ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「らんまん」 (第19週/土曜日版・2023/8/12) 感想

連続テレビ小説「らんまん」

NHK総合・連続テレビ小説『らんまん』
公式リンク:WebsiteNHK高知局応援ページ東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報X(旧Twitter)Instagram

第19週『ヤッコソウ』の「土曜日版」の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


長女の園子が亡くなり、悲しみに暮れる寿恵子だったが、万太郎や母のまつに支えられながら無事に第2子を出産する。そんなある日、ロシアからマキシモヴィッチ博士が亡くなったとの知らせが届く。ロシア行きを断念した万太郎は、今、自分のやるべきことをやると決心。まずは田邊から寄贈を命じられた標本制作のため、植物採集の旅に出ることにする。高知の山奥で虎鉄という少年と出会い、彼の案内で珍しい植物を発見する。その植物を新種だと認定した万太郎は「ヤッコソウ」という和名をつける。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:長田育恵(過去作/マンゴーの樹の下で、群青領域、旅屋おかえり)
演出:渡邊良雄(過去作/ゲゲゲの女房、花燃ゆ、まんぷく) 第1~3,6,7,12,13,18,19
   津田温子(過去作/龍馬伝、西郷どん、いだてん) 第4,5,8,16
   深川貴志(過去作/とと姉ちゃん、半分、青い。、カムカムエブリバディ) 第9,10,14
   渡辺哲也(過去作/マッサン、ひよっこ、なつぞら、青天を衝け) 第11,17
   石川慎一郎(過去作/カムカムエヴリバディ/第18週のみ) 第15
音楽:阿部海太郎(過去作/恋せぬふたり)
撮影:西鍵真治(過去作/カーネーション、マッサン、べっぴんさん、まんぷく)
照明:前田藍里(過去作/大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」)
主題歌:あいみょん「愛の花」
語り:宮崎あおい
植物監修:田中伸幸(現・国立科学博物館、高知県立牧野植物園[2000-2015])
制作統括:松川博敬(過去作/篤姫、てっぱん、カーネーション等の演出担当、エンディングカット)
※敬称略



「こういうこと伝えたかったのね」という一種の驚き!

あしのブログに、ようきんしゃったなぁ。
(私のブログに、よくぞいらっしゃいました。)

「ようきんしゃったなぁ」のみんなぁも、ご常連のみんなぁも、あしが管理人の “みっきー” やか!
(「初めまして」の皆様も、ご常連の皆様も、私が管理人の “みっきー” です!)

「土曜日版」の感想も、蒸し暑いし、皆様は夏季連休中だと思うので、できるだけサクッと書いちゃおう。

結論からいえば、「こんなダイジェスト版にしたのか!」「こういうこと伝えたかったのね」という一種の驚きだ。

ハッキリ言って、「本編」は、園子の死、千歳の誕生、綾と竹雄、田邊家の騒動、万太郎と虎鉄、そして万太郎と寿恵子の復活が、ほぼ同等に描かれた印象だった。

もちろん、あとに放送されたほうが印象強く残るから、上記の順序とは逆に「強 → 弱」になってはいるが。

結局、何がメインなのか、良く分からなかったのだ。

実に、ナレーションが効果的に使われている

でも、「土曜日版」は、下記の3つをやっている。

●ナレーションによる補強が、時間経過を分かりやすくアピール

●俳優陣の演技が、時間に伴う心情変化を丁寧に補強

●「不幸 → 幸福」の流れが明確で、尻上がりに盛り上がりを創出

これらによって、箇条書きに近かった「本編」とは異なり、程よいテンポ感とメリハリが生まれて、“ドラマ” らしい仕上がりになっていた。

だから、落ち着いて見られるから」「こういうこと伝えたかったのね」に、なるのは当然のことだと思う。

これまでも何度も書いているが。

やはり、やれない条件があるとは思うが、できれば最後のテコ入れとして、NHKのアナウンサーさんでもいいから、「土曜日版」程度の追加ナレーションは入れたほうが良いと思う。

万太郎のために頑張る寿美子をもっと強調するべきだった

さて、もう、まとめちゃおう。

この「土曜日版」を見て感じたのは、もっと万太郎と寿恵子のシーンを残しても良かったと思うことだ。

私は、おふたりのファンでもなんでもないが、それでも、今週の「本編」にあった神木隆之介さんと浜辺美波さんの出演シーンの多さにしては、残した場面が少なすぎると思う。

いや、正しくは、寿恵子、波辺さんの印象を、万太郎、神木さんと同等に印象付けるべきだったと思う。

これ、“朝ドラ” の場合、多くは女性ヒロインが主人公が成長、開拓していくような物語が多い。

しかし、一部の “朝ドラ”、例えば 『ゲゲゲの女房』(NHK/2010年前期)、『マッサン』(NHK/2014年度後期)、『まんぷく』(NHK/2018年度後期)、そして『エール』(NHK/2020年度前期)ように、主人公かどうかは別にして(『ゲゲゲ』『まんぷく』は “妻” が主人公)メインで開拓していくのが男性(夫)で、女性(妻)が内助の功で支える… というスタイルがある。

もちろん、今作も後者だ。

このスタイルに共通するのは、メインになるキャラクター、男性(夫)の史実的な情報はたくさんあるが、女性(妻)の情報が少ないから、どうしてもキャラが弱くなりがちになる傾向だ。

今作も、もれなく引き継がれてしまっている。

そんな中でも、今週の、特に後半は寿美子が万太郎のために頑張っていた。

だからこそ、万太郎のために頑張る寿美子をもっと強調するべきだったと思う。

あとがき

今週は、金曜日でだいぶ株が上がったと思います。

この調子で、進んで欲しいです。

みっきーの植物図鑑(第97回)

今朝歩いて見つけた、公園のまだ成ったばかりの青いイガグリです。

青いイガグリ

農園のように管理されていない栗の木のイガグリは、ほぼ虫が食っているので食用には適しませんが。

<因みに、「青栗」は “夏” ではなく “秋” の季語です。


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/18125/


【これまでの感想】

第1週『バイカオウレン』
1 2 3 4 5 
第2週『キンセイラン』
6 7 8 9 10 
第3週『ジョウロウホトトギス』
11 12 13 14 15 
第4週『ササユリ』
16 17 18 19 20 
第5週『キツネノカミソリ』
21 22 23 24 25 
第6週『ドクダミ』
26 27 28 29 30 
第7週『ボタン』
31 32 33 34 35 
第8週『シロツメクサ』
36 37 38 39 40 
第9週『ヒルムシロ』
41 42 43 44 45 
第10週『ノアザミ』
46 47 48 49 50 
第11週『ユウガオ』
51 52 53 54 55 
第12週『マルバマンネングサ』
56 57 58 59 60 
第13週『ヤマザクラ』
61 62 63 64 65 
第14週『ホウライシダ』
66  67 68 69 70 
第15週『ヤマトグサ』
71 72 73 74 75 
第16週『コオロギラン』
76 77 78 79 80 
第17週『ムジナモ』
81 82 83 84 85 
第18週『ヒメスミレ』
86 87 88 89 90 
第19週『ヤッコソウ
91 92 93 94 95

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: