ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「らんまん」 (第22週/土曜日版・2023/9/2) 感想

連続テレビ小説「らんまん」

NHK総合・連続テレビ小説『らんまん』
公式リンク:WebsiteNHK高知局応援ページ東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報X(旧Twitter)Instagram

第22週『オーギョーチ』の「土曜日版」の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


教授となった徳永(田中哲司)に助手として迎えられた万太郎(神木隆之介)は、7年ぶりに植物学教室へと戻った。この時、徳永らが目指していたのは顕微鏡の奥の世界。波多野(前原滉)と野宮(亀田佳明)が手を組み、イチョウとソテツの精子を発見しようとしていた。万太郎の研究は古いと大窪(今野浩喜)に言われたが、万太郎は自分のやり方を変えるつもりはなかった。そんなある日、万太郎は学術調査団の一員として台湾へ派遣されることになる。
---上記のあらすじは[公式サイト]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:長田育恵(過去作/マンゴーの樹の下で、群青領域、旅屋おかえり)
演出:渡邊良雄(過去作/ゲゲゲの女房、花燃ゆ、まんぷく) 第1~3,6,7,12,13,18,19
   津田温子(過去作/龍馬伝、西郷どん、いだてん) 第4,5,8,16,21
   深川貴志(過去作/とと姉ちゃん、半分、青い。、カムカムエブリバディ) 第9,10,14,20
   渡辺哲也(過去作/マッサン、ひよっこ、なつぞら、青天を衝け) 第11,17
   石川慎一郎(過去作/カムカムエヴリバディ/第18週のみ) 第15
   小林直毅(過去作/鎌倉殿の13人/第37回のみ) 22
音楽:阿部海太郎(過去作/恋せぬふたり)
撮影:西鍵真治(過去作/カーネーション、マッサン、べっぴんさん、まんぷく)
照明:前田藍里(過去作/大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」)
主題歌:あいみょん「愛の花」
語り:宮崎あおい
植物監修:田中伸幸(現・国立科学博物館、高知県立牧野植物園[2000-2015])
制作統括:松川博敬(過去作/篤姫、てっぱん、カーネーション等の演出担当、エンディングカット)
※敬称略



次作から、もう"土曜日版"の放送はしないほうがいいのでは?

あしのブログに、ようきんしゃったなぁ。
(私のブログに、よくぞいらっしゃいました。)

「ようきんしゃったなぁ」のみんなぁも、ご常連のみんなぁも、あしが管理人の “みっきー” やか!
(「初めまして」の皆様も、ご常連の皆様も、私が管理人の “みっきー” です!)

サクサクっといこう!

結論から言ってしまうと、「次作から、もう “土曜日版” の放送はしないほうがいい」ってことだ。

だって、ここまで “本編” と “土曜日版” で伝えようとしていることが違うなら、真面目に見ている視聴者が混乱するばかりだし、視聴時間が無駄でしかないからだ。

「"本編"は間違いで、正しいのは"土曜日版"です」ってコト?

その理由をできるだけ簡潔に書いてみる。

“本編” は、時代が変わり、日本の植物学も変革の時期を迎えると同時に、求められるのは世界に追いつけ、追い越せ。

それに、翻弄され、もがき苦しみながらも、登場人物たちがそれぞれの立場で困難に立ち向かっていた… そんな感じだったと思う。

要するに、主人公不在の “群像劇風” で各登場人物の日常描写をやりました… という感じだった。

しかし “土曜日版” は、主人公・万太郎(神木隆之介)は体制に媚びず、日本の植物学を孤独ながらもけん引しようとしつつ、妻・寿恵子(浜辺美波)も夫の冒険を献身的に支えようとしました… との印象操作が施されていた。

要するに、万太郎も寿恵子もスゴイ! ってことだ(笑)

これ、多くの人は分かると思うが、「“本編” が間違っていました。正しいのは “土曜日版” です」と作り手たちが自認したようなものではないか!

この “土曜日版” だって、使われた映像の多くが “木曜日分” と “金曜日分” だ。

だったら、月曜日と火曜日を丸々ナレーション処理に置き換えて、水曜日の里中(いとうせいこう)や岩﨑(皆川猿時)からの推薦で、万太郎が学術研究員として台湾へ行くことになり… 以降の部分を膨らませるだけで良かったのでは?

そうするだけで、主人公が万太郎に見えるし、夫を支える寿恵子も、この夫婦が何かを成し遂げそうに感じられたと思う。

いつまでも"未完成の本編"を見せられるのはごめんだから

結局、ここまで、あからさま印象操作、いいや意識誘導をする意味ってあるのだろうか?

だって、“本編” を見られない人は、自分で録画しても見るだろうし、今どきは見逃し配信だってある。

でも、それらをしない人は、「15分×5=75分」が惜しい人で。

その人たちは、従来から放送されている2分や5分のダイジェスト版を見れば満足なはずだ。

だから、一体 “土曜日版” って、どんな視聴者向けなの? となるわけ。

もしも、NHKが “本編” でしでかした失敗を繕うために放送しているならやめてほしいのだ。

「それなら、見なけりゃいいのに?」は的外れの意見だと思う。

だって、失敗を繕える場所を残しておいたら、いつまでも “未完成の本編” を見せられるのはごめんだからだ。

あとがき

そもそも、NHK社内の「働き方改革」でスタッフもキャストも負担を軽減する目的で「週5放送」が始まって。

今まで「週6放送」だったから、土曜日にダイジェスト版を放送しよう! ってことでしたよね。

だったら、“土曜日版” を作る労力も削ったほうが良いと思います。

その分を “本編” に投入していただきたいです。

みっきーの植物図鑑(第115回)

今朝、遊歩道のツツジの植え込みの中から2輪だけ咲いていました。

コヒルガオ

アサガオに似ていますが、「コヒルガオ(小昼顔)」の花です。

ヒルガオの花は直径5~6cmありますが、こちらは3~4cmと “小さい” ので「小昼顔」です。

本州から九州の日当たりのよい場所に生える植物で、道端や草地でよく見かけると思います。

花期は6~8月で、花の特徴は、小さいロート型で、五角形(状)なことです。

コヒルガオの花言葉は、「絆」「優しい愛情」「和やかさ」。
ツルが絡み合って育つ様子から由来しているようです。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonから安心して ご購入していただけます!


ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/18184/


【これまでの感想】

第1週『バイカオウレン』
1 2 3 4 5 
第2週『キンセイラン』
6 7 8 9 10 
第3週『ジョウロウホトトギス』
11 12 13 14 15 
第4週『ササユリ』
16 17 18 19 20 
第5週『キツネノカミソリ』
21 22 23 24 25 
第6週『ドクダミ』
26 27 28 29 30 
第7週『ボタン』
31 32 33 34 35 
第8週『シロツメクサ』
36 37 38 39 40 
第9週『ヒルムシロ』
41 42 43 44 45 
第10週『ノアザミ』
46 47 48 49 50 
第11週『ユウガオ』
51 52 53 54 55 
第12週『マルバマンネングサ』
56 57 58 59 60 
第13週『ヤマザクラ』
61 62 63 64 65 
第14週『ホウライシダ』
66  67 68 69 70 
第15週『ヤマトグサ』
71 72 73 74 75 
第16週『コオロギラン』
76 77 78 79 80 
第17週『ムジナモ』
81 82 83 84 85 
第18週『ヒメスミレ』
86 87 88 89 90 
第19週『ヤッコソウ
91 92 93 94 95 
第20週『キレンゲショウマ』
96 97 98 99 100 
第21週『ノジギク』
101 102 103 104 105 
第22週『オーギョーチ』
106 107 108 109 110

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『らんまん』土曜版第22週

予想通りというか、想定内というか。そこは、もう、どうでもいいけど。ひと言で言えば。 主人公・万太郎で物語らしく仕立てました!でしょうか。万太郎の場面のほとんどを盛り込んでいるし。まぁ、“月曜”“火曜”が、状況説明ばかりだったので。そこは、かなり端折っていますが。あとは、ほぼ全てだろう。確かに、上手く仕立てているとは思いますが。。。。これ。。。“本編”って、こんなのだったっけ?そんな印象かな。...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: