カーネーション,とと姉ちゃん,おちょやん) 第6
音楽:服部隆之(過去作/王様のレストラン,翔太の寿司,のだめカンタービレ,HERO)
歌劇音楽:甲斐正人(過去作/映画「蒲田行進曲」(松竹/1982)劇伴担当)
舞台演出:荻田浩一(過去作/元宝塚歌劇団所属の演出家)
ロゴ・OP映像:牧野惇(過去作/東京パラリンピックのオ-プニング映像)
主題歌:中納良恵・さかいゆう・趣里「ハッピー☆ブギ」
語り:高瀬耕造(NHK大阪アナウンサー)
「土曜日版」ナレーション:北郷三穂子(NHK大阪アナウンサー)
制作統括:福岡利武(なつぞら,青天を衝け)
     櫻井壮一(過去作/おちょやん,あなたのブツが、ここに)
※敬称略



さり気なく「新・東京編」の始まりを感じさせるのはうまい

ウチのブログに来てくれて、ありがとさん。
(私のブログに来てくれて、ありがとうございます。)

「初めまして」の皆様も、ご常連の皆様も、ウチが管理人のみっきーやで!
(「初めまして」の皆様も、ご常連の皆様も、私が管理人のみっきーです!)

月曜日の冒頭から、ついに、いよいよ、『ブギウギ』にも<昭和14年(1939)9月>が訪れた。

もちろん、予告編で知っていたことではあるが、映像と共に、やはり戦争を描かれると暗い気持ちになる。

そこで、「東京編」の “陽キャラ” 代表格、下宿屋の女将・小村チズ(ふせえり)の登場だ。

チズ「ただでさえ うちには 大食いが 2人も…」
スズ子「お代わり よろしいでっか?」


スズ子(趣里)の現状、性格を含めて。

小鳥のさえずり、朝の日差しの差し込み方、柱時計の時報で、1分8秒のアバンタイトルをきれいにまとめた。

それも、朝ドラ、ホームドラマらしい描写で。

これくらいコンパクトでも、<秋山美月(伊原六花)のいない朝食>だけで、さり気なく「新・東京編」の始まりを感じさせるのはうまいと思う。

映像による明と暗で時代を反映させるのもやりすぎていない

メインタイトル明けは、更に「新・東京編」の始まりの印象付けだ。

演出家の松永(新納慎也)が日宝に移籍したため、辛島部長(安井順平)の横に、新しい演出家の竹田(野田晋市)だ。

外国帰りのおぼっちゃま風の松永から、お役人タイプの竹田へのシフトも、見た目で分かりやすい。

更に、朝礼の時のスズ子の衣装も、先週までは派手目な色合いが多かったが。

今回はやや抑え気味の紫がかった赤のワインレッドのスカートと靴、生成りに近い白のブラウスと靴下で。

どことなく日の丸のイメージを醸し出すのも、時節を考えると悪くはない。

ほかの舞台スタッフたちも地味目の衣装で、それらを日差しによって明るく見せるが。

朝日で落ちる長い影が、これまた不穏な足音を感じさせる。

この辺の映像による明と暗が、そのまま時代を反映させるのも、やりすぎていないという点でうまいと思う。

休憩シーンの"ローアングル"について私なりの解釈を説明

4分過ぎ、久しぶりに休憩室? が登場した。

以前に書いたが、「スズ子の恋バナ」の際の休憩室は、特に松永がいるときは俯瞰ショット(被写体を高い位置から見下ろすように撮る方法)などによって教会風に見せる演出が多かった。

しかし、松永が去った後の休憩室は、被写体の目線の高さよりも低めのカメラポジションからのローアングル(被写体を低い位置から見上げるように撮る方法)が多数使われていた。

このローアングルは映像全体が歪んでしまうデメリットがあるが(背景の柱が歪んでいるのが分かるはず)。

被写体が大きく見え、迫力のある表現になるのがメリットだ。

ヒーローもので、ヒーローが登場する際のアングルは、ほとんどが地面すれすれのカメラからのローアングルになることからも分かると思う。

そして、この休憩室の3人をローアングルで撮ることで。

セリフのやり取りは、戦争への不安や恐怖、それによる舞台への影響に心配でいっぱいだが。

心のどこかでは、「何とかなる」「まだ、やれる」と思っていることが、伝わるのだ。

そして、このシーンのラストカットは、大胆な俯瞰ショット。

床面が画面の大半を占めることで、「あれこれちっぽけな人間が心配したって、神様はみな、お見通しだよ」という感じになる。

このように、カメラで被写体をどう撮るか、高さや角度でも、いくらでもコントロールできるのが演出家の技の見せどころでもある。

因みに、ここまで読んだら、スズ子のワンショット(一人だけが映るカット)は、ローアングルを解除している演出家の意図は、もう分かると思う。

"連ドラ"らしい一貫性が、今作の安定感にもつながる

大阪の「はな湯」のくだりは、安定した仕上がりだ。

第1週『ワテ、歌うで!』の演出を担当した、今作のメイン監督である福井充広氏らしい雰囲気。

「はな湯」の常連客たちのアドリブっぽいセリフのやり取り然り。

コミカルとシリアスのバランス然り。

ちゃんと、“連ドラ” らしい一貫性が担保されており、ここが今作の安定感にもつながると思う。

熱々先生(妹尾和夫)が診察を終えて部屋から出て行く際、夕景の寂しさに加えてカラスの群れの鳴き声が遠ざかるのも、視聴者のザワザワする不安な気持ちに重なるし。

そして、兵隊が… ここも実に緩急の付け方がうまいと思う。

羽鳥のピアノ室の写真は、指揮者エマヌエル・メッテル

第29回(/11/9)で言及した『羽鳥のピアノ室の写真は、指揮者エマヌエル・メッテル』が、ようやく登場だ。

今回も詳細は書かないが、羽鳥のモデルである服部良一氏にとって、音楽家の才能を伸ばしてくれた大恩人だ。

指揮者メッテルの指揮指導が厳格なのは、世界中で有名で。

とにかく長時間続けること、繰り返すこと、スコア(譜面)を常に見ることなどが、徹底的にやられたという。

また、服部の才能は認めていたが、独学で音楽を勉強していた服部には「本当の勉強は、先生につかなければダメ、あなた、勉強してますか?」と言っていたという。

こんな[史実]があるから、今作の羽鳥にも「笑う鬼教官」のあだ名がつき、今回のような熱血漢キャラに反映されているのだと思う。

同じ俳優サンが、るい,スズ子,そして麻里の恋バナを立ち聞き

そして、羽鳥家でも柱時計がきっかけになって、こちらは羽鳥と妻・麻里(市川実和子)の馴れ初め話へ。

スズ子と松永が愛を育んだ? あの喫茶店「バルボア」が、羽鳥と麻里の出会いの場で。

先日も書いたとおり、店名「バルボア」は。パナマにある港湾「バルボア港」が由来で。

港は “出会いと別れの場所” ってことで、スタッフが名付けたそうだ。

折角、印象付けた舞台設定だから、こうやって繰り返し使うことで、また意味が出てくるのも良いと思う。

そして、朝ドラファンなら、喫茶「バルボア」のカウンター内にいるマスター、店主を演じているのが弓川信男(ボルトボルズ)さんで…

『カムカムエヴリバディ』では、「るい編(大阪編)」でるいと錠一郎がコンテストの衣裳を買うために訪れた洋服店「ダグラス」の店主を演じておられました人で。

るい、スズ子、そして麻里の恋バナを立ち聞きしていたことも、興味深いと思う(笑)

あとがき

六郎に来た「赤紙」のくだりについては、今は胸が痛い思いで、ちょっと書くことが思い浮かびません。

まだ、このころは「戦争=死」という感じではなく、そうなるのは空襲が始まってからだと思うので、今回のような表現になるのだと思います。

だとしても、やはり、つらいですね。

今週も、よろしくお願いいたします。

[史実]

ここからは、母・ツヤと弟・六郎の[史実]を書きます。

【注意】今週の展開のネタバレになる可能性があるから、白黒反転さえておくので、読みたい人だけ読んでください。

-----↓↓↓[史実]は、ここの下から↓↓-----

昭和14年(1939)、笠置シヅ子の弟の亀井八郎が徴兵召集され入隊。八郎を頼りにしていた母親のウメが心労が祟って、胃がんと心臓病を併発して寝たきりになる。その後、シヅ子には 1941年に弟の八郎の戦死の悲報が届く。

-----↑↑↑[史実]は、ここの上まで↑↑-----

みっきーの植物図鑑(第167回)

先日訪問した、‘歴博’こと国立民族歴史博物館の「くらしの植物苑」での写真です。

クネンボとウンシュウミカンの実

今回は、既に果実の名前は、上が「クネンボ (九年母)」、下が「ウンシュウミカン(温州蜜柑)」と表示したとおりです。

今週の『ブギウギ』は “親子” が大きなテーマになると思います。

そして、 この「クネンボ」と「ウンシュウミカン」が “親子”なんです。

正確にいうと、「ウンシュウミカン」の親が「クネンボ」と「キシュウミカン(紀州蜜柑)」であることが、2016年にDNA鑑定で分かったそうです。

ウンシュウミカンの親がキシュウミカンとクネンボであることをDNA鑑定で推定しました | 農研機構 新窓で開きます

見た目では、ほぼ見分けがつきませんが(笑)

クネンボの「果実が大きく味が濃厚」と、キシュウミカンの「香りや食味がよい」の長所をいかし。

クネンボの「種が多く独特の臭みがある」と、キシュウミカンの「果実が小さい」の短所を弱めて。

この親子関係に寄って、今や大人気の、種が少なく皮が薄くて、果実が大きくて、香りと味が良いウンシュウミカンが完成したそうです。

結びに

ほんなら、また来てな。
それでは、また来てね。

すべての読者様に愛と感謝の “ありがっとう!!”


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

【Amazon.co.jp限定特典】
  ★Amazon → メガジャケット

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

【限定特典】
  ★Amazon → 通常盤の2倍のメガジャケ

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18364/


【これまでの感想】

第1週『ワテ、歌うで!』
1 2 3 4 5 
第2週『笑う門には福来る』
6 7 8 9 10 
第3週『桃色争議や!』
11 12 13 14 15 
第4週『ワテ、香川に行くで』
16 17 18 19 20 
第5週『ほんまの家族や』
21 22 23 24 25 
第6週『バドジズってなんや?』
26 27 28 29 30 
第7週『義理と恋とワテ』
31 32 33 34 35 
第8週『ワテのお母ちゃん』

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: