ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

ゆりあ先生の赤い糸 (第2話・2023/10/26) 感想 ※フジ木曜劇場「いちばんすきな花」第3話(10/26)のプチ感想も!

ゆりあ先生の赤い糸

テレビ朝日系・木曜ドラマ『ゆりあ先生の赤い糸』
公式リンク:WebsiteX(旧Twitter)Instagram

第2話『本妻vs2人目の愛人』の感想。

なお、原作の漫画・入江喜和『ゆりあ先生の赤い糸』は未読。



ゆりあ(菅野美穂)は、吾良(田中哲司)のことを「ゴロさんパパ」と呼ぶ女の子・まに(白山乃愛)とみのん(田村海夏)の存在に困惑する一方、稟久(鈴鹿央士)からは吾良との出会いと、運命だと言われたことを明かされる。混乱しつつも事態を収拾しようとするゆりあは、まにとみのんの母親で入院中のみちる(松岡茉優)を訪問。みちるの話を聞き、自分でもあきれる提案をしてしまう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:漫画・入江喜和『ゆりあ先生の赤い糸』
脚本:橋部敦子(過去作/救命病棟24時1,2、僕シリーズ3部作、6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の憂鬱)
演出:金井紘(過去作/ラジエーションハウス1,2、信長協奏曲、ザ・トラベルナース) 第1,2
   星野和成(過去作/イチケイのカラス、未来への10カウント、シッコウ~と私と執行官~)
   竹園元(過去作/セミオトコ、モコミ、となりのチカラ、6秒間の軌跡~花火師・望月星太郎の憂鬱)
音楽:菅野祐悟(過去作/テセウスの船、危険なビーナス、罠の戦争)
主題歌:矢井田瞳「アイノロイ」
※敬称略



かなり奇抜なホームドラマであることは間違ない。が…

先人は「盗人猛々しい」とは、よく言ったもので…(笑)

みちる「あなたも たかが愛人なんじゃ ないでしょうか?」


自分の立場を正当化するばかりの昏睡状態に陥った夫・吾良(田中哲司)の‘彼氏’稟久(鈴鹿央士)と、吾良の‘彼女’みちる(松岡茉優)に終始イライラしっ放しだ。

イライラさせるのは、主人公・主婦・ゆりあ(菅野美穂)の赤の他人だけではない。

夫の身内である、義母・節子(三田佳子)と義妹・志生里(宮澤エマ)。

更に、本人も不倫中で盗人真っ最中の実姉・蘭(吉瀬美智子)。

とにかく、初期設定、現在の状況だけでも、無秩序、滅茶苦茶、混迷しすぎているのに。

それを上回る主人公・ゆりあの行動力、決断力、吹っ切る力が想像の上を行く面白さ。

もう、馬鹿馬鹿しくて笑ってしまった。

かなり奇抜なホームドラマであることは間違ない。

「斬新か?」と自問自答すれば、答えは「ノー」

ただ、「斬新か?」と自問自答すれば、答えは「ノー」だ。

そもそも、夫が妻と自宅で物足りなかったものを、外に求めた… って、だけのことだ。

そして、夫は同時に複数の自分を慕う人間の面倒を見ていた… って、だけのこと。

特に、赤「同時に二人の面倒を」の部分は、ほぼ “似た者夫婦” で、やってることはほとんど一緒なのだ。

“似た者夫婦” を扱ったドラマなんて、いくらでもある。

最近なら、中谷美紀さん主演の『あなたには帰る家がある』(TBS/2018)や、『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』(NHK/2019)がある。

菅野美穂さん主演でだって、『砂の塔~知りすぎた隣人』(TBS/2016)なんて懐かしい作品も思い浮かぶし…

ちょっぴり刺激が強いアラフィフ向けのホームドラマ!?

従って、ゆりあが大声で怒鳴ったところで…

ゆりあ「この刺激こそが 吾良を起こす最高の起爆剤になると思わない!?」


夫の不倫こそが、妻の起爆剤になっているってだけなのだ。

こうやって書いてしまうと、元も子もないが。

アラフィフの妻が、女性が、夫のふしだらが原因で人生を見つめ直して頑張るドラマとしては悪くない。

少々、初期設定は BL含めて少女漫画チックすぎるが。

アラフィフ向けの少女漫画風ドラマだと思えば、ちょっぴり刺激が強いホームドラマとして面白いと思う。

あとがき

「泣けないよ! 全貌がわかるまでは」


ゆりあがジョアンで言っていたとおり、「経過を楽しむドラマ」「結末まで見るドラマ」には、なっていると思います。

ただ、全容が判明するまで、別に書く感想がないっていうか(苦笑)

「○○に共感した」、「△△に腹が立った」なんて書いても、SNSは巨大感想掲示板ではアリでも、私が描く「ドラマの感想」としては意味がないので。

今回で敢えて「ドラマの感想」として書くなら。

みちるの病室で、ゆりあに抱きかかえられたみちるの二女・みのん(田村海夏)が、ゆりあの頬を摘む演技を付けたのは良かったと思います。

みのんが摘むタイミングが早いので、菅野さんが顔の位置で微妙に調整していたのはお見事でした。

昨夜放送のフジ『いちばんすきな花(第3話)』ですが。
『カルテット』をやりたいようですが、あまりにも「4人一緒」の場面が多過ぎて、個性も特徴も薄まり、ただの「シェアハウスのドラマ」になってません?

【感謝!】3,400万アクセス達成いたしました! ありがとうございます

すべての読者様に愛と感謝の “ありがっとう!!”

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18304/


【これまでの感想】
第1話 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

ゆりあ先生の赤い糸 第2話

ゆりあ(菅野美穂)は自宅で意識不明状態の吾良(田中哲司)の介護を始め、稟久(鈴木央士)も介護に協力するため家に出入りすることになります。 そこへ、吾良のことを「パパ」と呼ぶ幼い姉妹・まに(白山乃愛)、みのん(田村海夏)が訪ねて来ます。 姉妹の母・小山田みちる(松岡茉優)が入院したため、吾良に病院に来てほしいと頼みに来たと言います。 ゆりあがみちるの元へ向かうと、娘たちがゆりあの家を突撃...

ゆりあ先生の赤い糸 第2話

内容意識不明となった夫・吾良(田中哲司)の介護を夫の恋人・稟久(鈴鹿央士)にしてもらうことにしたゆりあ(菅野美穂)そんななか、夫を“パパ”と呼ぶ幼い姉妹まに(白山乃愛)みのん(田村海夏)がやって来るのだった。ふたりの母・みちる(松岡茉優)が入院したという。大混乱のゆりあは、ふたりの母、みちるに会いに行くことに。みちると、夫・源との関係を知ったゆりあは、ふたりの子供をみちるの退院まで預かること...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: