ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

きのう何食べた? season2 (第1話・2023/10/6) 感想 ※「劇場版」のプチ感想も!

>きのう何食べた? season2

テレビ東京系・ドラマ24『きのう何食べた? season2』
公式リンク:WebsiteX(旧Twitter)Instagram

第1話の感想。

なお、原作の漫画、よしながふみ「きのう何食べた?」(講談社「モーニング」)は、既刊21巻(2023年5月23日現在)を既読


弁護士・筧史朗(西島秀俊)と美容師・矢吹賢二(内野聖陽)は“シロさん”“ケンジ”と呼び合う恋人同士。共に暮らし、幸せな食卓を囲み、和やかな時を過ごしている。2021年6月末。史朗は月2万5千円の食費が3日を残し限界を迎え絶望のどん底に。一方、賢二も体重が人生最高値を超え絶叫。おうち時間の増加に食品値上げ…何とかやりくりするか?賢二の健康を思い予算オーバーでも高い魚に手を出すか?史朗はひとり苦悩する。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:漫画・よしながふみ「きのう何食べた?」
脚本:安達奈緒子(過去作/透明なゆりかご、コード・ブルー3、きのう何食べた?、朝ドラ「おかえりモネ」)
演出:中江和仁(過去作/きのう何食べた?、大豆田とわ子と三人の元夫) 1
   松本佳奈(過去作/東京センチメンタルシリーズ、コタローは1人暮らしS1)
   平田大輔(過去作/テレビドラマ不明)
音楽:福島節(過去作/「今夜すきやきだよ」音楽プロデューサー)
   澤田かおり(過去作/きのう何食べた?、今夜すきやきだよ)
OPテーマ:大橋トリオ「カラタチの夢」
EDテーマ:Bialystocks「幸せのまわり道」
CP:祖父江里奈(過去作/孤独のグルメ2021~,しろめし修行僧,ジデカラ,初恋、ざらり)
※敬称略



『劇場版 きのう何食べた?』について、少しだけ…

知る人ぞ知る、よしながふみ氏の同名漫画を原作にした、西島秀俊さんと内野聖陽さんのダブル主演で実写化した連続ドラマの「season2」だ。

2019年に「season1」、2020年元日には「スペシャルドラマ」、そして2021年には映画化もされ、興行収入14.1億円の大ヒットとなったのは記憶に新しい。

というわけで、当ブログでは敢えて投稿しなかった『劇場版 きのう何食べた?』について、少しだけ書いてみようと思う。

"ドラマ" とは人間を描くこと、人間の本質を描くこと

『劇場版 きのう何食べた?』の終盤で、私が “ドラマ” を評価するうえで、最も大切なことを語るシーンがある。

それは終盤で、レストランでシロさん(西島秀俊)の誕生日をケンジ(内野聖陽)が祝った後の、夜の歩道を二人が歩くシーン。

ケンジがシロさんと一緒に生きることが「泣きたくなるくらいに幸せ」と言いつつも、ケンジに言うセリフ。

賢二「でもね シロさんと俺と 2人だけじゃダメなんだよ。
 俺たち 2人だけで生きてるわけじゃないしさ」


朝ドラ『らんまん』の感想で、口が酸っぱくなるほど書いたことだが。

私は、「“ドラマ” とは人間を描くこと、人間の本質を描くことだ」と思っている。

主人公の活躍を描くことでも、登場人物たちの個々の人生を描くことでもない。

主人公が “ひとりの人間” として多くの人たちの中で生きていることや…

周囲の人たちの存在があってこそ、主人公が “ひとりの人間” として際立つことを描くことだと思う。

従って、敢えて書くなら、<主人公>は存在しても、<脇役>は存在しないってこと。

主人公と、共に生きる人々を “ひとつの世界観” で描くことで、人と人とのかかわりが描けるのだ。

その、人と人とのかかわりの中で、主人公も周囲の人たちも変化し成長する姿を描く。

これが、“ドラマ” だと私は思っている。

すべての登場人物を、愛らしく愛おしく感じる理由

それを基準に考えると。

今作の『season 1』も『劇場版』も、シロさんとケンジのふたりを主人公にしてはいるが、描いているのは、シロさんとケンジが生きている世界全体なのだ。

親やきょうだいや同僚や知り合いの中で生きるシロさんとケンジを、徹底的に描写するのが今作。

周囲のキャラクターたちの小さなエピソードも、すべてちゃんとシロさんとケンジに帰着する。

そして、ふたりは周囲のキャラのエピソードの影響を受けて、再び動き出す。

そして、今度はふたりのエネルギーを吸収して、周囲のキャラも動き出す。

このことが、本当に良くできている。

だから、登場するすべてのキャラクターに興味関心が湧くし、愛らしく愛おしく感じるのだ。

ダブル主人公なのに、むやみに話を広げない!

更に今作がスゴイのは、主人公がダブルだということ。

ダブル主人公だから、基本的に単独主人公よりも描くべき世界は広くなる。

なのに、それぞれの家族と、個々の関係者、そして共通の知り合いの3種類をうまく絡ませて、二つの世界を巧みに重ねているのだ。

高校数学に例えると…

 ●全体集合(シロさんとケンジが生きる世界)
 ●部分集合(シロさん、ケンジの、それぞれの世界)
 ●共通部分(シロさんとケンジが共有する世界)

この3つが毎回うまく描かれるから、決して「マンションの一室の物語」に終わらない。

でも、描いていることは、シロさんとケンジのめっちゃプライベートばかり。

この、小さな世界を描きながらも、生きていれば誰もが経験する環境の変化や身体的・精神的な変化を描く広さをもつのが最大の魅力だ。

そして、この辺の絶妙さが、私が今作を称賛する理由なのだ。

映像的に「マスク」がないほうがしっくりくる

前置きが長くなったが、ここから「season2」の第1話の感想を。

劇中の時間は、2021年6月末から始まった。
※二人の部屋、スーパー「アキヨシ」のカレンダーが「2021年7月」になっている。

6月末といえば、東京都が東京五輪のパブリック・ビューイングを中止を発表(6月19日)。

翌月の7月1日から9月30日まで92日間のコロナ感染拡大の第5波で、「コロナは夏も拡大する」が定説になったころだ。

劇中では、「マスク着用」の様子は描かれていないが。

ケンジの「おうち時間増えたし」のセリフがあったように、やんわりとコロナ禍を匂わせてはいる。

更に、何気ない日常を描く今作としては、最近の物価高騰や中小企業の倒産も、さり気なく盛り込まれている。

やはり、フィクションの世界だからこその面白味を追求すると、映像的に「マスク」がないほうがしっくりくると思う。

日常の中に僅かでも良いから楽しみを見出そうとするのが…

いろんな考え方があると思うが。

第1話から、前述した「小さな世界を描きながらも、生きていれば誰もが経験する環境の変化や身体的・精神的な変化を描く広さをもつ」が、しっかりと映像化された。

特に、食費と健康は、アラフィフに突入すると本当に大きな問題だ。

若ければ、引っ越しだ、転職だ… と住環境や職場環境を変えてテコ入れするのは容易かもしれない。

しかし、家庭があって、家族がいて、仕事もそれなりの立場になるとテコ入れは難しい。

そんな中での、体重、コレステロール、物価は上がるのに、給料は思うように上がらないからこその生活の工夫だ。

そして、ただ生活を工夫するだけでなく、その中に僅かでも良いから楽しみを見出そうとする点だ。

日々のスーパーでの買い物、店員さんとのやり取りなんて、家族とも、職場関係とも違う異世界の楽しみがある。

私も、スーパーが大好きで、今作のようにコロナ禍に行きつけのスーパーが閉店して、別のスーパーに行ったら馴染みの店員さんに再会したことも実際にある。

この辺の、生活感の盛り込み方も実に自然でいいと思う。

劇中に登場する "スーパーマーケット" について

スーパーの話題になったから、ちょっと脇道に入ってみる。

「season1」では、シロさんが行きつけのスーパーはスーパー「中村屋」だった。

ご存知の方も多いと思うが、ロケ地になっていた実在の東京・新小岩のスーパー「中村屋」が、73年間の歴史に幕を下ろし、2020年9月20日(日)に閉店した。

そのため「中村屋」として撮影することが不可能になったのか、『劇場版』では、スーパー「ニュータカラヤ」として登場。

これ、原作では、そもそも「中村屋」でなく「ニュータカラヤ」だから、原作回帰というわけだ。

そして、「season2」では、その「ニュータカラヤ」も閉店した設定となり、シロさんの行きつけはスーパー「アキヨシ」になる。

ロケ地も、千葉県千葉市にある「石毛魚類 みつわ台店」に変更されたようだ。 別に、ドラマの感想には直接関係ないが(苦笑)


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


「いろいろ変わっていくけど わるいことばっかじゃないよ」

長くなったから、そろそろまとめよう。

いろいろと、今作で好きな部分はあるが、今回でいうなら次のケンジのセリフが好きだ。

賢治「いろいろ変わっていくけど
 わるいことばっかじゃないよ」


ケンジのポジティブ思考が、ネガのシロさんを心理的に救うシーンだ。

やはり、年齢を重ねると “変化” をネガティブに思ってしまうことが多くなると思う。

そんな中でも “変化” をポジティブに受け入れて、前進するのは見習いたいところだ。

今回は、第1話ということで大きく話は動かなかったが、今後の展開が楽しみな “連ドラ” だ。

あとがき

アラフィフに突入した男性同士の二人暮らしならではの変化や問題を描くようですね。

「season1」よりも、料理シーンもじっくり丁寧に作り込まれている感じがしました。

健康、買い物、食事と、相手を思いやる二人の愛情の深さに癒されます。

やはり、人間の本質を描く “ドラマ” として良くできていると思います。

すべての読者様に愛と感謝の “ありがっとう!!”


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18256/

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

きのう何食べた?season2 第1話

筧史朗(西島秀俊)ことシロさんは、家計簿を付けながら悩んでいました。 今まで月25000円だった食費が限界突破しそうになっていたからでした。 一方、矢吹賢二(内野聖陽)ことケンジは、体重が自分史上最高になってしまったことに嘆いていました。 その話を聞いたシロさんは、ケンジに健康診断の結果を見せるように迫りますが、彼の必死の抵抗で・・・ そんな中、シロさんが通っていた激安スーパーが閉店...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: