ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「ブギウギ」 (第31回・2023/11/13) 感想

連続テレビ小説「ブギウギ」

NHK総合・連続テレビ小説『ブギウギ』
公式リンク:WebsiteX(旧Twitter)InstagramYouTube

第31回第7週『義理と恋とワテ』の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


東京の梅丸楽劇団の旗揚げから1年、スズ子(趣里)と秋山美月(伊原六花)はすっかり劇団の人気者となっていた。そんな折、USKの林部長(橋本じゅん)が東京にやって来る。スズ子と秋山、二人のうちどちらか一人に大阪に戻ってきてほしいとお願いされる。しかし、秋山はダンサーの中山史郎(小栗基裕)といい仲になっており、スズ子も羽鳥善一(草彅剛)から新曲を書くからと、作詞家の藤村薫(宮本亞門)を紹介される。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:足立紳(過去作/六畳間のピアノマン,拾われた男 Lost Man Found) 第1~7
   櫻井剛(過去作/表参道高校合唱部!,あなたのブツが、ここに)
演出:福井充広(過去作/てるてる,家族純情きらり,ミス・ジコチョー) 第1,3
   二見大輔(過去作/半分、青い。,なつぞら,カムカムエブリバディ)
   泉並敬眞(過去作/まんぷく,スカーレット,カムカムエブリバディ) 第2,7
   鈴木航(過去作/あさが来た,べっぴんさん,スカーレット) 第4,5
   盆子原誠(過去作/カーネーション,とと姉ちゃん,おちょやん) 第6
音楽:服部隆之(過去作/王様のレストラン,翔太の寿司,のだめカンタービレ,HERO)
歌劇音楽:甲斐正人(過去作/映画「蒲田行進曲」(松竹/1982)劇伴担当)
舞台演出:荻田浩一(過去作/元宝塚歌劇団所属の演出家)
ロゴ・OP映像:牧野惇(過去作/東京パラリンピックのオ-プニング映像)
主題歌:中納良恵・さかいゆう・趣里「ハッピー☆ブギ」
語り:高瀬耕造(NHK大阪アナウンサー)
「土曜日版」ナレーション:北郷三穂子(NHK大阪アナウンサー)
制作統括:福岡利武(なつぞら,青天を衝け)
     櫻井壮一(過去作/おちょやん,あなたのブツが、ここに)
※敬称略



今作らしく細かい部分まで丁寧に描写されている

ウチのブログに来てくれて、ありがとさん。
(私のブログに来てくれて、ありがとうございます。)

「初めまして」の皆様も、ご常連の皆様も、ウチが管理人のみっきーやで!
(「初めまして」の皆様も、ご常連の皆様も、私が管理人のみっきーです!)

先週が、脚本も、演出も、俳優も、とても良かったので、褒め疲れたからではないが。

今回は… である(苦笑)

先週で「東京編」が始まったばかりだから。

今週も、本格的に茨田りつ子(菊地凛子)と、新キャラの作詞家・藤村薫(宮本亞門)のお披露目だ。

そして先週からの続きとしては。

東京の梅丸楽劇団の旗揚げから1年、スズ子(趣里)と秋山美月(伊原六花)はすっかり劇団の人気者となっていた。

そんな折、スズ子と秋山のうちどちらか一人に大阪に戻ってきてほしいとUSKの林部長(橋本じゅん)が東京にやって来た。

しかし、秋山はダンサーの中山史郎(小栗基裕)といい仲になっており。

スズ子も羽鳥善一(草彅剛)から新曲を書くからと、作詞家の藤村を紹介された

それだけだ(笑)

いや、別にあらすじを繰り返したいわけではない。

文字で書いてしまえば「約250字」に満たない内容だが、今作らしく細かい部分まで丁寧に描写されているのだ。

特に、謎多き‘ブルースの女王’こと茨田りつ子と、破天荒な天才作詞家・藤村の印象付けは、なかなかのものだと思う。

今回の伝蔵の立ち位置に驚いたと同時に、感心した…

なかなかのも… と言って忘れられちゃいけないのが、スズ子の下宿屋の近所にあるおでん屋の主人・伝蔵(坂田聡)だ。

妻の話をポロリとこぼすだけでなく、男女の機微をサラリと語る下町のオッサンだったとは!

今作の良いところは、口が酸っぱくなるほどに書いている「スズ子が生かされている世界」の描き方の丁寧さなのだ。

「スズ子が生きている世界」だけでなく、「スズ子が生かされている世界=スズ子の周辺の世界」を、役名が付けられたサブキャラ(敢えて「脇役」とは書かない)を活用して、細かく描いている。

そのことは、「大阪編」における愛するべきサブキャラたち…

アホのおっちゃん(岡部たかし)、ゴンベエ(宇野祥平)、易者(なだぎ武)などなどにも通じる。

単なる “いい人” 以上に、スズ子に影響を与える登場人物たちだ。

「スズ子が生かされている世界」としての「東京」と「大阪」をつなげる需要なアイテムので、今回の伝蔵の立ち位置に驚いたと同時に、感心した… というわけだ。

似たようなカットが続き、やや説明のにおいが強くなって…

さて、先週の盆子原誠氏の演出が、次々と私好みだったので、ついつい横道にずれてしまったが。

今週の演出は… である(苦笑)

今週の演出担当は、第2週『笑う門には福来る』を担当した泉並敬眞氏だ。

鈴子(澤井梨丘)が一人で稽古場でレッスンしているのを、大和礼子(蒼井優)と橘アオイ(翼和希)がガラス越しに見ているという、いいセンスの演出をした人だ。

しかし、今回を見た限りでは、まだセンスを発揮していない様子だ(困)

感じた人感じたと思うが。

先週までの演出よりも、ほんの僅かにテンポがよろしくない。

更に、全体的に「ツーショット(画面に2人が入る画角)」や、その場の全員が入る画角が多くて、あまり一人のアップがなかった。

また、BS(バストショット=胸から上が映る画角)が多く、FS(フルショット=足先まで見える画角)が少ない。

そのために、全体的に似たようなカットが続いたため、やや説明のにおいが強くなってしまったと思う。

良い意味での"ほかのシーンとの明確な使い分け"は悪くない

ただ、まだまだ期待は持てる。

なぜなら、予告編から察すると描かれるであろう展開に結び付く…(敢えて詳しく書かない)

スズ子と外国帰りのやり手演出家・松永(新納慎也)のシーンと、秋山と中山のシーンは意味深な感じで良かった。

スズ子と松永では、今回のラストカットになった、俯瞰(上から見た)のアングルからのロングショットは、先週の「チョコレートの休憩室?」につながって、良かったし。

背後からストレッチをする中山をフォローしながら、中山の言葉に耳を傾ける秋山を、横の位置や、鏡に反射したカットを効果的に使って見せて魅せた。

こういう、良い意味での「ほかのシーンとの明確な使い分け」は悪くない。

やはり、「メインが生きる世界」と「メインが生かされている世界」の違いがあってこそ、両方が輝くわけだからだ。

あとがき(その1)

演出家の宮本亞門さんが出演するのは知っていましたが。

ご自身は「今後、演出がしにくくなるから演技はしない」とおっしゃっていたので意外ですが、興味がわきますね。

ご本人は、笠置シヅ子さんの大ファンで、同じ香川県出身で、母上が松竹歌劇団専属のもとダンサーだったこともあって、引き受けたとのこと。

今作では、淡谷のり子さんの代表作「雨のブルース」(作曲:服部良一)や、笠置シヅ子さんの「センチメンタル・ダイナ」(作曲:服部良一)の作詞を手掛けた野川香文さんをモデルにしたであろう「藤村薫」役。

敢えて、舞台演出家役でないところも楽しみです。

あとがき(その2)

週末に、興味深いニュースが飛び込んできました。

詳しくは、下記をお読みください!

朝ドラ「ブギウギ」の"♪楽しい~お方もぉ~~~"もCD化! 劇中歌を集めた「福来スズ子 傑作集」発売決定 新窓で開きます

みっきーの植物図鑑(第161回)

前回に続いて、先週末に訪れた千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館に併設する「くらしの植物苑」で見つけた、秋らしい果実植物の写真です。

何の果実に見えますか?
ミニトマト? トウガラシ?

クコの実

答えは、杏仁豆腐のトッピングでおなじみの「クコの実」です。

クコの実は、ナス科クコ属に属する植物の果実で、「ゴジベリー」や「ウルフベリー」とも呼ばれます。

高い栄養価から「長寿の果実」や「不老不死の実」と呼ばれ、楊貴妃も愛用していたそう。

「クコ」という名前は、漢字で「枸杞」と書かれ、クコの木に見た目が似ている「枸橘(からたち)」と「杞(やなぎ)」という植物の名前を組み合わせたもの。

食べ方は、生のままでは苦みや渋みがあるので、通常は乾燥させたものが売られています。

でも、確かにミニトマトに見えますね。

結びに

ほんなら、また来てな。
それでは、また来てね。

すべての読者様に愛と感謝の “ありがっとう!!”


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

【限定特典】
  ★Amazon → 通常盤の2倍のメガジャケ

管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18345/


【これまでの感想】

第1週『ワテ、歌うで!』
1 2 3 4 5 
第2週『笑う門には福来る』
6 7 8 9 10 
第3週『桃色争議や!』
11 12 13 14 15 
第4週『ワテ、香川に行くで』
16 17 18 19 20 
第5週『ほんまの家族や』
21 22 23 24 25 
第6週『バドジズってなんや?』
26 27 28 29 30 
第7週『義理と恋とワテ』

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『ブギウギ』第31回

第7週「義理と恋とワテ」内容梅丸楽劇団の旗揚げから1年。スズ子(趣里)秋山(伊原六花)は人気に。大阪からやって来たUSKの林部長(橋本じゅん)から、ふたりのうちひとり、大阪に戻ってきて欲しいと懇願される。だが秋山はダンサーの中山(小栗基裕)と親しくなっていて。。。。。一方で、スズ子は、羽鳥(草彅剛)から新曲のためにと、作詞家の藤村(宮本亞門)を紹介される。そこに茨田りつ子(菊地凛子)が現れ。...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: