ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

きのう何食べた? season2 (第7話・2023/11/17) 感想

>きのう何食べた? season2

テレビ東京系・ドラマ24『きのう何食べた? season2』
公式リンク:WebsiteX(旧Twitter)Instagram

第7話『まさかの老眼… ケンジ特製鍋焼きうどん!』の感想。

なお、原作の漫画、よしながふみ「きのう何食べた?」(講談社「モーニング」)は、既刊22巻(2023年10月23日現在)を既読


明らかに老眼のしぐさをする史朗(西島秀俊)に、弁護士事務所の事務担当の志乃(中村ゆりか)は100円ショップの老眼鏡を贈る。仕方なくかけてみた史朗だが、驚くほど視界が開け、賢二(内野聖陽)から誕生日プレゼントの希望を聞かれた際も老眼鏡と即答。ところが誕生日に思わぬ予定が入る。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:漫画・よしながふみ「きのう何食べた?」
脚本:安達奈緒子(過去作/透明なゆりかご,コード・ブルー3,きのう何食べた?,朝ドラ「おかえりモネ」)
演出:中江和仁(過去作/きのう何食べた?,大豆田とわ子と三人の元夫) 第1,2
   松本佳奈(過去作/東京センチメンタルシリーズ,きょうの猫村さん,コタローは1人暮らしS1) 第3,4
   平田大輔(過去作/テレビドラマ不明) 第5,6,7
音楽:福島節(過去作/「今夜すきやきだよ」音楽プロデューサー)
   澤田かおり(過去作/きのう何食べた?,今夜すきやきだよ)
OPテーマ:大橋トリオ「カラタチの夢」
EDテーマ:Bialystocks「幸せのまわり道」
CP:祖父江里奈(過去作/孤独のグルメ2021~,しろめし修行僧,ジデカラ,初恋、ざらり)
※敬称略



今回も、第4話に続いて演出については不問(笑)

原作は、既刊22巻(2023年10月23日現在)を既読。

おはようございます、管理人のみっきーです。

今作の感想をずっと読んでくださっている読者様はご承知と思うが。

第4話から担当している平田大輔氏の演出が、どうも私の好みではなくて。

もちろん、間違っているとかではなく、「私ならやらないな」レベルなのだが。

従って今回も、第4話に続いて演出については不問(笑)

ここに気づいたら、あなたも演出沼に入ってます!

ただ、せっかく当ブログを読んでくださっているので。

あなたが、どれだけ演出に興味を持っているのかテストしませんか? と。

問題、ジャジャン!

史朗(西島秀俊)が鍋焼きうどんを食べるくだりで。

シロさんが卵の黄身をうどんに絡めて食べる際、ワンカットだけ「箸で黄身をうどんに絡めるアップ」が入る。

そのアップを含めた「前後3カット」のセリフ、西島さんの手元の演技、アップの一連の映像で。

“動く箸” がシンクロしていないことに気付いただろうか?

分かりやすくいうと、「卵も入っているのか」とお椀に箸を入れる位置と動きが、お椀のアップの箸と合ってないのだ。

で、箸で救い上げる動作と「黄身に絡まるのが」のセリフも合ってない

ここに気づいたあなた! えらい!!

こうやって皆様も、どんどん演出沼に入りましょう!!!(笑)

史郎のひと言に納得…

今回は、シロさんの50歳の誕生日にまつわるエトセトラだ。

「上町法律事務所」での老眼鏡コントに、誕生日でハッピーなネタ振りをやっておいて、一気にシリアスへ。

史郎「ついに 同級生が 不慮の事故じゃなくて
 病気で死ぬ年になってきたよ」


幸いなことに、私の同級生からは訃報は届かないが。

今月に入って、これまで以上のペースで親きょうだいの喪中・年賀欠礼状(喪中はがき)が届いている。

私の両親はすでに亡くなっているが、もうそういう年になってきたんだなぁと妻と話している。

誰にも訪れる “死” ではあるが、やはり知り合いが亡くなると本当に落ち込むものだ。

更に、遺族のことを思うと、特にパートナーや子供を見ると、何ともいえない気持ちになる。

相築あきこさん

感想もシリアスになってしまったから、ちょっぴり路線変更だ。

今回、シロさんの亡くなった旧友の妻・金森諒子を演じておられたのが、相築あきこさん

どこかで見たと思ったら。

西島さん主演のドラマ『真犯人フラグ』(日テレ/2021)で、新興宗教団体「かがやきの世界」の教祖を演じた人だ。

まっ、それだけのことだが(笑)

シロさんとケンジが共に"老い"に向き合っている姿が印象的

シロさんが、賢二(内野聖陽)と一緒に眼鏡屋で老眼鏡の見積もりを見るくだりで、「55,330円」の金額に驚く。

史郎「年とってくると いろいろ 普通のものじゃ
 間に合わなくなるんだよ」


この「メガネ選び」も然り。

のちの、「ふたりの誕生日」も然りで。

印象的なのは、シロさんとケンジが共に “老い” に向き合っている姿だ。

特に、今回の「メガネ選び」、「誕生日プレゼント」のくだりで私が好きなのが。

誰にも訪れる “老い” を、シロさんとケンジがそれぞれに向き合うだけでなく…

相手のことを慮りながら、“老い” を “恥” や “苦” として捉えずに、むしろ “楽しんじゃえ!” って感じで過ごす姿だ。

この辺に、今作らしい “ほんわかとした温もり” を感じるのだと思う。

シロさんとケンジが無理せずに"愛を育む"姿にほっこり

もう一つ、良かったのが「ふたりのささやかな誕生日パーティー」だ。

史郎「己のパートナーが 大きな病気も ケガもなく
 無事 一つ 年をとったんだよ
 めでたい以外の何がある」


ここで描かれたのが、シロさんとケンジが無理せずに “愛を育む” 姿だ。

自分が幸せになることは、相手が幸せになることで。

だから、相手が自分と一緒に “一つ年をとった” ことを心から喜ぶ。

先日の回では、年に一度の晴れの日「クリスマス」の料理を通して、二人の “愛を育む” 姿が描かれ。

今回は、誕生日のプレゼントと料理を通して、二人の “愛を育む” 姿が描かれた。

そして、第5話のクリスマス回で、シロさんが買ったのは悩んだ挙句に、「ショートケーキとモンブラン」。

でも今回ケンジが買ってきたのは、「プレート付きの小さいサイズのホールのショートケーキ」。

ちょっぴり、ほんのちょっぴりだけど、ケーキも愛を育む姿も前進している。
それも、無理せずに。

残念ながら、ホールケーキをカットして食べる場面はなかったが。

「Happy Birthday SHIRO & KENJI」の名前の順番を見ただけで、ニコニコしながら食べあう姿が見えてくるようだった。

あとがき

アラフィフを過ぎると、特に家に子供がいないと、夫婦でも誕生日って祝わないものなんでしょうかね。

我が家は、看護師の妻が「誕生日をお祝いできるのって、本当に幸せなことなんだよ」といいます。

なので、今年も6月にフレンチレストランで誕生日を祝ってくれました。

個人情報なのでお店や年齢は伏せますが(笑)

おまけ

補足として、私として、なかなか良かったことを2点。

一つは、葬儀シーンでいくつかの供花の中に「孫一同」の札があったこと。

劇中の孫はまだ生まれたばかりですが、「孫もそう思っているはず」として故人への愛と感謝の気持ちを表す手段として「孫一同」の供花を贈ることはあります。
もちろん、「生まれたばかり」が、葬儀と合わないとする考えもありますけど。

缶ビールを缶から直接飲むシーンもそう。

ヱビスビールの工場見学に行った際、マイスターさんが「缶から直飲みでもおいしいように作ってあります」と断ったうえで。
直接飲めば炭酸を強く感じ、グラスに注げば香りを強く感じるので、好みで飲み分けたらよいとおっしゃってました。

誰かに迷惑が掛からないのであれば、当事者間のコミュニティ能力が取れているのら、思うようにやったらよいと思います。
今作が描いていることも、そういうことだと思いますし。

すべての読者様に愛と感謝の “ありがっとう!!”


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18359/


【これまでの感想】

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

きのう何食べた?season2 第7話

シロさん(西島秀俊)は仕事の資料の文字が見えにくくなり、50歳を目前についに老眼が・・・ お誕生日プレゼントに眼鏡を新調することにしますが、あまりに高価なのでケンジ(内野聖陽)はちょっと挫折w ケンジ特製の鍋焼きうどんは美味しそうでした。 そんな時、シロさんの近しい人のお葬式が・・・ シロさんも考えることが多々あったようで、ケンジと2人のお誕生日パーティーを開催することに。 パート...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: