ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

VIVANT (第9話/79分スペシャル・2023/9/10) 感想

VIVANT

TBSテレビ系・日曜劇場『VIVANT』
公式リンク:WebsiteTwitterInstagram

第9話/79分スペシャル『宿命編・激動の最終回前SP?真実への反撃開始!』の感想。



テロ組織「テント」が、テロや犯罪行為を他から請け負うことで収益を得て、その金でバルカ国内の孤児を救っていたことが判明。そんな中、ベキ(役所広司)はノコル(二宮和也)に、ノコルが運営する会社で乃木(堺雅人)を働かせるよう指示を出す。ベキの下、協力体制を敷く‘宿命の兄弟’乃木とノコル。そして乃木は、父・ベキの過去とテント誕生の秘密を知ることになる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:福澤克雄(過去作/他の原作作品は不明
脚本:八津弘幸(過去作下町ロケット、陸王、ミス・ジコチョー、おちょやん) 第1~9
   李正美(過去作/半沢直樹2020、ドラゴン桜2021) 第1,4,7
   宮本勇人(過去作/DCU(脚本協力)) 第2,5,8
   山本奈奈(過去作/ドラゴン桜2021) 第3,6,9
演出:福澤克雄(過去作/半沢直樹1,2、小さな巨人、下町ロケット、ドラゴン桜2021) 第1~5,7~9
   宮崎陽平(過去作/下町ロケット、半沢直樹2020、日本沈没2021、DCU) 第1~9
   加藤亜季子(過去作/ノーサイド・ゲーム特別編) 第1~9
音楽:千住明(過去作/LEADERSリーダーズ、流星ワゴン、アルジャーノンに花束を、LEADERS II)
※敬称略



楽しんで見ている人は、それでいいと思う

楽しんで見ている人は、それでいいと思う。

ただただ、それだけ。

感想は、以上。


流石に、"過去の種明かしパート" が長過ぎないか?

というわけにも、いかないか(苦笑)

実質、本編の総放送尺が「約1時間6分」。

序盤の “別班パート” が約20分間。

中盤の “過去の種明かしパート” が約33分間。

終盤の乃木(堺雅人)の“テント”のリーダー、ノゴーン・ベキ(役所広司)こと“乃木卓”(役所広司)への質問…

乃木「お父さん 日本を狙われているのですか?」


この質問からの “実質的な今回の本編パート” が約16分間。

まあ、“大人の事情” があるから、回想シーンを盛り込まざるを得ないのは理解するが。

いくらなんでも、全体の約半分ってのは長過ぎない?

私は、ここまで詳細に「なんで?」を描く必要はないし、見たいとは思わないが。

まあ、考察ファンは、「なるほどね」なのだろうから、まあいいや。

「どうせ最後にひっくり返すんでしょ?」と思ってしまう…

ここからは、ストーリーの考察に一切興味関心がない立場だから思うことを書いてみる。

諄いようだが、楽しんでいる人は別にして。

そもそも、今作は、ストーリーにしても登場人物にしても、“考察モノ” としては異様なくらいに、決して悪い意味ではなく「巧みに視聴者を欺く作戦」を仕掛けてきている。

それが、本当に緻密だし、大胆だから、今見ている映像が、次の瞬間にも “ホント” から “ウソ” になりそうな気配が常に漂っている。

要するに、提示されている映像が、本当なのか分かりにくいのだ。

例えば、序盤の “別班パート” だって、ネットトレーディングの画面だって “作りモノでした” と簡単にやるのが今作。

ラストの病院の覗き見映像だって “フェイク動画でした” とやっても全くおかしくないのが今作なのだ。

だから、好意的、且つ、積極的に楽しもうとしている人はいいが。

そうでない人は、「どうせ、最後にひっくり返すんでしょ?」となって、今一つのめり込めないのだ。

私にとっては、少々「策士策に溺れる」って感じだろうか。

まあ、感じ方はひとそれぞれだから、どうでもよいことだが。

あとがき

最終回の大ラスの結末で納得させてくれればよいです。

最終回が「2時間SP」でなかったのが、唯一の救いです(笑)

そうそう、サントラ盤を買いましたが、メッチャ素敵な楽曲ばかりなので、サントラ好き、今作ファンにはおすすめします!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18205/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

VIVANT 第9話

ベキ(役所広司)はノコル(二宮和也)に、ノコルが運営する会社で乃木(堺雅人)を働かせるようにと指示を出します。 そして乃木は、父であるベキの過去とテロ組織「テント」誕生の秘密を知ることになります。 ベキの過去は壮絶でした。 乃木の母・明美(高梨臨)は、公安から見捨てられたことで壮絶な最後を遂げてしまいました。 ベキを助けてくれたのは、今はテントの幹部・バトラカ(林泰文)だったのですね...

日曜劇場『VIVANT』第9話

内容テントはテロなどの犯罪を請け負い、その収益でバルカの孤児を救っていた。同時にバルカの土地を買いあさっていることに気づく乃木(堺雅人)だがベキ(役所広司)の目的は不明なままだった。そんな折、ベキ、ノコル(二宮和也)により、その場所へ連れて行かれ、ベキ、バトラカ(林泰文)から、乃木は説明を受けるのだった。ようやくベキの目的を知った乃木は、ある提案をする。。。敬称略脚本、八津弘幸さん、山本奈奈...

VIVANT #09

『激動の最終回前SP 父と母と二人の息子…宿命が遂に動き出す!?真実への反撃開始!』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: