ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

初恋、ざらり (第8話・2023/8/25) 感想

>初恋、ざらり
テレビ東京系・ドラマ24『初恋、ざらり』
公式リンク:WebsiteX(旧Twitter)Instagram

第8話『たぶん私じゃ、ダメなんです。』の感想。

なお、なお、原作の漫画・ざくざくろ「初恋、ざらり」は、全話を既読。


岡村(風間俊介)の両親にあいさつに行くことが決まった有紗(小野花梨)は、着ていく洋服を冬美(若村麻由美)と共に心弾む気持ちで選んでいた。だが、冬美から発達障害があることを伏せるように言われ、不安に思う。岡村の実家へ行くと、母・靖子(熊谷真実)と父・龍彦(尾美としのり)が有紗を快く迎え入れてくれた。しかし、有紗は思わず障害のことを靖子に告白してしまう。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---


原作:漫画・ざくざくろ「初恋、ざらり」
脚本:坪田文(過去作/コウノドリ1,2、おじさんはカワイイものがお好き。) 第1,2,6
   矢島弘一(過去作/ハルカの光、警視庁・捜査一課長3) 第7,8
   池田千尋(過去作/プリンセスメゾン、大豆田とわ子と三人の元夫) 第3,8
   紡麦しゃち(過去作/) 第4,5
   藤沢桜(過去作/福岡恋愛白書17 おはようマドンナ) 第5
演出:池田千尋(過去作/プリンセスメゾン、大豆田とわ子と三人の元夫) 第1,2,3,6,8
   七字幸久(過去作/私と夫と夫の彼氏) 第7
   倉橋龍介(過去作/リブスタ-Top of Artists!-、警部補ダイマジン) 第4,5
音楽:元倉宏、小山絵里奈
オープニングテーマ:a子「あたしの全部を愛せない」
エンディングテーマ:ヒグチアイ「恋の色」
タイトルロゴ:黒木香(BayBridgeStudio)
チーフプロデューサー:祖父江里奈(過去作品/しろめし修行僧、シジュウカラ)
※敬称略



本当の自分を隠すことで得られる信頼や好意なんて…

今回の最大のポイントは、次のラストの有紗のセリフだろう。

有紗「私も 普通になりたい。そう思っちゃ ダメですか?」


有紗をひとりで育てた冬美(若村麻由美)も…
岡村も…

有紗に、とりあえず、初対面で変な先入観を与えないように両親に障がいのことは隠せと提案する。

しかし、有紗は岡村に内緒で、岡村の母・靖子(熊谷真実)に伝えたと、あとから岡村に告白する。

冬美も岡村も、有紗のことを思って、「隠せ」と提案したわけだが。

有紗自身は、本当の自分を隠すことで得られる信頼や好意を素直に受け入れられないのだろう。

だから、言っちゃった。

でも、有紗が自分の障がいを隠したくないと思うには、冬美の影響があると思う。

想像以上に、冬美の存在が有紗に大きな影響を与えている

以前、男に捨てられた経験のある冬美は有紗に、こんな感じのことを言っていた。

男は尽くす時は尽くすが捨てる時は捨ててくる。
だから、おんぶに抱っこしない。
寄っかかるんのではなく、支え合いなさい… と。

きっと、有紗の中では、母のこの言葉がずっと心にあるのだ。

そんな母が、娘が好きな男の両親に会いに行くと聞いて…

冬美「アンタ やるじゃん」


だから、岡村に守られた状態でパパさんとママさんに好かれたところで、有紗にとっては “意味がない” と思ったのかもしれない。

であるから、こう宣言したくなるのは当然だと思う。

有紗「私も 普通になりたい。そう思っちゃ ダメですか?」


結局、有紗は自立したいのだ、きっと。

いや、できることなら障がいを捨てたいと思っているかも…

そして、“普通” になって、互いに支え合う、ある意味で対等の関係になりたいのだ。

でも、障がいがあることで、どうしても守られる、いいや過保護にされているのが苦痛なのかも…

岡村の母・靖子の、有紗への何気ない一言が…

少しは、『ディレクターの目線blog』らしいことも、書こう(笑)

今回の脚本と演出が、さり気なく力を入れて作り込んでいたのが、有紗が靖子に告白してしまったことを話すシーンだ。

時間軸を戻すために、ロケ地も時計回りに下って行く階段が選ばれている。


ここで、有紗の障がいを知った靖子が、何気に次のように言う回想シーンが入る。

靖子「それって 子どもに遺伝とか…」


この時の、有紗の悲しそうな表情が印象的だ。

多分、有紗は心の底から悲しかったのだ。

自分が “普通” なら、ママさんにそんなことまで考えさせることはなかったと、自暴自棄になったのかもしれない。

だから、だから、配車の仕事をやらないかと言われた時、やりたいと思ったのだと思う。

そう、今の自分からちょっとだけでも前進する自分を、岡村にも、パパさんとママさんにも、そして冬美にも見せたいと強く感じたから…

あとがき

ざっくりしていたり、抜けているように見えますが、それでいて、誰よりも繊細で、壊れやすい部分と強靭な部分が表裏一体なんですね。

よく考えれば、誰もが似たようなところがありますよね。

やはり、「障がい者だから」という見方、捉え方をもう一度考える、良きききっかけになっていると思います。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ


★本家の記事のURL →  https://director.blog.shinobi.jp/Entry/18162/


【これまでの感想】

第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: