ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「ブギウギ」 (第6週/土曜日版・2023/11/11) 感想

連続テレビ小説「ブギウギ」

NHK総合・連続テレビ小説『ブギウギ』
公式リンク:WebsiteX(旧Twitter)InstagramYouTube

第6週『バドジズってなんや?』の「土曜日版」の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


大和礼子(蒼井優)は、待遇改善を訴えて山寺にこもってストライキを始める。スズ子(趣里)たち多くの劇団員もそれに従った。会社と正面から対立し、「桃色争議」として世間に大きく取り上げられるが、その代償はとても大きなものだった・・・。  桃色争議から1年、スズ子は法事で本家がある香川へ行くことになる。久しぶりに会う香川の親戚たち、しかし、皆なにか様子がおかしい。そこで、スズ子はある衝撃の事実を知ることになる。
---上記のあらすじは[公式サイト]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:足立紳(過去作/六畳間のピアノマン,拾われた男 Lost Man Found) 第1~6
   櫻井剛(過去作/表参道高校合唱部!,あなたのブツが、ここに)
演出:福井充広(過去作/てるてる,家族純情きらり,ミス・ジコチョー) 第1,3
   二見大輔(過去作/半分、青い。,なつぞら,カムカムエブリバディ)
   泉並敬眞(過去作/まんぷく,スカーレット,カムカムエブリバディ) 第2
   鈴木航(過去作/あさが来た,べっぴんさん,スカーレット) 第4,5
   盆子原誠(過去作/カーネーション,とと姉ちゃん,おちょやん) 6
音楽:服部隆之(過去作/王様のレストラン,翔太の寿司,のだめカンタービレ,HERO)
歌劇音楽:甲斐正人(過去作/映画「蒲田行進曲」(松竹/1982)劇伴担当)
舞台演出:荻田浩一(過去作/元宝塚歌劇団所属の演出家)
ロゴ・OP映像:牧野惇(過去作/東京パラリンピックのオ-プニング映像)
主題歌:中納良恵・さかいゆう・趣里「ハッピー☆ブギ」
語り:高瀬耕造(NHK大阪アナウンサー)
「土曜日版」ナレーション:北郷三穂子(NHK大阪アナウンサー)
制作統括:福岡利武(なつぞら,青天を衝け)
     櫻井壮一(過去作/おちょやん,あなたのブツが、ここに)
※敬称略



心で「♪楽しい~お方もぉ~~~」をヘビロテしながら…

ウチのブログに来てくれて、ありがとさん。
(私のブログに来てくれて、ありがとうございます。)

「初めまして」の皆様も、ご常連の皆様も、ウチが管理人のみっきーやで!
(「初めまして」の皆様も、ご常連の皆様も、私が管理人のみっきーです!)

感想に入る前に、イントロダクションって感じで…

今週の中ほどから、「♪楽しい~お方もぉ~~~」がヘビロテしちゃった皆様、おはようございます。

先週同様、昨夜、私が「週5回分」を1本につないだ「みっきーズ・カット版」を妻と見た。

見終えた妻が次のように笑って言った。

「ずっと、新しい学校のリーダーズの『オトナブルー』がヘビロテしてたのに… 今度は『♪楽しい~お方もぉ~~~』になっちゃったよ」


だそうだ(笑)

というわけで、心で、「♪楽しい~お方もぉ~~~」をヘビロテしながら感想を書いてみる。

実にポイントが全部入りの見事なダイジェスト版に不満なし

総括すると…

特に不満も指摘もない。

実に、ポイントが全部入りの見事な “ダイジェスト版” だった。

以上

「以上」というわけにはいかないか(笑)

当ブログらしく、いろいろと読み解いてみよう。

今作は、エンターテインメントを描く作品なのだから…

まず、この「土曜日版」の編集意図が良く分かったのが、次の作曲家・羽鳥善一(草彅剛)のセリフが序盤で強調されたからだ。

羽鳥「歌は誰かが歌って それを観客が聴いて 初めて完成するんだ」


結局、今週で描いてきたのは、スズ子(趣里)によって楽曲「ラッパと娘」が、どのように歌として完成するか? だ。

そこを「土曜日版」として、最初に強調したのはとても良いことだ。

やはり、エンターテインメントを描く作品なのだから、演者と観客の融合を描くべきだと思うから。

「なるほど、そうだよね」と思ったこと

次に気になった、いや、「なるほど、そうだよね」と思ったこと。

それは、私が「本編」の感想で指摘した映像的な演出の工夫が、ほぼ全部削除されていたことだ。

例えば、以下の3つがそう。

●スズ子と秋山(伊原六花)が上京してきた直後のワンカットで街を行きかう人々や車を使った部分

●演出家の松永(新納慎也)からスズ子がチョコレートを持った際の「めまいショット」

●羽鳥のピアノ室にあった「ロシアの指揮者、エマヌエル・メッテル」の写真のアップ。

削除したことを否定しているのでない。

言いたいのは、演出家が “ドラマ” を、より楽しくメリハリのある作品にするための “装飾” や “味付け” をちゃんと認知し。

「土曜日版」では不要だと、的確に判断していることを大いに評価しているのだ。

ほら、ちゃんと羽鳥の息子・カツオ(髙田幸季)の「オピッコ!」を残して、羽鳥の「ちびっちゃいそうだ」をいかしてる(笑)

このように、自身がやった数々の演出を、“ドラマ” や “物語” を構築していく上で取捨選択できているってわけだ。

これ、何気ないことだが、簡単にできることではない。

だって、普通は、余計な味付けこそ見せたくなるのもだからだ。

特に物足りなかった2点

そういう編集だと思って見ても、やっぱり物足りないなぁと思う。

特に物足りなかった2点を紹介したい。

一つは、「CMT(チズ・マシンガントーク)」だ。

そう、下宿屋の女将・小村チズ(ふせえり)のマシンガントークのシーンだ。

スズ子「はああ~ ようしゃべる人やなあ」


やはり、あの程度の「CMT」では、「ようしゃべる人」にはちょっと遠い。

もう一つは、旗揚げ公演の初日だ。

本番前の楽屋の緊張感、ステージ袖の緊迫感、舞台上での圧巻のステージなどなど。

やはり、「本編」を見て知っていると、物足りなく感じてしまった。

「ああ、あそこも削ったんだ…」みたいに。

しかし、これは決して悪いことではない。

もしも、世間の評判を聞いて「土曜日版」だけ見た人に、「本編を見たい」を思わせれば良いのだから。

今週の「土曜日版」は、「もっともっと見たいシーンがあった」と思わせただけでも、凄いと思う。

あとがき

来週で歌うであろう楽曲のことを知りたくない人は「みっきーの植物図鑑」へ飛んでくださいませ。

事前に知っておくと楽しめると思うので、簡単な楽曲の解説だけしちゃおうと思います。

来週に登場するのは、1940年4月に発売されたスローテンポの「センチメンタル・ダイナ」です。

センチメンタル・ダイナ/笠置シヅ子 YouTube 新窓で開きます

1935年の大ヒット曲で、ディック・ミネの「ダイナ」へのアンサー・ソングと言われている曲です。

前半がスローテンポでブルースのように哀愁漂う旋律なのに対して、後半は一気に軽快にスイングする構成で。

1968年リリースのザ・ビートルズの「ヘイ・ジュード」の曲構成に似ているので、聞いてみてほしいです。

The Beatles - Hey Jude YouTube 新窓で開きます

来週は、何でヘビロテしちゃうのかな(笑)

みっきーの植物図鑑(第160回)

千葉県佐倉市にある国立歴史民俗博物館に併設する「くらしの植物苑」で見つけた、秋らしい植物の写真です。

リュウキュウマメガキ

名前は「リュウキュウマメガキ(琉球豆柿)」です。

5m以上の高い木の上になっている「柿の実」なので、望遠で撮ってます。

大きさは、1~2cmくらいの、小さな柿なので「マメガキ(豆柿)」で。

リュウキュウといっても、本州(関東地方以西),四国,九州,沖縄に多いです。

実は、苦くてまずく、毒性もあるので食べられません。

遠目で「変わったドングリ」に見えたので撮影したら「柿」だったというわけです。

結びに

ほんなら、また来てな。
それでは、また来てね。

すべての読者様に愛と感謝の “ありがっとう!!”


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/18341/


【これまでの感想】

第1週『ワテ、歌うで!』
1 2 3 4 5 
第2週『笑う門には福来る』
6 7 8 9 10 
第3週『桃色争議や!』
11 12 13 14 15 
第4週『ワテ、香川に行くで』
16 17 18 19 20 
第5週『ほんまの家族や』
21 22 23 24 25 
第6週『バドジズってなんや?』
26 27 28 29 30

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『ブギウギ』土曜版第6週

特に書くことも、指摘することも無い。まさに“ダイジェスト”である。盛り込むべきコトをシッカリと盛り込んでいる。ただし、個人的に、少しモヤモヤとするのは。仕方ない。。。こととはいえ。やはり“ダイジェスト”なので、物足りないのだ。例を2点挙げると。ひとつは、ふせえりさんのしゃべり。もの凄く印象に残っているからね。もうひとつは、金曜の旗揚げ初日だ。両者とも“本編”では、もの凄く印象に残っているため...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: