ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「らんまん」 (第109回・2023/8/31) 感想

連続テレビ小説「らんまん」

NHK総合・連続テレビ小説『らんまん』
公式リンク:WebsiteNHK高知局応援ページ東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報X(旧Twitter)Instagram

第109回〔全130回〕第22週『オーギョーチ』の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


里中(いとうせいこう)や岩﨑(皆川猿時)からの推薦で、万太郎(神木隆之介)は学術研究員として台湾へ行くこととなった。恩田(近藤公園)から護衛用にピストルの購入を命じられるが、万太郎は納得できない。徳永(田中哲司)からは帝国大学の人間としていくことを自覚するよう注意を受ける。万太郎から話を聞いた寿恵子(浜辺美波)は、ピストルの代わりに「日本植物志図譜」をお守りに持たせ、台湾へと見送るのだった。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:長田育恵(過去作/マンゴーの樹の下で、群青領域、旅屋おかえり)
演出:渡邊良雄(過去作/ゲゲゲの女房、花燃ゆ、まんぷく) 第1~3,6,7,12,13,18,19
   津田温子(過去作/龍馬伝、西郷どん、いだてん) 第4,5,8,16,21
   深川貴志(過去作/とと姉ちゃん、半分、青い。、カムカムエブリバディ) 第9,10,14,20
   渡辺哲也(過去作/マッサン、ひよっこ、なつぞら、青天を衝け) 第11,17
   石川慎一郎(過去作/カムカムエヴリバディ/第18週のみ) 第15
   小林直毅(過去作/鎌倉殿の13人/第37回のみ) 22
音楽:阿部海太郎(過去作/恋せぬふたり)
撮影:西鍵真治(過去作/カーネーション、マッサン、べっぴんさん、まんぷく)
照明:前田藍里(過去作/大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」)
主題歌:あいみょん「愛の花」
語り:宮崎あおい
植物監修:田中伸幸(現・国立科学博物館、高知県立牧野植物園[2000-2015])
制作統括:松川博敬(過去作/篤姫、てっぱん、カーネーション等の演出担当、エンディングカット)
※敬称略



「開けて悔しき玉手箱」とは、正に今回のコト…

あしのブログに、ようきんしゃったなぁ。
(私のブログに、よくぞいらっしゃいました。)

「ようきんしゃったなぁ」のみんなぁも、ご常連のみんなぁも、あしが管理人の “みっきー” やか!
(「初めまして」の皆様も、ご常連の皆様も、私が管理人の “みっきー” です!)

称賛しないと Web拍手をいただけないようだが、欲しいために書いているわけでもないから、今回も思うがままをビシッと、且つ、サクッと、書こうと思う。

今回のアバンタイトルを見て思ったのは、「開けて悔しき玉手箱」という例えがピッタリだ。

今週残り2回しかないから、今日こそ台湾に旅立った万太郎(神木隆之介)で “主人公” をたっぷり描くと思ったのに。

別に、全面的に否定するつもりはない。

だって、“史実” をなぞって描くなら、台湾視察が広げられないのも承知済みだし。

でも、つい思ってしまうのだ… これでいいですか? と。

今週で、一体なにを描きたいのですか?

まあ、ネット記事や各種 SNSを使って、いろいろ宣伝、広報、煽りをやっているが。

これで満足する人を対象に作っていていいの? ってこと。

今のところ、夫婦が別行動中というでけでは?

きっと、今週の「土曜日版」では、盛大なプロパガンダ、おっと巧みな印象操作をするだろうから、そっちのほうのお手なに拝見を楽しみにしておこう(苦笑)

この展開が決まっていたなら… もっと寿恵子を。。。

残り1か月なので、あれこれ書かずに、これだけ言っておきたい。

先週の寿恵子(浜辺美波)の「菊くらべ」での “ノジギク” の名演説っぷりや、先日の宴席での愛する『八犬伝』を臨場感あふれる口上で盛り上げたくだり、そして今回の終盤での店を持つという展開を、放送前、脚本段階で決まっていたのなら。

それこそ、浜辺さんのスケジュールや事務所同士の諸般の事情があったとしても。

もっと、寿恵子自身を描くべきだったと思う。

それこそ、母・まつ(牧瀬里穂)が経営する和菓子屋『白梅堂』のころ…

看板娘として店番をやり、馬琴ヲタとして魅せるだけでなく…

店番の合間に近所の子供たちと遊ぶとか、祖母・タキ(松坂慶子)から生け花を教わるとか。

そう、次のようなことを、もっともっと盛り込むべきだったのだ。

寿恵子「文太さんに 食べさせてあげたいです」


俳優さんたちの熱い思いを受け止める意味でも…

私は、寿恵子推しでも、浜辺さん推しでもない。

しかし、先日(8/25)の『あさイチ プレミアムトーク』を見た人なら分かるとおり、神木隆之介さんも浜辺美波さんも、「見て楽しんで欲しい」の前段に、脚本や演出の意図を汲み取って “与えられた役を作り込ん” で「視聴者に見て、楽しんでもらおう」としていると思うのだ。

だったら、脚本や演出だって、もっと “連ドラ” として、きちんと “下準備” をして迎えるべきだった

その下準備が不完全だから、折角の長ゼリフも名演技も “一発芸” のようになってしまう。

そう、本当に、本気で、もったいない… と、思う。

「山元虎鉄」のモデルは、二人いる…?

あまり書くことがないので、「山元虎鉄」について書いてみる。

下記の投稿に、今作にはこれまで「4人の実在した人物」が、そのまま本人として登場している…) と、書いた。

拍手コメント返信(2023/8/30):「菊くらべ」シリーズ第2弾! ノジギクを買った"岩崎弥之助"(皆川猿時)について解説しま
https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18174/

従って、「山元虎鉄」も実在した人物ではない

しかし、“モデル” となったであろう人物が二人いる。

一人目は「ヤッコソウ」を発見した中学教師・山本 一

一人目は、「山本 一(はじめ)」。

明治40年(1907)に高知県幡多郡の中学教師だった山本一が生徒たちを連れ、土佐清水市へ植物採集に出掛けた。

その生徒の一人が加久見天満宮の境内で、ある植物を発見した。

山本は当初 “キノコ” だと思い、高知に来訪していた菌類専門家である草野俊介博士に渡すが答えが出ず…

そこで山本は牧野富太郎博士に標本を送り、それが新種の植物であることが確認された。

明治42年(1909)、牧野博士が山本と自分の名を付けた学名「Mitrastemon yamamotoi Makino(和名:ヤッコソウ)」として発表した。

学名の意味は、「Mitra(僧帽状の=カトリックの司教が被る帽子に似ている)+temon(雄しべ)」に、山本一さんに敬意を表して「yamamotoi」と、自身の「Makino」から構成させれている。

一部の Webサイトでは「山本一が中学生時代に発見した」とあるが、恐らく間違いだ。

ちなみに、山本先生は、高知で「マイヅルテンナンショウ」を初めて発見した人として、明治44年(1911)に牧野博士が「植物学雑誌第298号」で発表している。

二人目は「キレンゲショウマ」を発見した吉永虎馬

もう一人のモデルであると思われるのが、「吉永虎馬(よしなが・とらま)」。

高知出身の有名な科学者(植物学者)の一人。

牧野博士と同郷(高知県・佐川)で9歳下だったが、若い頃から交流があり、一緒に「コオロギラン」を発見した。

『らんまん』では「キレンゲショウマ」は田邊(要潤)が発見したことになっているが、史実はこの吉永虎馬が発見した。

牧野博士を師事し、陰で助手のように支えた人物でもある。

のちに、コケ類や菌類の研究もし、「ミカンゴケ」などを発見している。

更に、遍路宿墨屋(寿美屋)に泊まった牧野博士が植物採集をしていることを知って、興味を抱いて近づいたとの説もある。

従って、「山元虎鉄」のモデルは、高知で「ヤッコソウ」を見つけた部分は「山本 一」で、牧野博士を師事した助手的立場と名前と遍路宿の部分は「吉永虎馬」からもらったと考えることもできる。

あとがき(その1)

悪くないですが、素人の私が見たって「もっと丁寧に準備をしておけば…」と後悔があるくらいです。

まあ、そこを汲み取って、好意的に解釈する人もいるとは思いますが、それを頼ったらプロとしておしまいよってことだと思います。

あとちょっとの工夫… エピソードの取捨選択、適切配置、基礎準備すれば良かったのに。

本当にもったいないです…

あとがき(その2)

そういえば、亡くなった父も祖母も、よく「渋谷なんて、昔はど田舎だったんだよ」と言っていました。

我が家の本家は日本橋で商店を営んでいて、菩提寺が浅草で、生粋の江戸っ子(私は千葉都民になりましたが)家系だったので…

私が新宿や渋谷に行くと話すと、そう話していたのを思い出しました。

みっきーの植物図鑑(第113回)

今回の植物図鑑も変則パターンです。

以前、『みっきーの植物図鑑(第52回)』で、近所に咲いていた「サルスベリ(百日紅)の木の花」を紹介しました。

軽く、おさらいしますと…

「サルスベリ」の別名である「百日紅」は、開花期が夏から秋と比較的長いことから名づけられました。

中国原産で比較的大気汚染に強いので、庭や公園に観賞用として植えられているのをよく見かけると思います。

和名の「サルスベリ」の由来は、木登りが上手なサルでも滑り落ちるほど樹皮が滑らかだから。

花言葉は、花期が長く良く咲くことから、「雄弁」「饒舌」「あなたを信じる」だそうです。

今回で紹介したいのは、きのうの妻の実家に咲いていた「サルスベリの花」です。

サルスベリ

実は昨日は、早朝から実家に義母の介護で行っておりまして、その合間で投稿したので遅れちゃいました(謝)

なぜ、紹介したのかというと、この「薄ピンク色」が家族みんなが大好きなんです。

サルスベリの花は、濃いめのピンクか白色、または赤や紫が多いですよね。

でも、妻の実家は “薄桃色” なんです。

意外と珍しいと思います(今回は、色調整なしの撮って出しです)

でも、ここ数年は濃いめのピンクが混ざるようになりました…

結びに

ほなな~!また来とうせ。
それでは、また来てね。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonから安心して ご購入していただけます!



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18176/


【これまでの感想】

第1週『バイカオウレン』
1 2 3 4 5 
第2週『キンセイラン』
6 7 8 9 10 
第3週『ジョウロウホトトギス』
11 12 13 14 15 
第4週『ササユリ』
16 17 18 19 20 
第5週『キツネノカミソリ』
21 22 23 24 25 
第6週『ドクダミ』
26 27 28 29 30 
第7週『ボタン』
31 32 33 34 35 
第8週『シロツメクサ』
36 37 38 39 40 
第9週『ヒルムシロ』
41 42 43 44 45 
第10週『ノアザミ』
46 47 48 49 50 
第11週『ユウガオ』
51 52 53 54 55 
第12週『マルバマンネングサ』
56 57 58 59 60 
第13週『ヤマザクラ』
61 62 63 64 65 
第14週『ホウライシダ』
66  67 68 69 70 
第15週『ヤマトグサ』
71 72 73 74 75 
第16週『コオロギラン』
76 77 78 79 80 
第17週『ムジナモ』
81 82 83 84 85 
第18週『ヒメスミレ』
86 87 88 89 90 
第19週『ヤッコソウ
91 92 93 94 95 
第20週『キレンゲショウマ』
96 97 98 99 100 
第21週『ノジギク』
101 102 103 104 105 
第22週『オーギョーチ』
106 107 108

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『らんまん』第109回

内容万太郎(神木隆之介)が台湾に発って2週間。万太郎の居ない長屋に、大きな荷物を背負ったひとりの青年が訪ねてくる。寿恵子(浜辺美波)が万太郎がいないことを説明すると、帰ってくるまで待つという。土佐から来た虎鉄(濱田龍臣)だった。万太郎の助手になろうと思い、上京してきたという。話を聞いたりん(安藤玉恵)から紹介され、虎鉄も長屋で住むことに。敬称略作、長田育恵さん今作の主人公は、万太郎だよね??...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: