ディレクターの目線blog@FC2

本家「ディレクターの目線blog」の緊急時&トラックバック用ブログです。コメントは本家のブログへ!

●このブログは、本家ディレクターの目線blog』の緊急時&トラックバック用ブログです。

●記事の閲覧やコメントの投稿は、本家ディレクターの目線blog』をご利用下さい。


0

連続テレビ小説「らんまん」 (第18週/土曜日版・2023/8/5) 感想

連続テレビ小説「らんまん」

NHK総合・連続テレビ小説『らんまん』
公式リンク:WebsiteNHK高知局応援ページ東京もご当地!首都圏の「らんまん」情報TwitterInstagram

第18週『ヒメスミレ』の「土曜日版」の感想。

 

 毎日毎日の感想なので、私の気分も山あり谷ありです。ご理解を。
 また、称賛、絶賛の感想だけをご希望の方は読まない方が良いです。


万太郎の書いたムジナモ発見の論文に激怒した田邊は、大学への出入りを禁じ、さらに土佐植物目録と標本500点を大学に寄贈するよう命じる。万太郎は急いで論文を書き直したが、田邊の気持ちは変わらなかった。そんなとき、ロシアのマキシモヴィッチ博士から、万太郎のムジナモの研究を高く評価するとの手紙が届く。万太郎は、自分を認めてくれる人のもとで研究をしようと、寿恵子と娘を連れてロシアへ行くことを決める。そのころ峰屋では、綾と竹雄が窮地に立たされていた。
---上記のあらすじは[Yahoo!テレビ]より引用---

感想の趣旨について
  当ブログの感想は、僭越ながら 「もっと こうしたらよいのに…」を追究 することで、広く映像作品を楽しめるようになることを目的としています。
  作品の 粗探しや重箱の隅を楊枝でほじくる こと、スタッフの人格否定や俳優の個人攻撃 が 目的ではない ことをご理解ください。



原作:なし
脚本:長田育恵(過去作/マンゴーの樹の下で、群青領域、旅屋おかえり)
演出:渡邊良雄(過去作/ゲゲゲの女房、花燃ゆ、まんぷく) 第1~3,6,7,12,13,18
   津田温子(過去作/龍馬伝、西郷どん、いだてん) 第4,5,8,16
   深川貴志(過去作/とと姉ちゃん、半分、青い。、カムカムエブリバディ) 第9,10,14
   渡辺哲也(過去作/マッサン、ひよっこ、なつぞら、青天を衝け) 第11,17
   石川慎一郎(過去作/カムカムエヴリバディ/第18週のみ) 第15
音楽:阿部海太郎(過去作/恋せぬふたり)
撮影:西鍵真治(過去作/カーネーション、マッサン、べっぴんさん、まんぷく)
照明:前田藍里(過去作/大阪発地域ドラマ「アオゾラカット」)
主題歌:あいみょん「愛の花」
語り:宮崎あおい
植物監修:田中伸幸(現・国立科学博物館、高知県立牧野植物園[2000-2015])
制作統括:松川博敬(過去作/篤姫、てっぱん、カーネーション等の演出担当、エンディングカット)
※敬称略



万太郎がやってことの意味が、だいぶ変わっているような…

あしのブログに、ようきんしゃったなぁ。
(私のブログに、よくぞいらっしゃいました。)

「ようきんしゃったなぁ」のみんなぁも、ご常連のみんなぁも、あしが管理人の “みっきー” やか!
(「初めまして」の皆様も、ご常連の皆様も、私が管理人の “みっきー” です!)

月曜日~木曜日の前半分を、約5分間に再編集してあった。

その上、次のようなナレーションが追加されていた。

N「発表の経緯を誠実に伝える内容に書き直しました」


N「植物学教室への出入りを許してもらうため奔走する万太郎ですが」


このことから、本編では、別に悪気があったわけじゃない… って感じの曖昧な表現だったのに、万太郎の書いたムジナモ発見の論文に名田部教授の名前を書かなかったことが “不誠実” だと明確化された。

更に、本編では「植物学を追求したい」がために植物学教室との関係を切りたくないという意味合いが含まれていたのに、「植物学教室に出入りしたい」が万太郎の本音として表現された。

盛り込むのは勝手だが、1週間の構成が雑すぎる

これ、「土曜日版」では、さも、万太郎の書いたムジナモ発見の論文に激怒した田邊が、大学への出入りを禁じ、さらに土佐植物目録と標本500点を大学に寄贈するよう命じたのが、今週、第18週分のように編集しているが。

ご承知のとおり、田邊が激怒したのは先週、第17週の金曜日だ。

だったら、今週の金曜日にロシアのマキシモヴィッチ博士から、万太郎のムジナモの研究を高く評価するとの手紙が届き、万太郎が自分を認めてくれる人のもとで研究をしようと、寿恵子と娘を連れてロシアへ行くことを決めるくだりは、金曜日にすべきだったと思う。

いや、今回の万太郎パートの、ありえないくらいの改変がアリなら、マキシモヴィッチ博士の手紙とロシア行きを決めるくだりは、最後に持ってきても良かったと思うほどだ。
当然、園子が生きているから難しいが…

それくらいに、盛り込むのは勝手だが、1週間の構成が雑だったということだ。

なぜ、東京と佐川、万太郎と園子と峰屋をシンクロさせない?

そして、驚いたことに、残りの約 10分間は「峰屋と園子」。

もう、好意的にも、批判的に見ても、今週の第18週で描きたかったのが「峰屋と園子」であることは、ほぼ間違いなさそうだ。

15分間の放送尺の分割割合もそうだが、編集も内容も、万太郎パートが薄味で、峰屋と園子パートは濃い口って感じ。

まあ、来週は前振りから察しても、綾と竹雄が上京するから、そこへつなげているつもりだろうが。

もう終わったことだが。

 ●月曜日に万太郎が刷り直しを始めて。
 ●火曜日に、峰屋での新酒づくりをやって。
 ●水曜日に、万太郎が博物館に行って、
  ロシアに行きたいって言って。
 ●木曜日に、峰屋で腐造が見つかって。
 ●金曜日に、園子が亡くなって、峰屋も廃業して、刷り直しだけは完成したけど…

でも、良かったような。

要するに、万太郎が寿恵子と園子の叱咤激励を受けて刷り直しに奮闘している一方で、綾と竹雄も新酒づくりに奮闘して。

そんな中で、園子が体調を崩し、峰屋では腐造が見つかり。

結局、園子は亡くなり、峰屋は廃業になり、悲しいかな刷り直しだけが終わったが、その刷り直しも効力を発揮させず、万太郎と寿恵子は不幸と悲しみのどん底へ…)

これくらい、東京と佐川、万太郎と園子と峰屋をシンクロさせて描けば、金曜日のような “お涙頂戴もの” には感じなかったと思う。

峰屋が廃業するのに、祖母タキもヤマザクラもスルー?

それにしても、1週間に、万太郎と田邊の確執、博物館のやり取り、園子の死、峰屋の廃業と、こんなに盛り込む必要あるのだろうか?

祖母タキの退場劇の時も、いろいろ盛り込んで、最後の死の部分は、ふわーっと誤魔化した。

今回も、絵を燃やして誤魔化していたが。

それこそ、峰屋のくだりで、祖母タキへの思い、いや、せめてヤマザクラのワンカットくらいはあっても罰は当たらないと思う。

そうでないと、あれだけ盛りあげたタキの思い、ヤマザクラへの思いが、何の意味もなくなると思うが。

あとがき

ホント、当初の「高知編」から比べると、ホント、質が低下しちゃいましたね。

一番良くないのは、上っ面しか描かないことです。

表面的に「悲しそう」「楽しそう」「幸せそう」な場面を盛り込んで、雰囲気で誤魔化してばかり。

学問所「名教館」の学頭である池田蘭光(寺脇康文)
高知の自由民権運動家・早川逸馬(宮野真守)
通称‘民権ばあさん’こと楠野喜江(島崎和歌子)
‘ジョン万次郎’こと中濱万次郎(宇崎竜童)
がいた頃が、本当に懐かしいです。

みっきーの植物図鑑(第91回)

近所のライムが、だいぶ大きくなりました。

子供のコブシくらいですね。

そのまま、大きくなあれ!

ライ


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!


管理人・みっきーが お薦めする商品を、Amazonと楽天市場から安心して ご購入していただけます!

★Amazonのなか見!検索で立ち読みできます!

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ くる天-人気ブログランキング



「楽天市場」からのおすすめ商品や企画


「Amazon」からの最新のお知らせ

★本家の記事のURL →  http://director.blog.shinobi.jp/Entry/18104/


【これまでの感想】

第1週『バイカオウレン』
1 2 3 4 5 
第2週『キンセイラン』
6 7 8 9 10 
第3週『ジョウロウホトトギス』
11 12 13 14 15 
第4週『ササユリ』
16 17 18 19 20 
第5週『キツネノカミソリ』
21 22 23 24 25 
第6週『ドクダミ』
26 27 28 29 30 
第7週『ボタン』
31 32 33 34 35 
第8週『シロツメクサ』
36 37 38 39 40 
第9週『ヒルムシロ』
41 42 43 44 45 
第10週『ノアザミ』
46 47 48 49 50 
第11週『ユウガオ』
51 52 53 54 55 
第12週『マルバマンネングサ』
56 57 58 59 60 
第13週『ヤマザクラ』
61 62 63 64 65 
第14週『ホウライシダ』
66  67 68 69 70 
第15週『ヤマトグサ』
71 72 73 74 75 
第16週『コオロギラン』
76 77 78 79 80 
第17週『ムジナモ』
81 82 83 84 85 
第18週『ヒメスミレ』
86 87 88 89 90

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

トラックバック

連続テレビ小説『らんまん』土曜版第18週

今週の“土曜版”も、凄まじいねぇ。今回を見ていて感じたのは、結局、今週第18週で描きたかったのは、 峰屋と園子そんな風に感じたよ。編集的な部分、内容的な部分というのでは無く。今回の“土曜版”では、“月曜”~“木曜”の途中までを5分。“木曜”の途中から“金曜”までを10分弱。という編集になっているからだ。そう。。。。峰屋と園子を、今週第18週は描きたかったようである。いや、違うか。ここ数週間、...
My profile

Author : みっきー

★管理人:みっきー

★職業:宴会/映像ディレクター(フリーランス)

★略歴:東京下町生まれ千葉県在住。ホテル音響照明映像オペレータ会社を経て、2001年独立。ホテルでイベント、パーティー、映像コンテンツ等の演出を手掛ける。活動拠点は都内と舞浜の有名ホテル等。

★ブログについて:フリーの宴席/映像ディレクターが、テレビ,映画,CM,ディズニー,音楽,仕事等を綴ります。記事により毒を吐きますのでご勘弁を。

PR


TB送信について

一部のブログサービス(特に、FC2ブログ)宛に、FC2からトラックバックが届かないケースが発生中です。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村  PVアクセスランキング にほんブログ村

楽天市場PR

カテゴリー+月別アーカイブ

 

検索フォーム

PR

FC2カウンター

FC2オンラインカウンター

現在の閲覧者数: