ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ゆりあ先生の赤い糸 (第4話・2023/11/9) 感想 ※フジ木曜劇場「いちばんすきな花」第5話(11/9)のプチ感想も!

ゆりあ先生の赤い糸

テレビ朝日系・木曜ドラマ『ゆりあ先生の赤い糸』
公式リンク:WebsiteX(旧Twitter)Instagram

第4話『踏み入れた禁断の恋』の感想。

なお、原作の漫画・入江喜和『ゆりあ先生の赤い糸』は、全巻を既読。



稟久(鈴鹿央士)がゆりあ(菅野美穂)に、母が家に来てもいいかと尋ねてきた。仕事を辞めたなら実家に戻れと言われ、介護の勉強をしているとうそをついてしまったため、母が様子を確認しに来るのだという。一方で、ゆりあは優弥(木戸大聖)に会って話したいとメールを送るが、返信はない。そんな中、上京した稟久の母・寿美代(麻生祐未)は、稟久がゆりあに恋心があると言い出す。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:漫画・入江喜和『ゆりあ先生の赤い糸』
脚本:橋部敦子(過去作/救命病棟24時1,2、僕シリーズ3部作、6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の憂鬱)
演出:金井紘(過去作/ラジエーションハウス1,2、信長協奏曲、ザ・トラベルナース) 第1~3
   星野和成(過去作/イチケイのカラス、未来への10カウント、シッコウ~と私と執行官~)
   竹園元(過去作/セミオトコ、モコミ、となりのチカラ、6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の憂鬱) 4
音楽:菅野祐悟(過去作/テセウスの船、危険なビーナス、罠の戦争)
主題歌:矢井田瞳「アイノロイ」
※敬称略



今後の今作の感想のスタンスを変えようと思う

感想の前に宣言しておきたいのだが。
今後の今作の感想のスタンス(立ち位置)を次のように変えようと思う。

原作の結末はどうにも受け入れがたい。

がしかし、昨今の世相を鑑みて作り手が “チャレンジ” することに期待を込めて書こうと思う。

というわけで、分かりやすく書くと次のようになる。

「伴ちゃんとゆりあちゃん、幸せになって!」と、応援している人は完全無視(苦笑)

「いろんな赤い糸が絡み合って面白いなあ」は、半分許容

「まさか、ゆりあと伴が結ばれてハッピーエンドじゃないよね!?」は、残念ながら “ドラマ” が “原作” と同じならご愁傷様です(笑)

徹底的に "姉御肌のゆりあ" を強調してきた

ついに、いいや、いよいよ昨今流行っている “シェアハウスのドラマ” として再始動した(苦笑)

ひとつ屋根の下に集合させることで。

主人公と各人との関係の再説明、微妙な変化、 “連ドラ” としての新情報の提供をやったようだ。

と同時に、徹底的に “姉御肌のゆりあ” を強調してきた。

性格的にさっぱりしてはいるが、“男前” とは違って、周囲に影響されて勘違いしているから “姉御肌”。

まあ、ちょっと勘違いしちゃってネジが一つ二つ飛んでいるから見ていれるわけだが(笑)

ゆりあも"吾良の世話をする人たち"の"一人"として描かれた

もう少し、深掘りしてみよう。

ちゃんと見た人なら分かると思うが。

前回までと、かなり、いや確信犯的ともいうくらいに変わった点がある。

それは、主人公・ゆりあ(菅野美穂)の夫・吾良(田中哲司)への感情や心情の描写が極端に減ったことだ。

その意味では、ゆりあの義母・節子(三田佳子)へのそれらも、ほぼ描かれていない。

更に、実姉・蘭(吉瀬美智子)と義妹・志生里(宮澤エマ)なんて、登場すらしない。

要するに、この第4話では、ゆりあも “吾良の世話をする人たち” の "一人" として描かれたのだ。

それこそ、「寮母」でもなし、どちらかというと「介護チームのリーダー」みたいな。

これ、普通の “ドラマ”、ありがちな “不倫ドラマ” としたいなら、揺れ動くゆりあとイケメンだけを描くはずだ。

でも、むしろ、揺れ動いているのは、夫の‘彼氏’稟久(鈴鹿央士)や吾良の‘彼女’みちる(松岡茉優)。

今回なんて、みちるの娘・小山田まに(白山乃愛)まで揺れ動いちゃって。

ただの不倫ドラマとの違いを、ほんの僅かだが見せてきた?

ぼちぼち、まとめよう。

よくある “不倫ドラマ” や “不倫を肯定するドラマ” や “不倫を謳歌するドラマ” は、バブル期で食傷気味だから今更見たくない。

しかし、今作はそれらの路線と、今回からほんの僅かだが違いを見せてきた。

この小さな違いが今後大きくなるのか知る由もないが。

フジテレビならともかく(苦笑)

テレビ朝日が午後9時スタートのドラマで、“不倫を肯定するドラマ” をしれ~っと放送するか? とも思うのだ。

従って、原作の結末とは別に、オリジナルの結末を用意していることに期待を込めたい

だって、このまま「ゆりあと伴が結ばれてハッピーエンド」では困るというか。

例に出すのもなんだが、ペディグリーチャムのコマーシャル「猫まっしぐら」のように、鼻の先にぶら下げられた餌にまっしぐら! では(自粛)

フジ木曜劇場「いちばんすきな花」第5話(11/9)のプチ感想

相変わらず、冒頭の回想シーン、過去って必要だろうか?

コップとか色とか、演出を見せたい(押し付けたい)だけで内容と合致しているとは思えないのだが。

あとは、あまり書くことがない。

多分、今作の感想は今回が最後になるから、これまで書かなかった内容にちょっとだけ触れてみる。

今作は「男女間に友情は成立するのか?」を描く際に “人それぞれ” ということよりも。

世の中の生きづらいと考えている少人数を一塊として扱っている。

もうここが、私は受け入れにくいというか…

だって、この人たちって一種のコミュニティ能力に乏しい人なんでしょ?

なのに、偶然出会った人たちと容易に仲良くるのが??

これだけのコミュニティ能力があれば、なんと生きていけるのでは???

やはり、“ドラマ” のために、“クワトロ主演” のために。

個々に口先だけのきれいごとを言わせて、心のない会話劇をつくり。

今回なら、映像的なことを最優先してマグカップの色で。。。って。

ここまで、たまたま知り合った人たちが共通認識を共有できるのなら、すでに「男女間に友情は成立するのか?」の答えを描いているようなものだと思う。

あとがき

とにかく、原作の結末とは変えてほしい… それだけです。

原作の結末のネタバレ

ここからは原作の結末のネタバレを<白黒反転>させて書くので、興味がある人だけ読んでください。

-----↓↓↓ここの下から↓↓-----

●ゆりあは、便利屋の優弥と不倫関係になって、ハッピーエンドです。
●要するに、私が絶対に見ない「不倫を肯定する結末」です。

-----↑↑↑ここの上まで↑↑-----

令和のドラマなので、違う結末を期待します!

すべての読者様に愛と感謝の “ありがっとう!!”

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18335/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

ゆりあ先生の赤い糸 第4話

先の見えない吾良(田中哲司)の介護の合間を縫って、優弥(木戸大聖)に刺繍を教えるユリア(菅野美穂)の中に、薄れていた女心が再び芽生え始めます。 しかし、優弥から突然、キスをされると、ゆりあは優弥の気持ちを遊びと決めつけて拒否するのでした。 ゆりあの言葉に傷ついた優弥はその場から去り、自分の言動を悔いたゆりあは優弥に謝罪のメッセージを送りますが、返信は来ませんでした。 そんな中、稟久(鈴...

ゆりあ先生の赤い糸 第4話

内容優弥(木戸大聖)にキスをされ困惑するゆりあ(菅野美穂)そんななか稟久(鈴鹿央士)から母・寿美代(麻生祐未)が息子のやっていることを知りたいと、伊沢家に来ることが告げられる。翌日。稟久の母がやって来たのだが。。。。敬称略脚本、橋部敦子さん演出、竹園元さんついに、シェアハウス状態が始まった今回。主人公とぞれぞれの関係と、微妙な変化、進展を描いた感じですね。で、そんななかでも、“男前な主人公”...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: