ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「ブギウギ」 (第12回・2023/10/17) 感想

連続テレビ小説「ブギウギ」

NHK総合・連続テレビ小説『ブギウギ』
公式リンク:WebsiteX(旧Twitter)InstagramYouTube

第12回第3週『桃色争議や!』の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


大和礼子(蒼井優)が演出の公演に向けた厳しい稽古が始まった。スズ子(趣里)はなんとか良い役をつかもうと必死に稽古に取り組んでいた。ある日、同期の桜庭和希(片山友希)は後輩の秋山美月(伊原六花)と比べてダメだと言われ、落ち込み、ついには稽古を休んでしまう。さらには、秋山の厳しい指導を受けた新人たち全員が、やめたいと言い出してしまう。スズ子はなんとか劇団をまとめようとするのだが…。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:足立紳(過去作/六畳間のピアノマン,拾われた男 Lost Man Found) 第1,2,3
   櫻井剛(過去作/表参道高校合唱部!,あなたのブツが、ここに)
演出:福井充広(過去作/てるてる,家族純情きらり,ミス・ジコチョー) 第1,3
   二見大輔(過去作/半分、青い。,なつぞら,カムカムエブリバディ)
   泉並敬眞(過去作/まんぷく,スカーレット,カムカムエブリバディ) 第2
   鈴木航(過去作/あさが来た,べっぴんさん,スカーレット)
   盆子原誠(過去作/カーネーション,とと姉ちゃん,おちょやん)
音楽:服部隆之(過去作/王様のレストラン,翔太の寿司,のだめカンタービレ,HERO)
歌劇音楽:甲斐正人(過去作/映画「蒲田行進曲」(松竹/1982)劇伴担当)
舞台演出:荻田浩一(過去作/元宝塚歌劇団所属の演出家)
ロゴ・OP映像:牧野惇(過去作/東京パラリンピックのオ-プニング映像)
主題歌:中納良恵・さかいゆう・趣里「ハッピー☆ブギ」
語り:高瀬耕造(NHK大阪アナウンサー)
制作統括:福岡利武(なつぞら,青天を衝け)
     櫻井壮一(過去作/おちょやん,あなたのブツが、ここに)
※敬称略



ナレーションと、スズ子のモノローグの多さが気になった

ウチのブログに来てくれて、ありがとさん。
(私のブログに来てくれて、ありがとうございます。)

「初めまして」の皆様も、ご常連の皆様も、ウチが管理人のみっきーやで!
(「初めまして」の皆様も、ご常連の皆様も、私が管理人のみっきーです!)

サブタイトルで、自ら進む方向は提示しているのに、今回はほぼ停滞状態だった。

というわけで、内容については、これといって書くことはない。

敢えて書くなら、下記の二つが気になった。

時間経過していることとすっ飛ばした点が多いためやむを得ないが、ナレーションが多かったこと。

更に、加えなくても内容から伝わるのに、相変わらずにスズ子(趣里)の “心の声” が多く大きいこと。

話は進んでいないが、良かった点はある

ただ、ほぼ前進しない15分間でも、良かった点もある。

一つは、“才能” と “梅丸愛” を丁寧に強調してきたこと。

やはり、「この世はな 義理と人情で出来てんねん」が今作の大きな骨格になっているのだから、「誰のために…」と「何のために…」を描くのは重要なこと。

そこを、引き続き踏襲しているのは良いことだ。

もう一つは、新キャラクターである秋山美月(伊原六花)の説明が丁寧にされたこと。

前回も書いたが、今週から一部の登場人物が子役から交代しており、やはり違和感がある。

だから、せめて新キャラくらいは設定を明確にしてもらわないと、なかなか馴染みにくいのだ。

というわけで、あっても無くても良かったような15分間ではある。

でも、「秋山美月紹介の回」と位置づければ、これこれでアリだと思う。

大人版でも「白川さん」、「桜庭さん」で通してほしかった

先週と前回の録画を何度か見直した。

そして、今回に臨んだ

従って、ようやく、ほんのわずかだが、大人版の幸子と辰美に慣れた部分と。

白川幸子(小南希良梨) がリリー白川(清水くるみ)で、桜庭辰美(木村湖音)が桜庭和希(片山友希)なのには、相変わらず慣れずにいる。

なかなか馴染めない理由は簡単だ。

上の表記の仕方を見れば分かるが。

子ども時代は「名前」で、大人版は「芸名」で呼び合っているからだ。

因みに、字幕放送では、「鈴子」も「スズ子」に改定されている。

もう遅いが、劇団を離れたレストランなどでは、「鈴子」、「幸子」、「辰美」で呼び合えば良かったのでは?

個人的には、「白川さん」、「桜庭さん」で通してほしかった。

いや、そのほうが、先週までとつながっている印象も醸し出せるし。

そもそも、本名と芸名を使い分ける手もあった

いや、そもそも “連ドラ” として考えれば 、本名と芸名を使い分ける手もあった。

先輩や後輩からは「芸名」で、同期からは「本名」で。

こうしていたら、セリフだけでも “同期” の特別感が伝わったと思う。

もちろん、今からやったら混乱を生むだけ。

でも、 “ドラマ” として考えたら、最初に芸名が決まった時から、時と場合で「本名」と「芸名」を使い分けるべきだったと思う。

まあ、終わったことだが。

あとがき

きっと、次回には馴染んでいると思います。

というか、子ども時代の3人とは別人格と思えば、モヤモヤは消えるでしょうね。

でも、それでは “連ドラ” として… ってことです。

そうそう、やっと「カレーライス」の中途半端ですが “アップ” があって良かったです。

大好物で毎日食べる割に、映像で強調しないのはおかしいと思っていたので。

結びに

ほんなら、また来てな。
それでは、また来てね。

すべての読者様に愛と感謝の “ありがっとう!!”


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18276/


【これまでの感想】

第1週『ワテ、歌うで!』
1 2 3 4 5 
第2週『笑う門には福来る』
6 7 8/a> 9/a> 10/a> 
第3週『桃色争議や!』
11 

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『ブギウギ』第12回

内容自分の売りを考えるスズ子(趣里)。大和礼子(蒼井優)から続けていれば見つかると言われるも。一方で、礼子が演出の公演に向けての厳しい稽古がはじまり、スズ子たちは良い役を。。。と稽古に取り込んでいた。だが男役の桜庭和希(片山友希)は、後輩の秋山美月(伊原六花)と比べられ、ついに稽古を休んでしまう。心配するスズ子。するとリリー白川(清水くるみ)は。。。。そんななか、秋山美月の厳しい指導に新人た...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: