ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

下剋上球児 (第2話/15分拡大・2023/10/22) 感想

下剋上球児

TBSテレビ系・日曜劇場『下剋上球児』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagramTikTok

第2話/15分拡大『隠し続けた秘密を告白する時』の感想。



南雲(鈴木亮平)は夏の大会までという条件で野球部の監督を引き受け、「夏に1勝」という目標を掲げる。納得のいかない山住(黒木華)は、部員たちへのフィジカルテストを実施し、改めて目標を立てようと提案する。一方、練習試合の相手が見つからないことが問題に。南雲は山住から、高校時代の恩師で強豪の星葉高校野球部を率いる賀門(松平健)との交渉を頼まれるが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原案:菊地高弘『下剋上球児 三重県立白山高校、甲子園までのミラクル』
脚本:奥寺佐渡子(過去作/夜行観覧車、Nのために、最愛)
演出:塚原あゆ子(過去作/アンナチュラル、MIU404、最愛) 第1,2
   山室大輔(過去作/天皇の料理番、テセウスの船、アトムの童)
   濱野大輝(過去作/ペンディングトレイン-8時23分、明日 君と)
音楽:jizue(過去作/劇伴担当なし?)
主題歌:Superfly
アニメーション:石浜真史(過去作/ホリミヤ(OP)、SPY×FAMILY(OP1))
アニメーション制作:CloverWorks(過去作/SPY×FAMILYシリーズ、ホリミウヤ-piece-)
※敬称略



今回の15分拡大版を野球の試合に例えると…

全く野球に詳しくない私がいうと、とんちんかんな例えになるかも知れないが。

今回の15分拡大版を野球の試合に例えると…

 ●先攻:スポ根アニメ風野球学園ドラマ
 ●後攻:考察系こじらせ教師の再生ドラマ

言いたいことは、二つの “ドラマ” がニコイチになっているってこと。
※「ニコイチ」とは、元々自動車業界用語で「2つのものを1つにまとめる」こと。

作り手たちは、 なんとかうまく合体させたと思っているとは思うが。

二つの、よく分からなかったこと

まず、よく分からないのが。

主人公の南雲(鈴木亮平)は、部員全員に声をかけるべきだと思うが。

一緒に見ていた妻は…

「毎回一人の生徒を扱って、全部で10話なのかな?」だって。

もう一つ良く分からないこと。

第1話で描かれたのは、「連敗続きの野球部」だってこと…

「オジサンたちの野球チームと戦っても負ける野球部」だったこと。

だったら、前回から特に進展がないのに、練習試合の場面って必要なの? と思ってしまった。

第1話と第2話で “ニコイチ” にしても良かったのでは?

だって、そもそも、テンション低めの部員が多いのだから。

まずは、チームづくり、基礎練習からじゃないのか?

えーと、これなら、最初からひょんなことから賀門監督(松平健)率いる星葉高校野球部と試合をやることになっちゃって。

投手を二人体制にしないと試合ができないから、いろいろ策を練って…

第1話と第2話で “ニコイチ” にしても良かったのでは?

だって、また、そもそも… と書くが。

そもそも、南雲が新入生・根室(兵頭功海)だけ目をかけ引き立てることが異様なのだ(笑)

大人の事情があるとするなら、第1話の目玉試合のために根室くんを贔屓して… で、よくなくない?

それなら、思い切って「90分スペシャル」しても良かったと思うが。

スポ根学園ドラマの感動的なやり取りの場外ホームラン!

う~ん、前回の感想では、それないに “贔屓” して褒めたのだが(苦笑)

取っ散らかってはいるが、決して全否定はしないし、むしろ、私は好きなテイスト。

でも、流石に1話の中に二種類の “ドラマ” を盛り込んで。

いい感じに、先攻の「こじらせ教師の再生ホームドラマ」が得点し。

後攻の「スポ根アニメ風野球学園ドラマ」も王道展開で盛り上げ。

9回裏のスポ根学園ドラマに、とても感動的なやり取りの場外ホームラン!

根室「俺 何も お返しできやんです」
南雲「こういうのはな 大人になってから
 誰かに返せばいいんだよ」


これで、ゲームセットにしておけば良いのもを。

流石に、サヨナラすぎやしないか!?(失笑)

なぜか、延長試合の10回表で、南雲が満塁サヨナラホームラン…

南雲「僕は 本物の教師じゃありません。教員免許を持っていません」


流石に、サヨナラすぎやしないか!?(失笑)

これでは、こじらせ教師の主人公の考察をさせたいのか、弱小高校野球チームの奇跡を描きたいのか、今どきの高校生の日常を描きたいのかよく分からなくなってしまった。

まあ、高校野球を基礎にして、現代社会が抱える教育、地域、家庭などの問題と、様々な愛のあり様を描く “ドリームヒューマンエンターテインメント” にしたいのだろうが。

せめて、ニコイチにするとしても、1話の中で扱うネタ、エピソードの取捨選択と順序をもう少し最適化したほうが良いと思う。

それこそ、監督がチームをまとめるように、脚本と演出が “ドラマ” をまとめてほしい。

あとがき

シンプルに、次回に期待します!

すべての読者様に愛と感謝の “ありがっとう!!”


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18289/


【これまでの感想】
第1話 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

日曜劇場『下剋上球児』第2話

内容夏の大会までの3か月限定で、野球部監督を引き受けた南雲(鈴木亮平)は、そのことを妻・美香(井川遥)に報告した。その後、自身も体力作りをしながら、山住(黒木華)と目標を相談。とりあえず1勝という南雲と、目標は高い方が良いという山住で意見は分かれるそこで部員たちの現在の実力を知るため、山住の提案でフィジカルテストを行う。やる気のある翔(中沢元紀)ら1年は、その実力を発揮するが、それほどでもな...

下剋上球児 第2話

南雲(鈴木亮平)は、夏の大会までの3ヶ月間限定で野球部監督に就任しました。 山住(黒木華)の発案で部員の実力を知るためのフィジカルテストを実施します。 翔(中沢元紀)や楡(生田俊平)たち新入生たちが早くも実力を発揮する中、緩く野球を楽しみたいだけの他の部員たちは、いきなりの本気の練習でやる気を失いかけていました。 一方、新入生の根室(兵頭功海)は、お金のかかる野球を続けることで姉・柚希...

下剋上球児 #02

『隠し続けた秘密を告白する時』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: