ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

2023年10月27日(金)は十三夜!「後(のち)の月」は「栗名月」「豆名物」

2023年10月27日(金)は十三夜!「後(のち)の月」は「栗名月」「豆名物」
※当ブログの管理人・みっきーのイメージです。

皆様に注目してほしい "月" があります

相変わらず、当ブログらしくない「月のお話」です。

先日、下記の記事を投稿しました。

『2023年10月の満月"ハンターズムーン(狩猟月)"を見るなら29日(日)の夜!』

その前に、皆様に注目してほしい “月” がありますので、ご紹介します。

「十三夜の月を愛でる風習」は、日本生まれ

旧暦の9月13日の夜(十三夜)に見える月を「後(のち)の月」と呼び、2023年は10月27日がその日にあたります。

旧暦8月15日の「中秋の名月(十五夜の月)」が、先月9月29日(金)に見えた「ハーベストムー(収穫月)」だったのは、ご案内したとおりです。

この、中秋の名月を眺める風習は、中国から伝わったものです。

今回ご紹介する「十三夜の月を愛でる風習」は、日本生まれです。

延喜19年(919)に寛平法皇が月見の宴を開いた際に、十三夜の月を称賛したことが由来の一説とされています。

そして、この旧暦の十三夜(9月13にの夜)に見える月を「後(のち)の月」と呼びます。

今年は、明日、10月27日が該当します。

この「後(のち)の月」は…

里芋をお供えすることから「芋名月」と呼ばれる中秋の名月に対して。

10月末に収穫される栗や枝豆をお供えすることから、「栗名月」や「豆名月」とも呼ばれています。

和菓子屋さんに行くと、「栗名月」と名付けられたお菓子も売られているので、見つけてみてはいかがですか?

あとがき

因みに、「十三夜の月」は “満月” ではありません。

でも、最上部の画像のように、“栗” に見えるわけでもありませんので(笑)

ついつい食いしん坊なので、栗に見えるかなぁって…

明晩の “同じ月” を一緒に見ませんか?


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18303/

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: