ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

真夏のシンデレラ (第9話・2023/9/4) ツッコめるだけツッコんでみたが息切れした感想(苦笑)

真夏のシンデレラ

フジテレビ系・月9『真夏のシンデレラ』
公式リンクWebsiteX(旧Twitter)rInstagramTicTok

第9話『恋も夏もクライマックスへ!!』の感想。


夏休みをもらい、何をするか悩む夏海(森七菜)は、気になるバンドのライブに行こうと考えるが、チケットは既に完売。一方、愛梨(吉川愛)は修(萩原利久)からの連絡の多さに戸惑う。理沙(仁村紗和)は元夫の翔平(森崎ウィン)らと訪れた食堂で宗佑(水上恒司)と遭遇。そんな中、夏海と健人(間宮祥太朗)と匠(神尾楓珠)は皐月(山崎紘菜)の計らいで、4人でライブに行くことになる。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:なし
脚本:市東さやか(過去作/『第34回ヤングシナリオ賞』大賞受賞)
演出:田中亮(過去作/コードブルー3、アンサングシンデレラ、イチケイのカラス) 第1~3,6,7
   柳沢凌介(過去作/踊り場にて、#who am I) 第4,7
   下畠優太(過去作/やんごとなき一族) 第5,8
   高橋由妃(過去作/「日曜の夜ぐらいは…」第5,7話) 9
音楽:末廣健一郎&MAYUKO(過去作/婚姻届に判を捺しただけですが)
主題歌:緑黄色社会「サマータイムシンデレラ」
※敬称略



このドラマは、我々視聴者の目を試しているのだ!

「今回こそ最後の感想です」といいつつ、残り数話の第9話まで書いてしまった(笑)

いや、私は、こう思っている。

このドラマは、我々視聴者の目を試しているのだ! と。

ツッコミをトコトン入れないと、次期作はもっと酷いのを作るからな! との挑戦状なのだと(笑)

演出の失敗で、夏海が全く"店で働きづめ"に見えない!

だから、思いっきりとはいえないが、息切れしない範囲でツッコんでみる。

夏海(森七菜)の父・亮(山口智充)の次のセリフにつんのめってしまった…

亮「普段 夏海が頑張ってくれてるおかげで この店 回ってんのに」


確かに、夏海は数名の常連客を呼び寄せる “客寄せパンダ” ではあるが。

さすがに、店を回してる… って(苦笑)

1話も欠かさず見ているが、夏海が店で “知り合い以外の客” を接客している印象が皆無なのだが。

とにかく、制作陣が悪いのか、徹底的と言えるほどにサップ以外の “仕事風景” が無い!!

食堂のシーンでは、いつも知り合いとしゃべっていて、先週だって他の客は放置だし。

この辺は、完全に演出の失敗だ。

亮の言うことは、いつも筋が通っていない

ツッコミ大会だから敢えて蒸し返すが。

亮の言うことは、いつも筋が通っていない。

第3話『それぞれの恋模様が急加速する!高まる期待と嫉妬』で、夏海が沖縄でのサップ大会出場が決まり、賞金で食堂を改装すると意気込むくだり。

そのお金を、なんと亮が使い込んでしまうというネタだ。

近所の人がケガをして、入院するのにお金がないから出してあげた… という展開だったが。

あの~~ぉ、入院が決まった直後に入院費を請求する病院なんて聞いたことないが。

まあ、「入院保証金」という名目で5~10万円を入院時に払うことはあるが。

保証金だから入院費用の全額次第で返ってくることもあるし。

そもそも、5~10万円は少額とはいわないが、店を経営しているなら、日々の支払いとか… まあいいや。

「貸してあげた」で良いのに…?

今作最大級の疑問は、なぜ「8人」から「10人」に増えたのか?

疲れてきたから、早めに本題に入ろう。

前回から、いきなる登場し絡み始めた皐月(山崎紘菜)だが。

まさか、今回では更に嫌味を言って、自ら三角関係を四角関係に複雑化させる約になるとは思わなかった。

これ、幾度も書いているが、公式サイトでは『男女8人恋愛群像劇』と書いてある。

しかし、現状は、「元祖8人」に加えて、先の皐月と、少し前から理沙(仁村紗和)の元夫・村田翔平(森崎ウィン)まで参戦して、とうに「男女10人恋愛群像劇」に膨れ上がっている)のだ。

その上、なぜか、「男1人=守(白濱亜嵐)」だけ “ほぼ蚊帳の外” という憐れな状況に?

そう、今作最大級の疑問は、なぜ「8人」から「10人」に増えたのか? である。

普通に考えれば、当初は「8人」で進めるつもりで書き始めたが、うまく “恋の駆け引き” を紡ぎだすことができないから、プロデューサーや脚本たちが都合が良いように翔平と皐月を組み込んだ… と推測している。

で、それで “恋の駆け引き” は作れるけど、まだまだ “群像劇” にはならないから、主人公を騒動に巻き込む係として、夏海の弟・海斗(大西利空)の彼女の妊娠騒動と、夏海の母・茜(横山めぐみ)も合体させちゃった…

登場人物の数が多ければ、それなりに群像劇になる?

プロの脚本家先生に、素人が偉そうにいえることではないが、ツッコミは入れさせていただく。

よくいるのだ… 登場人物の数が多ければ、それなりに群像劇になるのでは? と考える脚本家やそのタマゴたちが。

でも、登場人物が多くなればなるほど、各キャラ、キャラ同士をコントロールする困難さが生じるから、安易に増やすのは得策ではないのだ。

そう、アン・コントロール(uncontrol:制御されていないさま)だから、簡単に “物語” が行き詰まるし、無限ループ(似たような展開を繰り返す)に陥って、ちっとも話が進まないのだ。

だから、解決策としては「8人」に戻して、徹底的に「夏海の三角関係」だけに絞り込んで、「残りの女性2人」は夏海にしょくはつされたくらいに抑えておけば良かっただけ。

なのに、無理やりに「10人」で話を進めようとするから、当然、アン・コントロールは悪化の一途と辿っている… のだと推測している。

このことで得られる教訓は…

いくら面白そうな設定をたくさんも盛り込んでも、個々も、相互関係も、きちんとコントロールしなけければ、意味も価値も必然性もないってこと。

何とか頑張って一つだけよい部分を見つけた

プロの作品に、素人がツッコんでばかりでは申し訳ないから、何とか頑張って一つだけよい部分を見つけたから書いてみる。

愛梨(吉川愛)と修(萩原利久)のカップルが、お互いのことを思って、何となくベクトルが見えてきたこと。

できれば、理沙の三角関係も、ぼちぼち片付いてほしいが…

あとがき

もはや、ネットでは「あの『ちむどんどん』を超えたツッコミを楽しむドラマ」と言われてますね(失笑)

まあ、今期の連ドラでは最低視聴率でないというのは、それが理由なんでしょうね。

それにしても「オール・スタンディング」のライブで「立ち見でごめんね」とか「最前列で4人」とか…

推しのライブのチケット獲得合戦を舐めるな!!!ふ~ぅ…


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18187/


【これまでの感想】
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

真夏のシンデレラ 第9話

夏の間 、働きづめだった夏海(森七菜)は父・亮(山口智充)から遅い夏休みをもらいます。 しかし、いざ休みとなると、何をしていいのかわからず、そんな夏海に匠(神尾楓珠)は彼女が行きたがっているライブのチケットを取ろうとしますが、既に売り切れでした。 海斗(大西利空)のアドバイスで、健人(間宮祥太朗)に連絡をする匠ですが・・・ 事情を聞いた健人は皐月(山崎紘菜)に協力してもらってチケットを...

真夏のシンデレラ #09

『遂に、最後の告白!そして、恋も夏も…、クライマックスへ!』
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: